スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外泊「石垣の里」

2013.03.12.Tue.21:34

石垣を高く積み上げ要塞のようにして住居を構築しています。



暴風雨や台風・強風から家を守るための防風壁です。





以前は農作も行う段々畑も沢山あったそうですが、今は耕す人もいないと言う。



【下の写真の文章】



外泊の石垣の解説



人口の増加により、隣の中泊地区から次男三男が移り住み、谷を納め山を開いて



集落を作っていきました。その際に出土した石を積み上げ、強風や塩害から家屋を



守る塀としたのがこの石垣の始まりです。



Dpp_0038_2



Dpp_0058



Dpp_0064_2



Dpp_0054



Dpp_0056



何年も前、まだここが有名でない頃は、通路は下の写真のような感じでした。



今は、観光客が歩きやすいように整備されている部分が多くなっています。



狭い通路は未だに昔のままです。



Dpp_0078



Dpp_0079





ここから上は住居ではなく何かを耕作していたようです。



地元民によれば、かなり上の方まで作ってあったそうですが、



今では草ボウボウで石垣すら見えなくなって消滅しているとか。



Dpp_0071_2



いつの日にか始まった石アート、下の写真の場所は石アートの展示場所です。



最初は石に描いた雛人形を少し道端に飾ってあったのですが、幼稚園、小学校の



生徒が中心になって、今では沢山の石人形が通路や展示場の飾ってあります。



Dpp_0042_2



下の写真は石に描いている人形です。



ちょっと3D風に見えませんか?



石の凸凹を上手く利用していますよ。



うわ~仲良さそう・・・  まさしく日本調ですね・・



これが理想よ・・な!   



最近は緑と赤が逆転傾向=女が前で、男が後ろ つまらんね



Dpp_0052_2



ありゃ・・これは誰かに似とるぞ!  



私ではないですよ。



ここで名前を伏せておきましょう。



Dpp_00492



これで どうじゃ!



Dpp_0051_2



現地では一番目立っていました。 ゴールドの部分が太陽光線を反射して・・・キレイだった。



Dpp_0040_3



展示場の石垣の合間にはこんなのがあった。 ちょっと怖そうですが、何かな。



Dpp_0046_2



Dpp_0034_2



Dpp_0030_2



Dpp_0033_2



Dpp_0031



Dpp_0036_2



ちょっと台が壊れています。 ウエルカメ  もうすぐ落っこちるよ。



Dpp_0039



晴れの日も、雨の日も、曇りの日も、いつもここに並んでいます。



Dpp_0047_3



Dpp_0043_4



Dpp_0050_4



Dpp_0037



上の写真のように道端、通路などにも石のアートを飾ってあります。



夜はイルミネーションなどを点灯する工夫もなされています。



外泊「石垣の里」



担当部署:愛南町役場 商工観光課



〒798-4196 愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2420番地



TEL:0895-72-7315













































































































































http://www.town.ainan.ehime.jp/sight_spot/1_06_isigaki.html

関連記事
コメント
No title
おっはぁ~(=^・・^=)
ここは超A(旧)観光地 英酒店も感心した所です
石の階段でばぁちゃん2人に囲まれて座ってお話しした記憶が
まだ この世の中にいるのかなぁ~(=^・・^=) 
多分139歳まではOKな感じのばぁちゃんだったから元気してるでしょう
家の屋根の修理などは便利な地域だなぁ~と見ながら散歩しました^^

ウェル カメ 最高((= ^ ・・ ^ =))
No title
石垣すごいですねぇ~!
いつも石垣を見ると思うんです
どうやってこんなに綺麗に石が積めるんだろうって・・・
今度 積んでるところの画像 オネガイシマ~ス!(笑)

それと石アート これもいい(顔)表情してる
なんかこういうの見てると ホッ とします^^
なぜだろう???
No title
英さま、おはようございます。
思い出しましたか、私は何回行ったかなあ~ 四国88箇所巡礼の時に
ここの民宿で泊まり、石鯛を食べさせて頂いたのをいつも思い出します。
そして女将さんが私の前で歌ってくれました。忘れられません。その女将
さんも他界されたとか。それが人生なんですね。
No title
トーシーさまは、おはようございます。
今、石職人は居ないのと同じですね。何かと言えばコンクリートですから
自然にそうなってしまうのと違がいますか。
小さい頃、大きなハンマーで石を割って石垣を整えているのを見てから
こんな風に割るのか~なんてやってみたことがありましたが、割れません
でした。 本職さまが「ここっ」を叩けば割れると言うのですが私がやれば
どうしてダメなんです。ハンマーが悪いのかも知れません(笑)
顔の絵を描くと自分に似ると言うのを聞いたことないですか。もし、自分が
この絵を描いたら自分に似ていて傑作だろうな、なんて思ってみました。
他の方が描いた絵を見ると「ほっとする」のは、その方が話しかけて来て
いるように感じるのでないのでしょうか。でもほんとうに「ほっと」しますよね。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。