スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国カルスト2014-3

2014.07.30.Wed.09:17
今朝は気持ちいいなあ~。

気温は測ってないが18度くらいかな。

皆さんの頑張り地域は暑いだろうなあ~

おはようございます。



本日のメニューは玉子かけご飯です。

幸せの青い玉子なんです。

プリプリですな。

Dpp_0009_2

Dpp_0011_2

Dpp_0010_3

お~い モウさん と言ったら こっち向いたぞ。
Dpp_0031_6

ボチボチ帰えらなくては、と思ったのが昼前なんです。
あまり動きたくないな~ それ故に超ゆっくりモードだ。
残った3名で記念撮影。
Dpp_0016_2

これが ほんまもんの オートバイ乗りだ!



Dpp_0027_2

一緒に飯食ったスパーガブ号のドライバーは北海道帯広の方です。
50ccのカブ号で今年の4月から日本一周をしている。
荷物も必要不可欠の最小荷物ですが、上手いこと積みますね。
ちょっと気なったのは、タイヤが前後とも!ツルツルです。
気をつけて と 言いたいが山中でパンクしたら、どうするのかな。
ちょっと どころか かなり心配だw。
高価なキャンピングカーでなくても日本一周は可能ですが、

なるようにしかならん。

それでいてワイルドに行こうだぜ。

こんな気持ちの旅って最高なんだろうな!>

関連記事
スポンサーサイト

四国カルスト2014-2

2014.07.29.Tue.12:54



こちら天国なり !














下界は暑いだろうな。







しかし、空模様が悪く昨日いたキャンパーは殆ど居なくなったw。




Dpp_0008



予想していた通り周囲が見えなくなった。



海抜1300m付近ですから雲の中です。



雨も降っています。



Dpp_0011_4




何時間も雲の中、そして雨も降りやむと、



誰も居ません。



根性で居座っているのは私達だけです。



このキャンプ場で上段になる部分はテント張り組の居場所(下の写真)



夏休みと言うのに雨のため退散してしまって誰も居なくなっています。







Dpp_0015



この場所(下の写真)はキャンピングカーが多く集まる場所ですが、



ここにも誰も居ません。



毎年7月末週はキャンパーが沢山居るのですが不思議です。







Dpp_0017



また夕焼け空となり一日が終了。



雲が邪魔をして前日のようなキレイな夕日ではありません。





Dpp_0023





黄昏時(タソガレドキ)すでに気温は17度以下です。もう寒いですよ。



タープの中でちょっとだけ網戸にして見える範囲の夕暮れとさよならです。





Dpp_0030



今日のお客様は私の横で昨日から一緒の帯広のYさんです。



残り物で簡単な夕食です。



Dpp_0031_3



もう、寒くてビールは要りませ~んとなり、本日は焼酎。



湯割りの半分半分でキューッ と ですね。



効く! キクッ!  キク・・・!



本日終了です。






関連記事

四国カルスト2014

2014.07.27.Sun.06:48




















やっぱり高所は涼しい。





強力な太陽光線をジリジリと感じるが日陰は涼しい。



毎年何回か訪れる場所です。



いつも、この時期は夏休みでいっぱい状態ですが、今年はガラガラ。



******************************



四国カルストは、このようなもの凄くキレイな夕日を見ることが出来ました。



まあ・・・これを見るのが楽しみで此処に来ているようなものですけれどね!



Dpp_0042



夕日が隠れてしまった後でもこんな風にキレイなんです。



愛媛のYさまと、私の隣でテントを張っていた北海道帯広の方をお呼びして懇談会です。





Dpp_0048



******************************



本日の行動は四国カルストまで来る途中の 「道の駅布施ヶ坂」 の中にある



http://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=2922 おでん屋さんから始まります。



何年か前までは、日本一大きい”おでん”として有名でしたが、最近小さくなった。



唐辛子をちょっと多めに付けて ”ガブッ” とやるのですが、目から涙が出る瞬間



が美味しく感じる時です。 (コンニャク タマゴ ドチラモ100エン)







Dpp_0007_2



本日の四国カルスト山頂(海抜1300m)は晴天で風もあまりない。





 Dpp_0021



愛媛のNコック長さまのお出まし、包丁さばきも コツコツコツ・・・・・・ 早い早い早い!



Dpp_0033



特選ビールでカンパ~イ!



Dpp_0035_2





Dpp_0038_3



Dpp_0045_2



こんな感じで終わったカルストの一日です。



山頂ですから天候が変化しやすいのですが、



何事もなく 汗かいて 酔っ払ったね~



流石に夜は寒かったよ!







































関連記事

昔の味がする香川のうどん屋さん

2014.07.26.Sat.00:54

うどん下さ~い! と店に入ると



ファ~イ・・・ イラファ~イ



翻訳すると、「は~い、いらっしゃい」



と、昭和15年生まれの元気なバアチャンが顔を見せます。



日本語が上手くしゃべれない!と言うのが特徴です。



どうしてかと言うと、歯が一本しかないのです。



それでいて、いきなり元気なんだよ。



ナイニンデシュケノ~!



ナンチャマ! 



ダシュケショーイケ!



アシャシャケノ!



シュメシャーノ!



まあ~ね、普通の人は分かりませんね。



翻訳すると、



「何人ですか。何玉ですか。だし汁か醤油かけかどっち。温かいの。冷たいの。」



と、聞かれているのです。



最初ね。エッ!何ですか・・・なんですが、



慣れてくると適当に2玉温めて!で通ります。



Dpp_00181



客が注文方法が分からないといけないので 注文メニューを作ってある。 



上から順番通りに言えばOKですが、メニュー通り言うと1玉だけですから、



大(2玉)を食べたい時はそのことも告げないといけません。



Dpp_0002



どちらに入れても構いません。



Dpp_0001_4



Dpp_0008



ゲギュスシデシュカ!と聞かれるから、好き好きと言えば沢山入れてくれます。



ここはトッピングの天ぷら等何にもないです。 うどんとネギだけです。



Dpp_0009_2



Dpp_0024



ありがとう、美味しかった。また来るよ!



と言って帰るのですが、



寂しい顔するのでバアチャンの顔を見ずに背中を向けて言います。



暇だったら表まで見送ってくれるんだよ。



私も病気をしてから言語障害を起こしているのでバアチャンと話しを



しているところを他の方が聞くと二人とも何処の国の人かと思うでしょうね。



麺はかなり柔らかく、だし汁は昭和初期生まれの方が作ったような味です。



あまり食が進まない状況の時はこの柔らかいうどんも良いと思います。



県外の方が最初に此処へ食べに来られると、讃岐うどんも普通じゃん!



と言うと思います。



********************************



赤坂うどん店



香川県綾歌郡綾川町陶5781-6



087-876-2104

関連記事

本日、我が家うどん店

2014.07.22.Tue.16:57

毎日、暑いわ^^



また始まったと、思うでしょうが、



時々自分ちでやっているんですよ。



自分流ですが、これが絶対に美味しい。



わしゃ~ラーメンがいいと言う方でも



一口食べれば、たちまちハマリます。



さて・・うどん粉を練り上げてプラスティック爆弾 作成。



危険ですよ!



(プラスティック爆弾とはどんな物か知らないけど)



Dpp_0002_2



約4人前です。



少しですから台所の上で伸ばします。




Dpp_0013_7







Dpp_0019_3




細く切ると15分程度で茹で上がるが、このうどんは太いので20分以上かかる。



うどんの向こうに見える(小鹿)は鹿児島県の芋焼酎です。相棒さまが料理中に



一杯やりながら注入する漢方薬です。(笑)









Dpp_0027_2



出来たよ! 釜玉です。



美味しそうでしょう!



激ウマです。



なんと言っても、もうタマランのですよ。







Dpp_0030_2




幼い頃、うどんの端っこを喜んで食べたものです。 ツルッとしていて美味しいんよ。





Dpp_0051_3







Dpp_00551_3



美味しい卵を近くの道の駅で見つて最近この①と③の卵にハマッテいます。



①讃岐コーチン。特徴は卵黄が濃い、卵白の透明度が高い、卵黄の盛り上



がりが良い ③青い卵。香りがあって美味しい、美容ビタミンが豊富、卵かけ



ご飯が美味しい。 幸せを呼ぶ青い卵と呼ばれているようですが、ネットでは



10個1600円くらいで販売しています。 なんと香川県の道の駅・滝の宮では



10個200円で販売しています。出品すると売り切れは早いですね。”あっと”



言うに無くなります。 青い殻を持つ卵を生む鶏は南米チリのアローカナ地方



産の地鶏を品種改良したものらしいです。



























































関連記事

本日、ひまわり満開

2014.07.17.Thu.11:04

今日は暑いわい!



今年は私くしみたいなカワイイのが揃っておりまする。





Dpp_0010_2



ずば抜けて大きい顔だ、かなり目立っている。





Dpp_0031



この畑は粒ぞろいで 一番キレイです。






Dpp_0001




こんな背の高いのは今まで見たことがない。 3mくらいあります。





Dpp_00261_8



Dpp_0022_2



時々JR土讃線の名物 アンパンマン列車がひまわり畑の中を走ります。



子供達にも見せようと親子連れの”ひまわり見物”が多く見られました。



横で見物していた親子ずれ”カメラ!カメラ!カメラ!”と言っているうちに



列車がいなくなって残念! 



JRさん! ここは列車をゆっくり走らせて頂けませんでしょうか。





Dpp_0012_3



ひまわりも輪作は駄目なのでしょうか、今年は場所が変わりました。



そして、ひまわり植え付け面積も昨年の二倍以上の広さになっています。



今年は5ヘクタール、25万本だそうですよ。



まだ、1週間くらいは大丈夫だと思います。



******************************



場所はここだよ。



ひまわりの里まんのう



http://www.himawaribatake.net/manno.php



香川県仲多度郡まんのう町帆山地区







関連記事

感動のワンコインコンサート

2014.07.15.Tue.01:39

身体は小さいが、こんなごっついおネエさんの歌や演奏は聴いたことがないですw。



声もデッカい、英語で歌うと発音もイイ。



Dpp_0047_3



この日は楽譜なんか持ち合わせていませんね~





Dpp_0048_2







Dpp_0067_2



右の男性は私と同じ165㎝。



左のおねえさんは149㎝だと本人が言う。



旅をしながら、全国で演奏活動をしていると言う。



年齢は秘密だけどバラシてもイイと教えてくれた。



なんと56歳だって。



宇田川 妙  シンガーソングライターです。





オリジナル曲にも感動したね~



美人じゃないけど、ピアノ演奏、歌には心引かれました。



(It is not too late) http://www.youtube.com/watch?v=AUYqMc_3iAw





(私は生きる・オリジナル)http://www.youtube.com/watch?v=3foCvtlRkrc



(駄目な男・シャンソン)http://www.youtube.com/watch?v=vVzru9CFOc8







(また君に恋してる)http://www.youtube.com/watch?v=Xji6r-5SxAs







関連記事

趣味の生活 ボケ防止の最良プラン

2014.07.10.Thu.15:42

NHKの番組タイトルのようなタイトルですね~



何処かで習って来て、次は自分が作る。



これ!良い趣味なんですが、



部屋中が趣味の小物でいっぱい!



ところで今度は何をやっているのか覗いてみる。



携帯電話のストラップです。



どうやって作るんでしょうね。



材料はもの凄く揃っています。



”誰かにあげるのかい”?



”違う”! 生活が苦しいので販売する! と言う。



”いくらですか”? 



”一個390円”(笑)!!



”一日に何個出来るのですか”?



”これだけがやっと”です。





Dpp_0009



大変だね~



でも、凄く可愛く感じます。





Dpp_0005_4



このテーブルで夕食時はビールなんかを飲んでいましたが、今は趣味国領土です。





Dpp_0002_4





驚いてはいけません!



まだ、次のバージョンがあるのです。



これです。 ↓ ↓ ↓





Dpp_0010





Dpp_0011_4



Dpp_0015_2



上の3つの写真、何か・・・



そうです。浴衣です。



ちょっと小さく見えますね~。



そこで、誰が使用するのか?



と言えば



”はい!”



お分かりの方。



ん、ん。 ??



”赤ちゃん” ですか。



違います。



違うんです。



youは何しにニッポンへ(カンケイナイコトバ)



はい、実はワン用なんです。



この度暑いのに毛皮の上に更に余分にです。



我が家のガードワンクンだったら5分でバラバラにしますね。



しかし、こんなのをワンニャン小物センターに沢山売ってるからね~



飼い主の気が知れませんw。



ところで、”これはいくら” ですか。



・・・教えてくれませんでした。



まあ、いい~か 



頑張って下さい。



















関連記事

構内食堂

2014.07.04.Fri.01:16

ん! ん!  何んか映画の題名か 本のタイトルかのような 気もするなあ・・・



実は な! 構内にあるから構内食堂なんです^^(笑)



まっ、どっかのマニアにはタマランところとなんですわ。



そう言うことで、そうなんですよ、ドキドキする食堂なんです。



天ぷら×3+うどん+炊き込みご飯+水(無料)で500円です。



Dpp_0018_2



見た目には労働者定食と言うのがハッキリと分かりますね。



味は別で量はしっかりと多いです。



味のほうは、まあ~まあ~だね。



うどんは手打ちうどんだと思って喜んでいましたが違ってました。



Dpp_0011_2



天ぷらは11種類ありますが、どれでも 3個まで定価内です。



冷凍の牛肉コロッケの箱が下で踏ん張っているのも情緒ありです。



Dpp_0004_3



後ろの方で警察官のような制服を着た方が、私らと同じものを食べています。



ぎょっ! だとすれば 警察署構内の食堂か!



ええっ! 私ら・・・恐いとこでいるやんけ~~



Dpp_0014_2



このメニュー看板は365日 同じのようです。 



Dpp_0001







Dpp_0022







Dpp_0025_2



上の写真で少し分かるでしょうか?



レール、跨線橋に信号機が見えると思います。



実は ここ、JR四国多度津駅構内なんです。



一般人もこの構内食堂を利用出来るんです。



警察官のような方とは電車の運転手さんでした。



それで、やっぱし ご飯の量が多いんで 内緒で一人分をラップして



家に持って帰り、夕飯として食べたのですが、これが美味しかったw!!!





関連記事

手回し蓄力蓄音機

2014.07.01.Tue.01:29



明治から昭和にかけて製造された世界の蓄音機の展示会。





私としては、もの凄く興味津々で訪れました。



当時を考えてみると、誠に贅沢品で大金持ちしか所有出来ない品物。



蓄音機を知らない年代から見るとオモチャ的感覚でしょうね。



******************************



ラッパ式蓄音機 国産第一号 明治41年式 ニッポンノポーン日本蓄音機商会



作りがもの凄くキレイなんです。



Dpp_0043



******************************



ラッパ式・ビクター蓄音機 大正時代初期 製造:イギリス・ビクター



Dpp_0033_4



******************************



ラッパ式蓄音機 大正時代末期 ニッポンノポーン日本蓄音機商会



大きな花と言う感じでキレイです。



Dpp_0041



******************************



ビクトウーラ蓄音機 大正時代初期 アメリカ・ビクター製



想像を絶するようなキレイな音がでまさす。




Dpp_0083








******************************



マグナホーン蓄音機 (DECCA式) 昭和初期 イギリス製



レコード盤と接触して音を吸収する針の付いたヘッドから、筒の中を通った音が後部の



パラボラアンテナのような(半球)の部分に反射させて音を増幅させる仕組みです。この



半球の中にヘッドを格納して蓋と使用出来るようになっている。





Dpp_0035



******************************



クトウ蓄音機 日本に数台と言う代物 大正7年



蓄力ではなく中身はギアーのため、上手く回転ハンドルを回さないと音がフニャフニャ~



てな感じになります。一種のカラクリを想像する蓄音機です。



http://zariganisan.web.fc2.com/chikup/chikup7.htm














Dpp_0079



紙腔琴 明治17年戸田欽堂発明 東京十字屋音楽堂



紙に穴が開いている部分から、空気が流れ出て音がでる仕組み、ハンドルを結構早く



回転させて紙を送り出しながら音も出る構造になっています。



これも全国に何台しか残っていないそうです。



http://www.youtube.com/watch?v=nvi1v_QBI-k




Dpp_0068_3



******************************



ガラス張りの中にあって写真が上手く撮れません



Dpp_0089



Dpp_0049_2




全数29台展示、SPレコードの展示枚数不明。



このコレクターさまは他にも300機ほどの蓄音機を持っているらしい。



100年以上も経過しているのですが、古き日本にも良いものがあったようです。



この頃の日本はアメリカやヨーロッパよりも、かなり遅れた社会であったと思い



ます。現代とは想像も付きませんね。



ですが、これらはお金持ち寄りの品物で庶民の手の届くものではありませんでした。






















関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。