フィアットが帰って行った

2014.05.21.Wed.01:36


あ、あ、あ、やっぱり、左ハンドルには、よう乗らんわ!



で、やっぱり、貧乏人は 国産右半$しか買えんな~



で、帰っていった。



カナチィ!



設備は良くて 静かで 燃費が良くて パワーがある。しかし、価格は高いw。



右ハンドルを注文すると販売店が23万円を余分に取る。おかしいやないか!



日本車を左ハンドル仕様にして輸出したら、諸外国では左ハンドル代金だと



言って余分に請求するのだろうか。  ちょっと変だと思うのは私だけかいな。



車両価格に含まれているのなら兎も角ですが、私は販売店の悪徳商法だと



思えてならないのです。



車両としては良い製品なのですが、後から取り付けるオプション価格であれば



納得します。ハンドルの取り付け位置設計変更で製造される車両に別料金を



かけてを販売店が請求するのは ”販売店はとんでもない食わせ物じゃ!” と



思ってならない。 イギリス、オーストラリヤのような日本と同じ左側通行国でも、



右ハンドルを注文すると
、別料金を出せ!と言うのでしょうか。




Dpp_00471_2



あああ~夢見たな~



******************************



まあ~ それで屋久島からおいでた方と観光客のいない観光地を



巡回して来ました。



”ここ” 触れるなと言っても触れたくなるんだよな~



男性タッチ禁止!



岩石で作っているのだが、触れると柔らかいそうです(ウヒョ~)



女性が触れるとオッパイが大きくなる。



子供が授かる。



母乳の出が良くなる等の伝説があるのです。



四国88カ所霊場 84番札所屋島寺の本殿の横にある雌タヌキです。





Dpp_0030





Dpp_0033





↑ 壮大な瀬戸大橋です。そしてナンバーワン撮影ポイントです。



36年前はこの位置には何もなかった。10年間の年月をかけて瀬戸大橋を構築し、



開通してから早くも26年目です。その状況を最初から見て来ましたが通行料金が



高過ぎて四国に足を運ぶ観光客がおりません。 上の写真の屋島寺がある屋島も



瀬戸大橋開通当時はもの凄く繁栄していましたが、今は観光客が殆ど来ません。









関連記事
コメント
No title
おっはぁ~(=^・・^=)
フェリー会社の為に四国国民が犠牲に・・・
いやいや 四国行きの我々も犠牲に・・・
フェリー会社ってすごいのですねぇ~♪
北海道へも列車通して 車は通さない これも フェリー会社様の為♪
今度生まれ変わったら フェリー会社の社長になってやる そして倒産じゃ♪
No title
英さま、こんいちは。
あははははあ~  また面白い事考えたね~  凄いええ考えですぞ。
ちょっと考えたんじゃが、もうひとつ方法があるんやな~それは日本の
首相になることや! 英首相やぞ・・・・・えらいことになるかも知れんが
世界中が焼酎王国になる可能性もありうる。 そして、北海道まで橋を
架けたり、沖縄まで海底トンネル掘ったりして一大プロジェクトを成し遂
げるのです。そして、ついには北朝鮮までも秘密海底トンネルを掘って
やっつけるのです。んん・・なんか難しくなって来たよ!
No title
inssさん! 「フィアット」を涙で送って、

「Zil・ジル」を怒りで、掘り起こしましたか~!。(*^_^*)
No title
うまいねー     koutokuさんに座布団2枚
No title
koutokuさま、こんにちは。
ジルを掘り起こしましたが、すねて動かないんです。
サイズ、装備は日本に合っているのですが、いざ
乗ってみるとじゃじゃ馬ですね。あとは金銭的問題
があって難しい!

管理者にだけ表示を許可する