スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめに餌をやって来た~

2014.02.27.Thu.21:55

婆さんも 爺さんも 



おばさんも おじさんも 



お母さんも お父さんも



みんな子供になってしまう 瞬間なのです。



周りの景色がどうあれ 



風が吹こうが



雨が降ろうが



自分の周囲1mなのです。



さて!さて!



やってみないと



この楽しさは分からない。



Gya・・・  日本語でギャ~



取られたよ・・・・・っ



怖かったのは最初だけ!



Dpp_0167



退屈になると 人間どうしの餌食い大会



Dpp_0189_3



瞬間に奪って行きますから、恐怖感は後から来ます。



下の写真はすでにカモメが、かっぱえびせんを取っています。



Dpp_0172



撮影角度が悪いのですが、かもめがかっぱえびせんを奪う瞬間です。



もう、も、も、も、もう・・・・・ キャ~キャ~ピ~ピ~ 言ってるよ。



Dpp_0178



伊根湾の舟小屋を見るつもりで遊覧船に乗っている訳ですが、



今回のメンバーはカモメしか見ていません。



カモメに餌(かっぱえびせん)を与えるのが楽しくて



それどころではないのです。



今までに10回以上、ここへ皆さんを案内していますが、



やることは全部同じですね。



やっぱり楽しい方がいい。



      



YouTube: 伊根の舟屋と遊覧船とかもめ2



YouTube: 伊根の舟屋と遊覧船とかもめ



      





関連記事
スポンサーサイト

幻の間人ガニを食べた~

2014.02.26.Wed.02:20

俺様に何か用か!



ごっつい顔してるな~オマエ!



黄金色に輝いているやないか・・・



これが、幻と言われる間人ガニである。



みんな同じような顔している松葉ガニなのだが、このカニだけは別物なのです。



Dpp_0335



でっかいのが8匹います。これだけで軽四1台分の価値があります。



緑色のタグ(正真正銘の間人ガニ)です。



Dpp_0331





もう・・・辛抱たまらん! 





Dpp_0002_2





カニパーティーは、この舟盛りが手始め、いよいよスタートです。





大きい舟盛りでしょう。





用意ドンしたら、10分で完売。



行きました 一番!







Dpp_0006



これから、沈黙の3時間食べっぱなし。







Dpp_0009_2







横見してたら、無くなるよ!



頑張れ!



それ、行け!







Dpp_0014_2



Dpp_00111_2



温泉へ行って帰った直後のスッピンパーティー



もう、恥ずかしくない年頃なんですって!よ。



今日は品行方正、お上品は無し



ギャンバレ・・・



Dpp_0027



今度は焼きガニです。



女将さんがカニの足を一本ずつ、各人に焼いてくれました。



これは香りが強くて、最高! 美味しい!





Dpp_0051_2




Dpp_0050







古民家吾平治さまの計らいで、特別サプライズ・・・








やった~! 



嬉しい!



感激!



丹後名物 玉すだれ!



丹後は網野町玉すだれ劇団で~す。



美人女将の粋な計らいで感動連続!



涙が出そうになった。









Dpp_0068 







Dpp_0062_2 



まともに皿が回転した方はいませんでした。










Dpp_0083_3



私は運転手兼、カメラ担当。



元気良すぎる女性群の世話役、幹事、運転手でした~(冗笑)



楽しかった。



写真はまだまだ沢山ありますが、このあたりで我慢して下さい。



古民家・吾平治 http://goheiji.jp/



〒627-0221 京都府京丹後市丹後町竹野988番地



0772-75-0561

































































































関連記事

忘れてました~おもしろ画像

2014.02.22.Sat.00:07

感じのいい♨温泉に鹿児島の有名人と一緒に行きました。



みんな・・腹立ったら スキップですよ。



ワハハハ・・・





Dpp_0073



この温泉はもの凄く情緒あります。



↓ 写真は更衣室ですが、屋根には緑のコケが見えます。



平山温泉やまと旅館



〒861-0556熊本県 山鹿市平山211  0968-43-8255



Dpp_0074



温泉の後は サロンパス!!! 



年寄りの象徴的行事ですな。と言ってしまえばそれで解決かい。



ワハハハハハ・・・



ほんま!悲しくなって来た!







Dpp_0056_2



このサロンパスを貼ることのそもそもの原因は莫大な金を支払ったZILL520に



あるのです。ちょっと遠出すると、帰宅すれば必ず寝込む有様なのです。



どうしてかと言うと、ハンドルへの振動と運転席のシートの振動が身体を麻痺



させた上に背中をカチカチにしてくれます。そして運転中は、大腸小腸胃肝臓



膵臓腎臓、すべての内臓が上下に「ドドドドドドドドド・・・・」と揺れ続けているの



です。バンテックさまが、何年も同じ車を製造し続けているにも関わらず、知ら



ないと言うか無知なんですね~



単なるトラックベースだからと、ちまたでは言われているようですが、だったら



同じトラックベースのアドリア(イタリア)はどうだと思いますか。アドリアの振動



は乗用車と言う感じですよ。



ZILLの標準タイヤも、購入した客が安全を考慮して自費でバージョンアップを



している有様なのです。これじゃ~まるで中国製品だよ!



「だったら、そっちを買え!」とバンテックさまは怒鳴るでしょうね。何にも知らな



いで乗っている方々が可哀相です。売れたら良いんですよ!儲かればそれで



いいんですよ。寂しい日本になりましたね。怖くもありますね~。























関連記事

牛小屋改造住宅へ今年の初訪問

2014.02.19.Wed.01:44

ずうずうしく、突然の訪問です。



それで今夜は4名で鍋をやることに決定!



見たことが無いようなキノコもあるよ。




沢山入ってるでしょう。



美味しそうやろ・・



牛小屋鍋と言います。





Dpp_0021



↓ 鍋に入れたキノコです。



このキノコ類ですが、赤いのは不明、白姫舞茸、やなぎ松茸 全部無味で香りも少ない。







Dpp_0022_2





鹿屋の有名人宅から拝借してきた高菜漬け





Dpp_0020



イカの塩辛





Dpp_0019



ハマチの刺身+鰹のたたき





Dpp_0018



巻き寿司





Dpp_0024



エビの天ぷら+トマト





Dpp_0025_2



あれこれと全部食べました。+ビールに焼酎だから胃袋爆発寸前!



******************************



牛小屋改造住居の今は冬ですから、農作業は無いのです。



ですから、山に行ってカズラを取って来たりして楽しんでおるのである。



この春には、ミツバチを集めて蜂蜜を採取すると意気込んでおります。



まず、カズラで作った製品の紹介です。





Dpp_0014





Dpp_0008
Dpp_0009_2






Dpp_0010_2
Dpp_0012_2



******************************



ミツバチ、集まってくれ!



頑丈なミツバチ用巣箱



蜂蜜が採取出来るのが楽しみです。





Dpp_0036_3





Dpp_00281



こんなに広い、牛小屋改造住居でいつも二人じゃ、寂しいね~



もう一組は体調が悪くなり、今は名古屋に戻っています。





























































































































































































































































































なるほど・・鹿児島県

2014.02.15.Sat.06:42

旅してると「ん・・どうした」と言う風景に時々出会います。



本当に旅が好きで もう、どうしようもないのだろうか?



あるいは何かから逃げているのか? 



それとも何なんだろうか?



雨上がりの鹿児島県道の駅(樋脇)で深夜、トイレに行く途中で



50ccのバイクに荷物をいっぱい積んだ傍らでブルーシートを



布団代わりにして道の駅の長椅子で寝ていたのを発見した。



バイクを持っているくらいだから住所不定ではなそうである。



私はキャンピングカーで暖かくして寝ているが、今の季節に



いくら鹿児島と言えども夜はかなり寒い。



我慢出来るのだろうかと思う。



私もキャンピングカーを売ってこれをやってみようかなんて一瞬思った(笑)



Dpp_0004_11



鹿児島から鹿屋に向かう途中でガラクタ集合食堂を発見。



私はこの店にはどうしても入れない気持ちです。 



しかし、なぜか笑みが浮かんで来るのには不思議です。



Dpp_0020_3





Dpp_0023_4



どっちから、読むんやと迷って入るうちに通り過ぎてしまう。 



暇なものですからUターンして確認した。



普通カタカナは左から右に読みますよね。



ですから何!何!キーレフブーカ



いったい何の意味じゃろかと思った!





Dpp_0031_4 





それが違うんだよ 急カーブブレーキ だったw



この急カーブを急ブレーキに読み違えたら大変なことになる!



真剣な顔して読んでいたら事故するカーブやなあ~ なんてつくづく思った。



霧島から鹿屋市の向かう国道504号線で発見した注意勧告看板です。



カーブで前方確認をしながら走行している運転者にとってこの看板は



非常に危険な看板だと思ったね。



Dpp_00291_3


次はほんとに怖いカーブだ!



魔のカーブですから、ほんとに怖いよ。



普通に何処にでもある緩やかなカーブなのですが、



夜には幽霊が出るカーブなのかも知れませんよ。 



鹿屋市から志布志に向かう途中にある国道220号線です。





Dpp_00321_2



 



ちょっとお笑い気味の画像でした。



 



道路で面白い物を見つけたら、戻って再確認しています。



 



それには結構楽しみみたいのがあって、自分で勝手に笑って喜んでいます。































 















 






























関連記事

日本一の大楠

2014.02.12.Wed.23:37

大きい楠の木は日本の所々で見られますが、



その最も大きいのが鹿児島県姶良市蒲生町にある大楠です。



蒲生八幡神社の境内にある大楠は確かに大きいと思いました。



樹齢1500年と言いますから、かなり古い巨木です。



根回り33m、高さ30mと説明にあります。



Dpp_0006_2



正に神秘的な感じが読み取れます。



Dpp_0018_3



根元には祠(ホコラ)がある。





Dpp_0017





Dpp_0014_2



蒲生八幡神社 内にあります。



近くから見るより遠くから見る方が巨大に感じる。





Dpp_0013_2



蒲生八幡神社



鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2284



0995-52-1211





























関連記事

曽木の滝と観光客19名

2014.02.11.Tue.05:45

曽木の滝にやってまいりました。



お土産屋さんの立ち並ぶ前で!



撮影用の女優さんに豊かな表現力を依頼すると「決まった」ね!



何でこんな所にこんな物があるんやと言うことは、さておいて、(実はこれ自動占い機)。



長~い説明: 真実の口(しんじつのくち)=イタリア(ボッカ・デラ・ベリタ))は、ローマに



ある石の彫刻である。 この彫刻はローマのサンタマリアインコスメディン協会の外壁に



飾られているのであるが、元々は下水溝のマンホールの蓋であったらしい。海神トリトー



ネの顔が刻まれている。



手をその口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされるか、



手を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説ものである。



映画『ローマの休日』での一場面にあるものです。



*グレゴリー・ペック扮する新聞記者のジョーがアン王女(ソフィアローレン)を驚かそうとして、伝説に基づき



悪ふざけで真実の口」に手を入れて、抜けないという演技をした。このときうぶな王女はそれを真に受けて、



恐怖のあまり叫び声を上げ、泣き わめくシーンですよ。



Dpp_0029_3



お土産屋さんの店先にお接待用の無料お茶セットを置いてありますが、



無料となれば、みんな素早い動作なんです。 スミマセン・ミヤゲモノヤサン



Dpp_0023_3



ここが曽木の滝の絶景ポイント。



Dpp_0033_3

竹細工工芸館にやってまいりました。



九州には世界一とか、日本一と言う物が沢山あります。



九州一と言うのは、まだ見たことがない気もするのだが。



Dpp_0046_3

Dpp_0047_2



日本一の美人漬け物
 この工芸館で販売していた。ひょっとすると大根も竹の一種?

Dpp_0054_5



ここは世界一だよ・・・何年か前まではそうであったらしい。



Dpp_0056_4



Dpp_0058_4



この世界一大きい水車は何に使うかと言えば、何にも使いません。



作っただけなんです。米も搗けるらしいが、観光用です。



関連記事

笑ってこらえて新年会

2014.02.10.Mon.01:49

ちょっと遅れた恒例の伝統ある会合行事



フフフ・・・! 



ヤヤヤヤヤヤ・・・・・・・・・!



1次会が3時間+2次会が3時間で合計6時間。



ちょっと、2.3日間後遺症が残るぞ!!!





Dpp_02871_4





Dpp_0156_4





Dpp_01791_2

Dpp_0278_3



Dpp_0073_3



普通は正常なんですが? こんな格好すると 多重人格なってしまいますなり~



Dpp_0080_3



出番待ちで待機中なんです。



Dpp_0195_2



宴会役者が10名で、総勢19名。キャンピングカー8台が集まったらどうなりますか。



もう・・こりゃ~大変なことになってきた。



浪速の新喜劇が、最高だなんて思って参加したら、病気をするよ!



******************************



↓ これは最初に並べてあったものですが次から次へと料理三昧です。



驚いてはいけませんよ、これで3千円弱です。



Dpp_01161_3



料理も安価だし環境も良い、それでお接待の心も行き届いている。



そんな場所で楽しく新年会を行った訳ですが、人生のうちで、こんな1ページが



あっても良いんじゃないの、最高だよ!  



それぞれの思いを持ち寄って発表会みたいなものだが、自然に湧き出てくる



思いでいっぱいなんです。





Dpp_0098_3



楽しいんね!



岐阜県から、香川県から、福岡県から、鹿児島県から集まってくれました。



集合場所は



さがら\温泉茶湯里



〒868-0094 熊本県球磨郡相良村深水2136番地



TEL:0966-25-8111 



http://sayuri-yu.jp/















福井生麺所

2014.02.07.Fri.02:50

ここはイオン、夢タウンとかの大手食品販売部門に出荷している生麺所です。



朝の8時、9時は忙しいのに一般客の私達がお邪魔して、食べさせて下さいと、



お願いして出来立てのうどんを食べました。



中で働いている方は、目が微かに見える程度までしっかりと(白衣)で固めています。



今、水洗いから出したうどんですと。マイ丼に1玉ずつ入れて貰いました。



Dpp_0006



工場の中には食べる場所がありませんので、マイカーの中で食べます。



釜揚げではないので、生姜のよく効いた醤油うどんです。



Dpp_0017



美味しいですね~ 目を閉じて感無量と言う食べ方です。



Dpp_0034



追加の2玉を買ってきて、温めて釜玉風に玉子を入れた。



これも美味しいですね。



Dpp_0031



もう、たまらん美味しさです。 ごちそうさまでした。



Dpp_0021



工場内は整理整頓が行き届いておりますね~ 奥の方の製麺所には立入禁止。



Dpp_0004



蕎麦も作っているようです。



Dpp_0025



Dpp_0001



マイ箸、マイ丼、マイ玉子、マイ醤油、マイネギ、マイ生姜、マイ車(笑)でした。



全部、マイと言うのがいいんですね。



ところでうどん玉は1玉65円で4玉買いましたから、全部で260円でした。



ここしばらく製麺所回りは止められませんね・・・・



福井生麺所



香川県三豊市豊中町岡本1660−3 



営業時間    午前7時頃~ 



関連記事

香川で一番激旨inss製麺所

2014.02.03.Mon.21:52

何と言っても此処のうどんが一番美味しい!



香川県の「うどんの美味しいところ」で検索しても見つかりませんよ・・・。



本日は自分の食べる分だけ作る自分の家の製麺所なんです。



香川県人はこんなことをよくやるんです。



正直言って今年の我が家は無茶苦茶寒いんです。灯油高騰のおりに出来るだけ節約を



しようと家の中でもダウンジャケットを着て生活していますが、寒い時にはやっぱり温かい



うどんでも食べたい気分になるね~。都合の良いことに我が家のストーブは上で湯を簡



単に湧かすことが出来るのです。そこで大きい鍋に水を入れて準備した後に今夜は温か



いうどんが食べたいと相棒さまに言ってみました。いつでもうどんを作れるように材料は



揃っていますので、素早く、さぬきの夢2009(小麦粉)を練って、素早く踏んで、素早く



伸ばして、素早く細く切って、素早く茹でて、素早く釜揚げにして、素早く食べました。



これはさぬきうどんで言う 「釜玉」 と言う食べ方です。



釜揚げうどんに生玉子、ネギ、生姜を入れて醤油を掛けて食べると言うだけなのです。



Dpp_0002_3



最近、相棒さまの撮影方法が上達しまして、結構「んっ!」と言う場面を撮ってくれる。



実はこれ! 「熱っ、熱っ、熱っ」で中々食べられない状況なんですよ。



私、ニャン舌なんです。



Dpp_0008_6



この石油ストーブも21時は消灯だからなあ・・・寒くなるよ~助けてだよ!



Dpp_0011_4



貧乏生活だと、自然にうどん中心なるのが怖いね~、



誰か?、「ウソ言うな!」 と思っているでしょう。



ああ~! うどん 美味しかった!



夫婦の年金合計しても、生活保護家庭よりも貧しい生活なんですよ。



私しゃ40年、相棒さん25年も社会保険を掛けてんだよ。



何処か間違ってないかい○○○党さん!



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。