スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の素麺を頂きました。

2015.07.16.Thu.01:58
知り合いの社長さんのところで笑っていたら、
日本一の素麺をやる! と言って 嬉しく頂きました。
細くて、腰のある素麺だそうです。
3Kgの箱入りです。
販売価格は下の写真の物3kgで3240円です。
近いうちに梅雨明けすれば買って食べようかと
思っていた矢先に嬉しい頂きものです。
DPP_0010_201507160123123d2.jpg
美味しさが日本一であるかどうかは、食べた方々の判断だそうですが、
小豆島の素麺はどれもが日本一と言っても過言ではないと思います。
DPP_0012_20150716012314b21.jpg
うどんは湯がくのに15~20分かかりますが、
素麺は2~5分で出来上がります。
この素麺は細いので2分で出来上がります。
DPP_0006_201507160123167d6.jpg
素麺汁にして食べる方法もありますが、
夏場は素麺を湯がいた後に水でさっとしめて
少し濃い目のだし汁にワサビか生姜を効かして
ツルツル~ツルツル~と食べるのです。
うどんは食べるのに汗かきますが、素麺は涼しさを感じますね~

香川県は うどん、素麺 骨付き焼き鳥の3品目が有名です。
そして、香川県の小豆島は醤油と素麺とオリーブが有名なのです。
素麺製造会社は、小豆島には何十社もあり競い合っています。

ちょっと宣伝しておきましょうか。
小豆島手延べそうめん
株式会社 協栄岡野
香川県小豆郡土庄町馬越甲1102
0879-62-6570

http://www.shimazen.co.jp/soumen/concept.html
関連記事
コメント
No title
koutokuさま、こんにちは。
私の地域は台風が何事も無く通過してくれました。ご心配ありがとう御座
います。
うどんも素麺も中国から渡ってきたらしいですが、素麺は、現在の奈良県
桜井市三輪が発祥の地だそうです。小豆島の素麺も、慶長3年、小豆島の
池田町の方がお伊勢参りの帰りに、奈良県の三輪で素麺作りの技術を習っ
て帰り、小豆島に広めたのが始まりだと言われています。(コピー文章)
小さな島なのですが、ミニ四国88箇所巡礼を行える島です。 それ故に
一人一人の性格も優しく努力家も多い訳です。 オリーブ生産、醤油製造
ゴマの製造工場(カドヤ)、素麺の製造工場など多くあります。 大阪城
からも引き合いがあったようです。

この素麺は弾力性がありコシも強く、少し伸びるのです。
ええですね~!
エエ!お知り合いさん!を お持ちですね~。(笑)

小豆島と言えば、オリーブ、二十四の瞳の思いですが、
素麺ですか、同じ(うどん)県じゃが、
どうして素麺になったんでしょうかね?。

しかし!高級品の素麺ですね。 
つるつる~!と、写真を飲み込みましたよ!。(笑)

で!台風11号、しっかり吹いていますか?、気い付けて下さい。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。