東洋一の金山だった

2016.05.25.Wed.21:41
大分県にある金山ですが、今は閉山しています。
純金の鯛の模型があると言うのでワクワクして見物に行った。
ところが2006年に一匹盗難にあって今はレプリカなんです。

坑道の中から13℃前後の冷たい風が吹き出ています。
0005_201605252125042ba.jpg
入り口で中は寒いかとす聞いています。
ここの金山は夏は涼しく、冬は暖かいと言う説明を受けています。
入場料は外で支払っているのでOKです。
4名さま入ります。
0007_201605252125076b0.jpg
こんな楽しい部分もあります。
0017_201605252125060cc.jpg
蛍光塗料を塗ったモニュメント、ブラックライトで輝いています。
友達の靴も青く光っています。
0021_20160525212546fbc.jpg
右側雄30kgを盗難されたのです。
0025_20160525212500891.jpg
左側雌20kgはどこかに隠して2匹ともレプリカです。
30kgの純金ですから、かなり高いよ。
関連記事
コメント
No title
koutokuさま、こんばんは。
盗難にあったのは2006年ですから、10年前です。
盗んだ奴は何回も下見に行き計画を練ったのでしょうね。
当時は曖昧なセキュウリチーだたのでしょう。
犯人は捕まっていますが、金の鯛は処理されて不明とあります。
盗難に合った?。
当時はかなり不用心だったのですね~!。
今なら、いくらでも盗難防止のハイテク!機器が有るのにね。
高くても売買は出来んし、溶かすのも素人じゃ出来んし!、
ヤフオクに出品されてるかも知れんね!。(*^_^*)



管理者にだけ表示を許可する