スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、小豆島が かっこよく なっています。

2016.06.27.Mon.17:41

小豆島と言えば香川県の一部で、ここでも瀬戸内国際芸術

祭が春、夏、秋と催されています。これで少しは有名になり

ました。

昔は四国88ヶ所巡礼と並んで小豆島のミニ88ヶ所巡礼が

短期間で回れることから有名でした。ところが今は仏様に手

を合わすのは困った時だけと、言う風になってしまってこの

島も風化し始めたのです。これではダメだと心機一転、時代

のニーズに合うものは何ぞやと、立ち上がっているのがこの

島の若者達です。 もう、古いのがあれはダメ、これはダメと

粋がっている時代ではないのです。

それで、この島で有名な古民家の納屋風な食堂に案内して

貰いました。

お客さんは島外の人ばっかしだ。やっぱりインターネットの時

代やね~、小豆島で”近くで有名な食堂”とスマホ検索すれば、

即現れますよ!


昨夜は午前様の大宴会だったらしい( T さん)

小豆島港まで迎えに来てくれていますが、爆睡!

0001_20160627174732357.jpg

どう見ても清潔感あふれるような感じには見えません。

ここは昔、田んぼの横にある精米所だったらしい。

それが中に入るとお客さんがいっぱいなのです。

0004_20160627174733348.jpg

どれにするか決めるよりも、一番人気と言った方が早いよ。

0005_20160627174734725.jpg

店の主は私たちを案内してくれた方の同級生だそうです。

幼稚園から大学まで一緒!だよ・・・

0007_20160627174736fa5.jpg

みんな、このオニギリ定食を注文しています。

そんじゃ~わたしも ”これ下さい”

0021_20160627174737e5c.jpg

本日のお任せ上物日替わり定食だ!

全部手作りで目茶苦茶美味しい! ですぞ!

おにぎりはデカイぞよ! ここの棚田で取れた棚田米です。

これは美味しい!全部地産地消の考えです。

そうめん汁も付いています。もちろん小豆島産です。

ホタルイカの煮物、酢あえ、漬物、ヨーグルトなどですかな。

メインは魚と、おにぎりと、ソーメン汁です。

0016_201606271750138e8.jpg

醤油は島の何処産で、魚はとれたての鯵とイカの天ぷらとかき揚げです。

と丁寧に説明してくれます。この説明を聞くのが結構楽しい!

0013_20160627175012d5b.jpg

私たちの隣で食べていた夫婦は超スピード食いでした。

味は分かるのでしょうか?

0019_20160627175014ff8.jpg

外にも並んで待っている方がいますが、待ち時間は少しですよ。

0024_20160627175015c00.jpg

この周辺は湧き水と棚田が有名!

この風景の右上の方に”こまめ食堂”があります。

0002_20160627175017b43.jpg

こまめ食堂

〒761-4303 香川県小豆郡小豆島町 中山 1512-2

電話:080-2984-9391

http://www.dreamisland.cc/cafe/komame-cafe.html

上のURLをクリックすれば全ての情報が分かります。

これを見るとこの食堂にも、瀬戸内国際芸術祭にも絶対行きたくなります。

関連記事
スポンサーサイト

こんな時間に、すごい虹だ!

2016.06.26.Sun.19:07

家から東側は雨

家から西側は夕焼けです。

あと30分もすれば暗くなる。

それにしても、大きい虹です。

直径何キロあるだろうか?

高さもすごく高い

家の倉庫の屋根と遙か向こうの山が虹で繋がっている。

写真ではハッキリ写っていませんが、

上側にもうひとつ虹があります。

0026_20160626185532efb.jpg

まだ梅雨の中で、べとべととした状態だ。

0027_20160626185533f2e.jpg

撮影機器は3000円のカメラですが、まだ健在!

やっぱり写りは悪いなあ。

夕焼けは雨の時にはありませんよ。

しかし、今日は東が雨で西が晴れなんです。

あまりにも大きくて綺麗なので、口を開けて

目大きく開いて”ア~”と声を出して、ついでに

鼻の穴も目一杯開いて・・・です。



関連記事

四国最大級のうどんキャンプ

2016.06.12.Sun.19:11
四国各県からより抜きのうどん食べ師が集結です(笑)
うどんを食べるだけではないのです。
自分たちで1から作って行きます。
ですから食べた時の美味しさはこの上なく美味しい!

最初はうどん粉の煉りあげからはじまります。
結構、力が必要
一度に10人分くらい(1kg)のうどん粉です。
DPP_0001_201606121907500d0.jpg
出来上がった釜揚げうどんにネギ、生姜、生玉子、醤油を入れて ”ガブガブ”です。
DPP_0004_20160612190751dfe.jpg
美味いですよ
DPP_0007_201606121907533ef.jpg
こだわりうどん ほんとですよコダワッテいますから!
と言うことは粉は讃岐の夢2009、醤油は讃岐で一番の美味しさを誇るもの、
玉子はさぬきコーチンの釜玉です。うどん屋さんでは食べられませんよ
DPP_0008_20160612190754827.jpg
満腹状態ではいつもこうなります。
四国で一番幸せ中です。
DPP_0025_20160612190755cf9.jpg
美味しいね~
DPP_0013_20160612210419fa9.jpg
飛び入りの幸せ運搬人さん 幸せをちょっとだけ ギャ~オ!と吐き出しています。
DPP_0021-1_201606122233057e4.jpg
昼のカンパイ
DPP_0050_20160612210421912.jpg
夜のカンパイ
DPP_0060_20160612210423a17.jpg
BBQは食べ尽くして満腹!
ビールは焼酎もまだまだ余裕!
夜は何時までだったろうか? 各自、楽しい話で盛り上がっている。
最後のほうでは私も飲み過ぎて何を言っているか=不明。
DPP_0062_20160612210424b69.jpg
サンダル足の中央が少し黒くなっています。
DPP_0069_20160612211312191.jpg
実はうどんキャンプ日焼けです。
DPP_0070_20160612211511837.jpg
このサングラスは私の娘がキャンプ中のサプライズでプレゼントしてくれました。
DPP_0080.jpg
キャンプが終わって家に帰り撮影です。
私んちの娘の兄と弟はまだオムツしていますが、
ええ娘はええなあ~!
嬉しいですね~

ことなみ土器どき広場”でのキャンプは何回目だころうか。
広くて環境は素晴らしい。
うどんキャンプの場所は
ことなみ土器どき広場
香川県仲多度郡まんのう町造田
http://www.my-kagawa.jp/point/92/
関連記事

益城町の地震詐害を見て!

2016.06.01.Wed.22:22

震源地付近の道路は舗装が波打ってる

家はぺちゃんこ。

これが自分に100%関係していたら 

と思うと、言葉も出ない。


追い越し禁止ライン(黄)がいたるところで波打っている

と言うことは舗装道路も波打っていると言うことです。

0003_20160601221942b37.jpg

この電柱は間もなく倒れます。

0009_201606012219432b1.jpg

塀が倒壊している。

0011_201606012219434ca.jpg

1階部分がありません。

0014_20160601221945b05.jpg

これも11階部分がないです。

0015_201606012219467de.jpg

よく見えませんでしたが、周囲は滅茶苦茶です。

0052_20160601223134853.jpg

家の形すら存在しないくらい倒壊しています。

0055_201606012231361e5.jpg

もう、滅茶苦茶です。

0060_20160601223136899.jpg

歩道の舗装部分がこんな形になっている。

0032_20160601223137b25.jpg

ここも1階部分が押しつぶされて無くなっている。

0059_201606012231394b1.jpg

ここだけではなく、被害が小さいと思われるところも

屋根瓦吹っ飛んでブルーシート屋根になっているところが

多く見られます。




関連記事

牛小屋へ、久しぶり!

2016.06.01.Wed.08:04

久しぶりやね~

カンパ~イ!

私達は飲む係。

料理制作係は次の写真に写っています(笑)(^-^)/(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)

0053_201606010722299f2.jpg

簡単説明すると私達が大変お世話になっている方々です。

0072_20160601072228519.jpg

さあ~、いつも食べさせて頂くのは

田舎の超採れたて超新鮮野菜達ですよ。

テレビでよく俳優が、やっているでしょう。

”うまっ!!!” というポーズ

間もなく、あれが始まります。 

0055_2016060107223001e.jpg

噛むと ”バリッ” と言う音がして無茶苦茶甘い

カリッと言う音かも知れません。

ほんの10分前に横の畑から、収穫しました。

0054_20160601072231bf3.jpg

これも10分前収穫。

野菜サラダですが、キュウリの音がバリバリとする。

んっ、ガラスでも噛んでる気分だ、そして甘い。

0056.jpg

ニンジンも10分前に収穫、椎茸は自家製ですが

乾燥椎茸を元に戻したもの、竹の子昼間収穫。

0057_2016060107250722a.jpg

これはタマネギを細く切ったものに鰹の削り節を。

これは私が殆ど1人で食べてしまった。

どうしてかって?

どうしてでしょうか。 

これも横の畑ですよ。

超新鮮です。

兎に角、甘い!

0064_201606010725082f6.jpg

鼻血とヨダレと涙が一緒に出るくらいウマイ!

バタージャガイモ で~す。

これも沢山食べました。

0068_20160601072509df0.jpg

総数2500個 乾燥中の紫色をしたニンニクです。

0074_20160601072510403.jpg

このトマトはぶら下がったまま、いつ頃食べられるかな?

0076_201606010725128ec.jpg

畑の向こう側は、人吉を取り囲む連山雲海。

0066_2016060107253575f.jpg

この景色、風景には心が落ち着く

田舎生活は畑や田んぼの作業で苦しい時が多いが

これが最大の癒しになるのである。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。