滝と黄砂とディーキャンプ

2013.03.29.Fri.22:26

どう言う訳か早朝から屋外は視界が凄く悪い。



霧がかかっているものと思っていましたが、黄砂のようです。



無性に山登り(車で)がしたくなり、弁当を作ってもらうことにした。



以前から行きたいと思っていた我が町の近くにある秘境の滝へ行くことにしました。



Dpp_0057



車はこの標識柱のところまで、ここからが険しい山道だ。



前日の雨で岩場が湿っていて危険な場所がある。



道とは言えないような岩場の川、滑ると大怪我をする。



写真に見えるアルミの梯子はここに常設してある。



嫌でもここを上がらないと滝には行けない。



Dpp_0036_3



登り坂の連続が始まった。 もうヨタヨタしています。



Dpp_0043



いつも、何処かが痛いと言う相棒殿、今日は若いと張り切って先頭を行く。



Dpp_0041_2



ちょっと、待ってくれ~



あああ・・・、疲れた~  運動不足と言うより年なんだよなあ!



Dpp_00471_2



下の写真の中央に滝が見えてきました。 もう少しです。



Dpp_0056_3



車を降りてから歩くこと20分、やっと着きました。



この滝は落差18mで山伏行者達の修行の滝であるらしい。



滝に打たれて修行をしている様子を想像してみました。



今は水量が少ないので実感が湧きませんが、



ウンタラタカマン、ムニャムニャムニャ・・・ ~~~イ! 



と言う声が山一面に響きわたり聞こえそうである。



Dpp_0053



小さい頃、下からこの滝まで歩いて往復したことがありますが、記憶が戻って来ない。



もう、そんな年齢なのか・・・、なんて思いながらの滝を後にしました。



相棒殿が言うには、もう次はダメだね・・と言う。



何を言っとるか! などの 反発心は消え失せて・・・トホホ



小さな声で 「うん、そうだね~」



********************************



この滝の位置よりも、かなり上まで車で登れます。



眺めの良い場所を探して休憩。



しかし、眺めが良いはずなのに見えません。



もの凄い黄砂の大群。



作ってもらった残飯弁当です。



「いただきま~す」



山の頂上は寒いだろうと真冬の衣装で来ましたが、今日は暖か~いのです。



Dpp_0027_2



昨日の残り物で簡単な弁当を作ってもらいましたが、こう言うところでは特に美味しい!



Dpp_0028_4



胃袋が満タンになると眠くなるよね~ 子供に帰った気分です。



Dpp_0031_5



ここは最良の空気と言いたいのですが、



この高所でも青空や下界の様子が見えない。



(黄砂+PM2.5)を吸い込んでいることになるのでしょうね。



帰り道は寄り道



Dpp_0011_2



これは? タラの芽 です。  いつもより30日以上早い新芽です。



いっぱいありました。 今夜はタラの芽の天ぷらです。 極上、極上、極上ですよ・・・



Dpp_0013_2



樹木の枝はトゲだらけで危険です。



Dpp_0066_3



これくらいの大きさのが、一番美味しいのです。 これは山菜の王様(タラの芽)です。



Dpp_0068_3



 ↓ ちょっと大きくなりすぎたものですが、これもタラの芽です。



Dpp_0106_3



下の写真の岩場の上部の中央に スズメ蜂の巨大な巣を発見。



Dpp_0019_5



50~60センチくらいあります。       かなり上の方なので見過ごしてあげます。



Dpp_0017_3



昔、炭焼き をしていた炭焼きの窯ですが、今は廃墟。



Dpp_0064_2



猪のプール 夜になると何頭もドロ水を浴びにやって来るそうです。



かなり深く掘っていて奥が見えません。



Dpp_0074



ここは竹の子の産地なのですが、この竹藪はもう、手遅れです。手入れをする方が



いないのです。全ての竹林に言えることなのですが、最近猪が増えて竹の子を全部



掘って食べてしまうそうです。それで新しい竹の子が出て来ないのです。



Dpp_0078



眺めの良い場所から降りて来ました。



ここはJR土讃線(多度津~高知間)の香川県の最終の駅(讃岐財田駅)の近くに



ある線路の下のトンネルです。デザインが違うなあ~などと思い撮影しました。



Dpp_00731_2



********************************



もう一つキレイな滝があります。



鮎返りの滝と言います。



道の駅。宝田の里(香川県)から歩いて行ける距離(15分)



Dpp_0086_2



********************************



本日の最終行事



タラの芽の天ぷら



Dpp_0166_5



Dpp_0168



今日、一番最初に取れたタラの芽です。 



これが一番美味しい!!!



「パクッ」ですね。



Dpp_0172



ビールより、日本酒に合いますよ。



Dpp_0171



一足先に山菜の王様 タラの芽の天ぷら を頂きました。



タラの芽は毎年5月初旬なのですが、今年は早いですね。



思い切って山歩きをした成果有りです。



私の家の前(南)は讃岐山脈です。



日帰りの山歩き、ディキャンプなど遊ぶ場所があります。



都会の排気ガスの中で生活しておられる皆さんにとってはどのように感じるのでしょうか。



田舎暮らしと言うのがこれなんですね。



本日はこれで終了です。



関連記事
コメント
No title
おはようございま〜す、今日は休み、、休みだって言うと嬉しくて早く目が覚めちゃいます、、イヤ〜、、香川って素晴らしいスポットがあるのですね、、内容のある充実した一日でしたね。 タラの芽の揚げたて画像は朝っぱらから生唾ゴックン、塩をパラリコースか醤油、ン〜、、両方で勝負だ、で、冷たい麦ジュース、、もうタマランチ会長にナリニケリ、、で、座布団五枚です。
山の頂きで店を広げ、、これは、、もう宴会ですネ、、そしてご夫婦満面の笑み、、これだよこれ、オレ達もやりテエ〜と目指すものは、マッ傘はダイヤモンドヘッドかなんか大音響でテケテケテケ、、ジャ〜ンと、、アドレナリンが滝の様です、これも五枚です、、合わせて十枚、、、MOコーヒーもう一杯飲もっと、、。
No title
マッ傘さま、おはようございます。
そうなんですよ。香川県は日本一住みやすい県なのです。そして
日本一小さい県でもあります。
今は黄砂に悩まされていますが、偏西風が太平洋に移る頃には
空、山、海 どれもこれも感じが良くなります。そして四国全体に
ある精神は「お接待」なのです。今の若い方には全くと言っていい
ほどありませんが、四国88箇所お遍路さんに対するお接待心が
今も残っています。普通の観光客には授かることはないかも知れ
ませんが、遍路になると分かります。
ド田舎散策を早く実行致しましょう。住みたくなるのは香川県です。
No title
こんばんは~。

登ってますね!
この日は僕も山に行ってたんですが
確かに黄砂とPMのせいか景色がイマイチ
しかも、空気がいつもより良くない感じがしました
息苦しいというかなんというか・・・
そのうちタバコを吸ってた時のような咳が出だして・・・
う~ん、PMなんですかね・・・
サイトをみると29日は結構量が多かったみたいです。
いつも↓のサイトで汚染度をチェックしています。
http://www.aqicn.info/?map&loc=japan&lang=jp
No title
おぉ~ 頑張ってますねぇ~(=^・・^=)
体力作り大事大事(=^・・^=) 私が100歳と39秒生きようと思ってます
お付き合い 宜しくオネガイ しま~す(=^・・^=)
No title
あきなすさま、おはようございます。
登っています。車で! 歩くのは20分。もうそれが限界お爺さんです。
キレイな景色も台無しでした。おまけにPM2.5ですから、どうしようも
ないですね。日本でこれですから、中国はもっとひどいことになって
いるのは確かです。あきなすさまは汚染度チェックをやっておられる
のですか。やっぱり気になりますよね。私、今コタツに座って外を見て
いますが、空気に透明感がありません。SF映画のような汚染されて
もう外には出られない世界を想像しています。
No title
英さま、おはようございます。
100歳ですか、私には無理ですが、長寿を目指して頑張ろう・・です。
「笑って笑って人生を送る」そして、師匠の足を引っ張る練習。(ん!)
山に登ると気分爽快になりますが、こんなに空気が汚れているのを
見ると怖い気持ちになりました。
中国は自国をも犠牲にして何をやっているのでしょうかね。6×10年
ほど前、長崎まで行く際に九州の小倉の空を見ながら通過しましたが
子供ながらに普通ではないと思っていました。今、中国は、日本の昔と
同じことをやっているようです。 英さま、中国はそっちの方が近いので
石でも投げつけておいて下さい。(笑)

管理者にだけ表示を許可する