祖谷の山奥へ水汲み

2014.11.09.Sun.14:48
アレ~ッ!また壊されてるやん!
水溜用の大型ポリバケツが無い!
これじゃ~岩の間から湧き出ている水を少しずつ入れるしか方法が無い。
中々、ポリタンク一個に水を入れるのに手間がかかる。
DPP_0006_20141109133657666.jpg
これっ 横に放置してある壊れたポリバケツですが、以前から此処に設置してある
水溜用の物とは違います。と言うのは横から水を取り出す穴がないのです。
以前のは間隔をおいて3カ所穴が開いていました。
このポリバケツは同じサイズの物を無理矢理押し込んであり
どこからか持って来て放置してあるように見えます。
DPP_0009_201411091337104b6.jpg
2010年12月26日は水溜が石積み製でキレイでした。
DPP_0020_2014110913374324b.jpg
このような場所にこんな物があったら道路が渋滞し景観が悪くなると言って
上の水溜制作者を非難した馬鹿なヤカラがいたらしい。
それで、たまりかねた制作者は壊してしまいました。
皆さんが喜んで水を汲みに来てくれたら嬉しいと思い制作されたのであろうが
”いるんだね~・・・鬼のような人が”
”山奥の山奥で何が渋滞なんだよ!”
2011年3月25日にはこんな状態でした。
DPP_0021_20141109133800da9.jpg
2011年10月4日 7ヶ月足らずでバケツからボックスに変わっています。
DPP_0022_20141109133820d42.jpg
2012年1月20日 また早くも変わっています。
DPP_0023_20141109133838fef.jpg
2012月12月4日 上記とよく似ていますが、ちょっと縦長に変わっています。
DPP_0024_201411091339028e6.jpg
現在に至るまで上記の写真以外にも、1回以上ポリバケツが変わっています。
”水を汲みに来る方が壊したりはしないよね~”、なんて、話し合いましたが、
いったいどんな気持ちで壊すのでしょうか。
もう一つ、考えられるのはここで車をUターンしてて”バリッ”とやったのかも知れ
ないのです。 それならば皆のために”早く代わりを持って来い”自己責任だぞ!
******************************
落石注意の看板の向こうに軽四トラックがいますが、その後方が水をくむ場所です。
DPP_0013_20141109134344aed.jpg
紅葉がやっと始まったと言う感じです。
DPP_0018_20141109134439c96.jpg
あと、もう少しで紅葉満開です。
ここは山奥の国道32号線から、更に1時間ほど山奥に入り込んだ場所です。
それでも寒くないのです。
北海道の漁場で南方の魚が捕れるくらい海も温暖化の影響を受けているようです。
山奥でも寒くないのはあたりまえかも知れません。

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する