スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島は花崗岩の島

2014.12.29.Mon.09:09
屋久島と言えば屋久杉の話ばっかしですが、
雨の多いことと、各所にキレイな滝が見られることです。
道路がある比較的低所は赤茶色の粘土状の土が多く見られる。
火山地帯であって温泉も多いのかと思ったが、そうではなかった。
人口も13000人くらいであるらしい。
フェリーが着く宮之浦地域は家が密集しているが、その他は
島を一周する県道の道の左右に点々している程度です。
あの場所には滝があるのでは思えば、やっぱりあります。
島に移住して老後をゆっくりと言うには最高で最適ですよ~。
DPP_0003_20141228232825aa0.jpg

DPP_0008_20141228232826e4a.jpg
滝を見に行く途中に、小さい頃よく口にしたサトウキビの生ジュースを
販売していました。
DPP_0011_201412282328302e1.jpg
この味! ”やっぱり、小さい頃を 想いだすなあ~” そんな感じで美味しい。
販売店の大将に そんなことを ぶつぶついっていると 半額にして頂ました。
DPP_0012_20141228232828aa9.jpg
波打ち際の周辺が、干潮時には海中温泉となる部分ですが、
この時は、まだ干潮になっておらず、後日ゆっくり入浴することした。
DPP_0023_20141228233906f3d.jpg
DO熱い湯の掛け流し温泉もありました。 45度くらいある感じです。
DPP_0042_20141228234239ce7.jpg
そろそろ夕刻。こんな感じの場所で食べて、眺めて ノンビリなんです。
DPP_0030_20141229151126889.jpg
今日の刺身は首折れサバ(左手前)、向こう側は鰺(あじ)
DPP_0035_20141228234238f28.jpg
感激!美味しい!
首折れサバ、キュウリ、玉子+ご飯を海苔でまいて ”ガブッ” です。
DPP_0039_20141228234238d5c.jpg
と言う訳を持ちまして
製造日 2014.3.1の三岳と
製造日 2014.12.14の三岳を飲み比べる内に本日終了。
どっちが、美味しいかって?
そりゃ~決まっているでしょう。
答え:同じです。
関連記事
コメント
No title
ブルーシートくん、元気ですか。
早く良くなれマジナイを屋久島から行っておきます。
毎日、飲み会ばっかし・・・  疲れる・・・
No title
うらやましすぎる、次は一緒行きたいですね
3日にシャバに復帰できそうです、
No title
koutokuさま、おはようございます。
私も小さい頃、固いサトウキビの皮を歯で引き裂き柔らかい部分を出して
噛んで汁を出しては”ペッ”と言うように楽しみました。根っこのの方と
上の方は甘みが違っていて、確か、皮の固い根っこの方が甘かったような
記憶があります。 ここでは一本まるごとを専用の機械で搾って約コップ
一杯と言う感じでした。 たんかん=屋久島の”みかん”です。
















サトウキビ!懐かし~い!。
昔は「サトウキビ」をよく噛んだものです。

「砂糖きび」ジュース、甘そうですね~!。

で!隣の「たんかん生ジュース」って なんじゃろか?。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。