久々の久々に鳥取砂丘へ

2016.05.13.Fri.16:35
ほんと!何年ぶりやろか?
鳥取砂丘の中を散策したわけではなく
その横にある砂丘美術館を訪れました。
鹿児島県の吹上げ浜でも行われている砂丘アートと同じです。
この砂丘美術館は室内ですから、室外よりも状態は良い訳です。
全国旅をしていると、夏場海の砂場で時々見られますが、規模が
全く違います。
ほんと!素晴らしいです。
今年は南アメリカ編です。
3ヶ月かかって制作し、8ヶ月展示するそうです。

平面砂像のトリック画像です。
実際後ろの画像写真はポスターです。
立体感があるので不思議感覚になり、目が舞いそうになります。
0141.jpg
リオのカーニバル  近くで見ると生々しいよ!
0174.jpg
砂の総重量は300トンとか3000トンとか言っていたが?
0151_20160513160819a0a.jpg
崩れそうな薄い部分がある。  かの表情もすごい!
0152_20160513160820ae5.jpg
触ってはダメなんだよなあ~
0153.jpg
不思議な立体感があります。
0154.jpg
コーヒー豆を採取してるところです。
0168.jpg
ウエスト勝負は砂像より太いから負けませんよ!
一応真似をしなきゃ~止めないバアサンです。
0171.jpg

百聞は一見にしかず!
是非、行って見ましょう。
一応、作り方教わってきましたが?
制作は無理の無理の無理でヤンス!

鳥取砂丘美術館
〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083−17
電話: 0857-20-2231

http://www.sand-museum.jp/
関連記事
コメント
No title
COMTECHさま、こんばんは。
次回は是非訪れて下さい。
JAF割引もありますのでカードを忘れないで下さい。
No title
英さま、こんばんは。
鹿児島のは見たことがないのですが、此処は屋内ですので細かい
部分を十分に表現できのだと思います。
ボンド関連はテトリンさんですが、ここはつき固め機を使用して
更に強固な状態にしているらしいです。
聞いた話ですが、海の戻しても安全な糊状のものを使用する場合
もあるそうです。
No title
koutokuさま、こんばんは。
作り方教わってきましたよ~無料で、実際は1000円ですが、
のぞき見で無料体験してきました。(笑)ワハハハ
実は、本格的な部分もスタッフから聞きました。砂に水を通した
後に舗装などした後に手動で突き固める機械で更に強力に固める
らしいです。
No title
一昨年山陰に行った際にスルーした場所ですが、なかなかですね~
次回は寄ってみます。
No title
鹿児島の祭典より芸が細かいような気がします
鹿児島は野外 ここは室内 この違いでしょうか
砂を固めるボンドがあるそうで この砂 海に戻せるのでしょうかね~
素晴らしいね~!。
TVで見た事あるんですが、8ヶ月で変わるんですね~!。
で!(作り方教わってきましたが)って、
そんなの教えてくれるんですか!。
外の砂丘へ出て、作って見れるのかな?。(*^_^*)

管理者にだけ表示を許可する