スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島を一周と、森伊蔵と、豚とろラーメンと、紫陽花

2013.06.01.Sat.12:05

桜島の足湯



平成22年2月1日までは日本一長い足湯だった。(全長100m)。



現在の日本一長い足湯は長崎県雲仙市小浜町 小浜温泉の105mです。



Dpp_0019_2



海側は鹿児島市を眺めながら、反対側が桜島を眺めながら足湯ができます。





Dpp_0018_3



大阪からの中学生達の修学旅行です。「こんにちは~」と声をかけたのだが横を向かれたよ。



知らない人から声をかけられたら、横を向けと教えられているらしい。



九州の皆さまは小学生、中学生、大人を問わずほぼ全員の方が「お早う御座います。



こんにちは」には必ず挨拶が返ってくるのですが、都会人は小さい時から曲がっているね~



Dpp_0025_3



桜島の東側が現在爆発中で火山灰が島中を被っていました。



灰色に見えるのが火山灰です。車の中まで灰が侵入してザラザラになりました。



Dpp_0008_2



1914の大爆発で海岸から500m沖合にあった烏島まで溶岩で埋まってしまった。



Dpp_0012



大正3年の桜島噴火で3mの原五社神社(腹五社神社)の鳥居が埋没







Dpp_0031_2



大正大噴火の前兆は、爆発の3日前から始まっていた。島内のいたるところで井戸が沸騰し、



海岸には大量の死魚が浮き、地震が断続的に起きていた。

1914年(大正3年)1月12日、午前10時5分まず、西桜島赤水上が黒煙を突き上げ10分後



には東桜島黒神の鍋山が大音響とともに爆発した。黒鉛は上空7000mに達し、全島を被い



つくした。間断なく轟く爆発音と火山雷、降り注ぐ噴石の雨、更に翌13日には溶岩の噴出が



始まり、30億トンの火の波が瀬戸海峡を横断、桜島と大隈半島を陸続きにしてしまった。



その後、約1か月間にわたって頻繁に爆発が繰り返され多量の溶岩が流出した。一連の



噴火によって死者58名を出した。



この鳥居がある黒神でも全戸687戸が火山灰に埋没してしまった。高さ3mの原五社神社



の鳥居は、笠木だけ残して辛うじて見えていたそうです。当時の村長、野添八百蔵は爆発の



猛威を後世に伝える為、発掘の中止を指示。そのままの形をとどめることになりました。



現在この鳥居は県の文化財です。



桜島に前回訪れたのは20年以上も前になるが、かなり落ちぶれた感じのところもある。



道路だけは整備されてキレイになっていた。



********************************************



焼酎のブランド森伊蔵酒蔵を訪問 桜島一周のあと訪れました。



Dpp_0036_2



ここでは販売してくれません。工場は見学出来きないようなので裏に回って 見ると。



Dpp_0040_4



店頭価格1本2730円くらいのが密かに出荷中です。化粧 箱に入れる?万円以上か・・・、



笑いが止まらないのは販売店だろうね。



Dpp_0042_2



森伊蔵 酒蔵



鹿鹿児島県鹿児島市金生町3番1号 / TEL 099-227-6111



********************************************



ここはラーメンでは有名らしい



Dpp_0048_2



Dpp_0049_2



豚とろラーメン800円、桜島美湯黒豚のお奨めメニューを注文した。



Dpp_0062_2



Dpp_0056_3



豚とろ=豚肉の角煮 沖縄では「三まい」というものです。これは美味しい!



Dpp_0057_2



餃子も特製 市販のような物ではないよ。食べれば「んんん・・・」となる。



Dpp_0060_2



この「もりやすラーメン店」は酒蔵「森伊蔵」店の隣にあります。



この店で湯割り森伊蔵をコップ1杯400円で飲めるよ。 どうする?>飲めないね



Dpp_00501_4



********************************************



さ~て次は、鹿児島県から宮崎県東方の紫陽花見学に行くことになった。



山全体があじさい公園となっていますが、満開はあと二週間後のようです。



Dpp_0080_2



お母さんと一緒に小さいお嬢さま2名、私の顔見て怖がっているよ、ゴメンね



Dpp_0064



Dpp_0068



Dpp_0069_2



Dpp_0070_4



Dpp_0071



Dpp_0095



菖蒲園もありますが、咲いているのは極一部、まだまだ先ですね。



Dpp_0097_2



山之口あじさい公園



宮崎県都城市山之口町花木1630番地



http://www.kumaya.jp/atikoti108.html



































































関連記事
コメント
No title
へ~!桜島の灰の影響は! 聞くと見るとは大違いですね!
inssさん!も実際に見てみて(ビックリ)!ですね。(ー_ー)!!

【猛威を後世に伝える為、発掘の中止を指示】・・・どの時代にも
賢人?は居るもんですね!。

で!この写真こそ(百聞は一見にしかず)ですね~。

これから「桜島大根」と聞いたら! 埋もれた鳥居を思い出します。(*^_^*)
No title
Inss様 こんばんは。 NHK大河、篤姫で見た憧れの桜島ですが時々悪さを働くのですね、、鳥居ですが天明三年、浅間山大噴火の際生死を分けた15段(石段)ってのがありますが数年前それを見て心が重くなったのと全く同じ感覚になりました。焼酎2730円とは、ン〜〜チト考えちゃいます、私には庶民の味方、宝焼酎計り売り1650円/4Lが分相応でピッタシテケペン、時々ロックで2杯、大満足です2ヶ月半持ちますアハハ。
No title
おっはぁ~(=^・・^=)
走りましたねぇ~(=^・・^=)これなら(疲れた)って言葉が分かります。
桜島 灰だらけになるから やめとき~ って言ってたのに 行っちゃってる♪
車 灰だらけでしょぅ 雨に当たってると思うけど、家に高圧洗浄器もあるから
とっとと♪ おいでぇ~(=^・・^=)
No title
koutokuさま、おはようございます。
桜島の灰は、普通のたき火などのような細かい灰とは全く違いますね。
非常にやっかいものだと思います。ザラザラの大粒、小粒の砂と微粒子
状態の砂ですから、家の中や、頭の髪の中や、車の中に入ったりすると
大変だと思います。桜島周辺の方々は爆発すれば花粉症だからなんて
言ってられませんよ。空気は悪い、目は痛い、車が通れば砂嵐、もうイヤ
と言う感じです。
No title
マッ傘さまおはようございます。
桜島の爆発は今でも続いていますが、そこに住む方々は灰など何のその
だと思います。それでも住みついた故郷は離れない。やっぱり故郷はイイ
のでしょうね。生活するにはそれなりの工夫をしています。洗濯物は絶対
外には干せないので洗濯物を干せるように部屋を作っています。私達が
行ったラーメン店も入口が二重になっていて砂が入り込まないように工夫
されていました。
焼酎:森伊蔵:ブランド:余裕のある方々はどうぞ!です。現地の方はあれ!
あまり美味しくない!と言います。やはり地元には地元の酒ありです。
大隅半島は小鹿、薩摩半島は白波と言う具合でしょうか。
No title
英さま、おはようございます。
英さまが見てないうちに、こっそりと行きました。バレバレですね・・・・・
やめとき!、行くな!と言われていたのにね~バカタレが・・ですね。
桜島で車が横を通るともう大変でした。呼吸を一時停止です。目は
ショボショボ、口の中はガジガジだ!ですよ。風が吹くと視界が悪く
困ったもんやったわ。スミマセ~ン

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。