スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心うつ 風の丘・大野勝彦美術館

2013.11.13.Wed.22:40

今日は天候も良いのだが、阿蘇の山頂は雲に覆われている。紅葉見物をしながら



阿蘇周辺をぐるりと周遊。紅葉はちょうどいい具合だ。ZILの車窓を次々と一瞬の



うちに通過して行く。



本日の一番心うつ 風の丘・大野勝彦美術館 です。



Dpp_0073_3



Dpp_0061_2



幸せは 気づいた 時から 始まる 



 ほんとうは 幸せ なんだけど  



    さよならの あとに 気づくの 勝彦



Dpp_0064



Dpp_0070_2



この風の丘・大野勝彦美術館の敷地内は今、紅葉がいっぱいです。



ちょっと説明すると、この美術館のオーナーは両手の肘から下がありません。



農作業中、機械に挟まれ切断しました。この事故があったのが切っ掛けで



自分そのものが見えるようになり、”本当の生き方を知らされた” 体験談を



詩に綴ってあります。



まず、最初に遭遇する詩で立ち止まってしまいます。感動とか言うものでは



なく、自分にオーバーラップして涙がこみ上げて来ます。



①タオルが必要です。



②少し、自分が変わりますよ。



③機会があれば是非行って下さい。



******************************



この木は、樹齢300年以上の赤松で、県指定文化財・天然記念物の唐傘松です。



次の写真に説明があります。



Dpp_0004_3



Dpp_0009



この滝の名前は知らない。 師匠が知ってる。



Dpp_0012_2



九州の出ベソ。



Dpp_0018_6



Dpp_0015



クジラの竜田揚げ、師匠にご馳走してもらいました。めづらしい!



Dpp_0021_2



昼食には蕎麦を食べましたが、その蕎麦屋さんの周囲は紅葉が綺麗でした。



Dpp_0026_2



草千里の駐車場から阿蘇の噴火している中岳(写真中央)



阿蘇山に登る前は雲で覆われていましたが、登ってしばらくすると晴れてきました。



前回訪れたのは40年前です。全然覚えていませんが、懐かしい気持ちでした。



Dpp_0035_4



草千里遊覧馬 ちょっとコース1500円(5分くらい) ちょっと多いコース2000円



Dpp_0040



草千里、別の角度から。



Dpp_0046_3



阿蘇の草千里から降りる途中、左下は米塚です。 前方は外輪山、下は阿蘇の町



Dpp_0044



草千里から降りる途中、相棒さまが撮影。 今までにはないような(良)撮影。



Dpp_0058



Dpp_0075_3



英観光社長兼部長兼社員さまのご案内により阿蘇周辺特別観光は無事に終了。



かんぱ~い!



本日終了。

関連記事
コメント
No title
おっはぁ~(=^・・^=)
阿蘇周辺観光お疲れ様でしたぁ~ 涙あり;;笑あり;;感動あり;;
一番あったのが楽しかった事ですよねぇ~(=^・・^=)
宇宙人もしくは幽霊さん どちらさんに会っても39秒以内に笑わせてあげるぞぉ~(笑)
No title
英さま、こんばんは。
いつも、ご案内ありがとうがざいます。そして、今回は心に残る
場所に連れて行ってもらいました。また、私たちのために沢山
気を使って頂き感謝しております。  これからもよろしくお願い
いたします。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。