久礼の町並み散策場所が増えました。

2014.01.06.Mon.00:02

高知県の田舎町、中土佐町の久礼の町中を散策中、小さな酒店を



発見しました。店内に入って見ると古いウイスキーやブランディーが



並んでいて楽しくさせられる。 焼酎のダバダを探していたのですが、



この店には、これもありました。



私が”え~と、え~と、ついでに赤霧はありますか?”と言うと店主が



”一本隠してある” と言って出してくれました。



Dpp_0154



左のダバダ火振は最近地元でも中々手に入りにくい栗を50%使用した焼酎です。



芋、米の焼酎と違いちょっと癖ありですが、ほのかに栗の香りがして中々いいです。



左から2番目この容器のブラックニッカは酒屋さんでは中々見つけにくい商品です



が、インターネットでは取りよせられるようです。 毎年、北海道のニッカウイスキー



工場に無料試飲に行き楽しんだ後には、必ず購入するのが、このブラックニッカで



す。ひげのブラックの愛称で親しまれた製品で発売は1965年です。 私はこの大瓶



のブラックニッカを見たことがありませんでした。  ”こりゃ~面白い!”  と言うことで



購入しました。容量:1440mlで普通の小瓶の2倍の量です。



【赤霧もあるところにはある!芋酒店にはあるかも知れないよ。ただし若い美人の



お客さんでないと ”無いよ、ないないないないない!” と絶対言うかも知れません】



注:上記の【 】内は全て作り話ですから、本気にしないで下さい。(笑)



ダバダ火振も買った。2250円



ブラックニッカも買った。2500円(ネット:2200円)



赤霧も買った。1250円(良心的価格です。安いかな?)



店主との会話が、楽しかったね~



次に訪れたら、別の焼酎も買ってしまいそうです。





関連記事
コメント
No title
おっはぁ~(=^・・^=)
赤霧ハーフで1250円は確かほぼ定価と思います。一升瓶が2500円位だったかな
メーカー販売価格に上乗せしての販売価格(>_<)日本人の恥よねぇ~
良心的な酒店も少なくなって来て寂しいものですよねぇ;;
No title
inssさん遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。この1月初日からのブログを読まさしていただき、キャンピングカーの考え方が変わりそうですが何せ高価なものです。色々研究していきたいです。今年10月頃発注予定です。
 いつもの久礼ですね、いい旅していますね。
No title
英さま、おはようございます。
四国の田舎でこんなに安く販売してもらえるのに九州の本場で
小瓶が2900円もするんですか。ほんとにおかしいですね。
販売価格は分かっていても10倍もの価格になるのは一種の
詐欺みたいなものですね~ ほんと日本人の恥です。
No title
kemi さま、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
ZIL520は至れり尽くせりで最高なんですが、私には合わない感じです。
キャブコンはこれが最高位ですよと、販売店から説明をしてもらって
いますが、周囲にはZIL520より高級車が沢山いますのでそんな気持
ちになってしまうのでしょうか。今年はバスにでも乗りたいなあ~なんて
思っています。
No title
ダバダ火振という焼酎がるんですか?
知らなかったなぁ~
今度御馳走していただける事を 楽しみにしておりま~す(笑)
No title
トーシーさま、こんばんは。
芋でもない、米でもない、麦でもない、栗なんですが、ちょっと甘いかな。
取っつきにくいですが、たまには栗でも飲もうかで納得出来る焼酎です。
トーシーさま分を残しておきますよ。

管理者にだけ表示を許可する