ノンビリ行こうか、北海道 part10

2013.09.13.Fri.02:03

本日の予定は、足寄の道の駅から帯広の道の駅までです。



然別湖(シカリベツコ) 標高810mに位置し、北海道の湖では最も標高の高い場所にある。



古代の火山の噴火口の陥没によって生成されたカルデラ湖とも、火山の噴火で川が



堰き止められて作られた火山性椻止湖とも言われている。周囲は13.8km、最大深度は



108mである。



コタンの神秘の湖 然別湖



Dpp_0005



然別湖遊覧船乗り場



遊覧は一人1000円



約40分間で湖を一周します。



Dpp_0023



風景の変化を感じながら



Dpp_0019_2



夢物語のような感じのする湖の表面



Dpp_0004_2



Dpp_0006



もうすぐ、紅葉と言う感じ



Dpp_0013





Dpp_0015



湖には、「弁天」と呼ばれる小さながあり、小さな鳥居が立っている。



Dpp_0018



然別湖遊覧が終了したあと、湖畔の水辺近くにある足湯でしばし風景と温泉を堪能する。



Dpp_0024



熱い! 温泉の吹き出し口は手を10秒以上温泉に入れておけない。



Dpp_0026



キタキツネ 餌を求めているのか、逃げない



Dpp_0029



もう、直線道路に慣れてきました。眠くなるので要注意!



Dpp_0031



地下250mから汲み上げているという深層地下水



Dpp_0032_2



地下水の噴き出し口 凍る直前のように冷たい



Dpp_0039



Dpp_0042_2



やって来ました、十勝ワイン工場



Dpp_0057



無料試飲ワイン 有料試飲もあるが、もちろん無料だよね。



それが、私達だけなんです。皆さん有料試飲の方に行ってます。



だったら、この樽全部飲んでやるぞ!



Dpp_0063



私しゃ、運転手 匂いだけで我慢です。



Dpp_0069_2



ワインのことは何も分かりません。 この工場でお薦めのちょっと高価な物を購入した。



Dpp_0073_2



十勝ばんえい競馬の前を通過すると駐車場には沢山の車があったので立ち寄ってみた。



レースは土曜、日曜、月曜ですから、この日は残念がら挑戦出来ませんでした。



Dpp_0080



前回は300円の損額でした、今回は取り戻してやる~なんて意気込んでいましたが、



競馬場がお休みで残念でした。 どうやって良いか分からないので聞きまくりで挑戦



するのですが、これで儲けようなんて考えはありません。100円から500円のお遊び



なんです。馬が上の250kgもあるソリを引いて走る醍醐味の方が凄いですよ。



と、言う訳で走り走り一日の終了。



今日は私達2名だけで行動しました。



関連記事
コメント
No title
おはようございます^^
JRAは全競馬場制覇しましたが、ばんえい競馬は行ったことないんですよね。
たしかばんえいは一番後ろがゴールしないといけないんですよね。
No title
せんべいまゆさま、こんばんは。
競馬競輪は普通に行ったことがないのですが、友人から
ばんえい競馬は見るだけでも楽しいから、行って来いと
薦められたのが昨年でした。嫁さまは昨年300円負けた
ので、再挑戦だと意気込んでいたのですが、お休みでした。
レースの内容は全く知りません。力尽きて途中で動かない
のもいましたよ。希望者はパドックまで見ることが出来るの
で楽しいですよ。
No title
いろいろ体験されてる旅ですね!

景色よし! ワインよし! 競馬よし!で、
「北海道」よし! ですね。(笑)

私も「ブログ」に同乗して、羨ましがってます。(笑)

次のパートは、どこでしょうね!。 楽しみ~!。(*^_^*)
No title
koutokuさま、こんばんは。
間もなく、意識が無くなります。九州の英酒店さが横についておりまして
毎晩、エライコチャーです。休肝日などはありません。
楽しいですよ、毎日違う温泉へ行って、現地の美味しいものを食べて
一日が終わってしまいます。
それでは「ラリルレロ」で本日終了です。

管理者にだけ表示を許可する