スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人専用の喫茶

2013.11.30.Sat.00:23

ほんとですよ。



50歳以下の方は入店出来ません!



ホンマかいな と思うが ホンマです。



香川県の三豊市に出来ました。



Dpp_0009_2



店の中をうろうろしても、確かに若いのは従業員だけ。



ん!・・・ 



若いのも居るやんか??? と思い 望遠で覗くと



いや~! スミマセン  看板に適合していました。



最近は後ろから見ると20歳と言う感じに見える方が沢山いますね。



Dpp_0027_3



注文してから、20分経過。 やっと目の前にモーニングサービスのコーヒーが出て来ました。



どう言う訳か 超スローです。 



まあ~ これで ええんですよ。 これで!



Dpp_0032_2



この店は、他店にケーキ屋さんを営んでいるせいか、



トーストはアンコモリモリのトーストが出てきます。



すなわち爺ちゃん、婆ちゃん向きのトーストなんです。



Dpp_0036_3



結構甘いけど、美味しい!





Dpp_0040_3



私たち二人の年齢を合計すると120は軽くオーバーしますので、看板には適合しています。



食べるのに一生懸命です。 ちょっと喉に詰まったか! 大丈夫か!



Dpp_0041_4



↓ この来店者さま、後ろから見ても年齢が分かるような気がします。



この店には、こんな感じの方ばかりで、しかも女性が多いです。



婆ちゃんは喫茶でおしゃべり、爺ちゃんは、しっかりお家で働かされていますって感じです。



Dpp_0031_2



入れ歯でも食べられる スイーツも ちゃんと ありますよ・・・



Dpp_0018_2



入れ歯での食事も OK!



Dpp_0019_3



この店の名前もイイよ ポックリ だって 



違う 違う ほっこり堂 でした。



Dpp_0006_2



Dpp_0002_2



「ほっ」 と 言う落款がまたイイw



Dpp_0004_3



Dpp_0001_2



年寄りが安心して入店出来るカラーの店ですよ。



倉庫を大改修して喫茶店にしています。



??? 年金が余ってどうしようか なんて悩んでいる方!



是非 暇つぶしに来店をお勧めします。



爺ちゃん、婆ちゃん そんなに 年金を貯め込んで どうするの?



バッテリーカーで ”ほっこり堂” 向けて さあ~ 出発しましょう!



******************************



変わった喫茶店ですね、でも面白いと思います。



オーナーさまは、よく考えたものです。



これで結構流行っていますし、ばんざ~いです。



最近 テレビ報道が何回も入り、賑わっています。



地元では超有名なんですよ。



ほっこり堂



香川県三豊市高瀬町新名646-4 



0875-72-5850



http://ameblo.jp/okasi8/ こんなのもありますから 参考に!









関連記事
スポンサーサイト

香川で一番旨いうどん PARTⅡ

2013.11.28.Thu.19:30

私:お~い! 朝飯、食いに行くか! 



嫁:は~い! 何処行くの?



私:うんん・・ まあ、乗れや!



なんて言えば、食堂かレストランだよね~



それが、香川県はうどん屋も含むのです。



久しぶりの 超旨い店に行くことにした。



あ、れっれっれっ!



値上りしてる!



Dpp_0006_4



仕方ないね~ 国産の小麦粉も値上がりしてるので 今までのようにはいかない。



今年の1月は、上から280円、150円、20円だったのです。



激安で超旨の店と言うことで皆さんに馴染んでいたのですが、何もかも値上がりで



仕方なかったのでしょうね。 来年は、まだまだ値上がりしそうですよ。



それより、腹減った!



「大」 「温かいの二つ」 下さ~い。



持って来て頂いたら、さっ、さっ、さっ と手順良く準備して ガブガブ といきます。



車で言えば 時速100キロくらいの忙しさかな(笑)



Dpp_0019_2  



メガネが熱気で曇って見えないのですが、そこは熟練していますので(笑)



まるで難民みたいな雰囲気食いですな・・



熱いんだよ、ほんとに!



Dpp_0020_2



******************************



それでは、店に入った時からを説明します。



これ! 知ってる?



ダイヤルの穴に人差し指入れて適当に回すんだけど 0・・8・・7・・xxxなんて



やってるうちに戻りが遅いものだから、数字を忘れるんだよね~ そのうちに



間違って別の場所に接続されたりするよね~



この店 まだ、これだだよ・・・



使い慣れたのが良いのかも知れない。



Dpp_0001_3



これ!消防許可局が承知しないあるよ!   もの凄く心配だな~



Dpp_0002_2



皆さん注文して 寒、寒、寒 てな感じで待っています。 



私は年寄り優待席で座ってます。



Dpp_0004_2



もうすぐ、出来上がって 10人分くらいが一気に出て来ます。



Dpp_0005_2



釜揚げの熱々を ドス~ンと持って来てくれました。



Dpp_0012_2



その辺にある生卵、ネギ、生姜を手際よくいれます。



入れ方の分からない人はまずいません。



Dpp_0016_2



そして、最後に醤油ですが、少し遠慮して丁度よい感じです。



ネギは香りがする程度、これは入れ過ぎです。



Dpp_0018_3



↓ お利口ちゃんが一番手前の器にネギをうどんが見えないくらい入れています。



これは、ネギが勝ってどんなうどんも美味しくない。



Dpp_0029_4



今日は実際は28日だけど、日めくりを実行するのを忘れてる・・・



何でも良いけど ここは バタバタ急いで立ち食いして、ごちそうさま~と



自己責任で、お金を支払って帰る店です。



Dpp_0031_2



このうどん店の近くに、いつも交通安全を願って立っている方がおります。



うどん店の場所が分からない方は、この方に聞いても教えてくれませんので



他の方法で探して下さい。 



Dpp_0032_3



初めての方は、須崎うどん店が目の前にあっても分からない場合もあります。



諦めないで店の中を覗き込んで探しましょう。



須崎食料品店



住所:香川県三豊市高瀬町上麻3778
営業:7:00~20:00(うどんは9時から12時)
定休:無休
電話:0875-74-6245



9時から12時になっていますが、売り切れ終了ですのでお早めにどうぞ。

関連記事

やき芋

2013.11.21.Thu.22:33

急に寒むくなったね~



焼き芋でもすっか!



と、言うことで焼き芋実行。



Dpp_0001



程よく焼けているようです。



Dpp_0003



友人がくれたサツマイモです。  



どの辺で割ると半分づつになるのでしょうか。



Dpp_0006



あっ! ちょっと違いがあるぞ~



Dpp_00081_3



思っていたとおり、小さい方を私にくれたよ。 当然ですね。



Dpp_0009



この風景は(のどか)ですね~



Dpp_0005



焚き火の横で 焼き芋を食べる。 



田舎で出来る風景ですね~



我が家のガードワン君にも少し分けてあげましたが、熱いので時間待ちです。



Dpp_0023



時間が少し過ぎると西空は夕焼けが見えてきた。



我が家のロケーションは夕日絶景ポイントまでとはいきませんが、キレイに見える。



Dpp_0031_2



Dpp_0032_3



焚き火の炎も小さくなった。 



周囲も暗くなって来た。



寒い!



もう、気温は6度以下だと思う。





関連記事

あさぎり町の牛小屋改造住居

2013.11.20.Wed.00:42

改造を進めながら一年が経過した。



家の改造は専門職みたいなものですが、田んぼは未経験である。



それでも、見よう見まねで新米まで収穫に至った。



百姓にかけては素人なんですが、強力な助っ人親類がおりまして



1~9.99までお世話になったそうです。



現在はあらゆる野菜作りをやっており、その新鮮な取れ取れ3分後の



野菜を味わうことになりました。



美味しい・・・ぞ!



ぼちぼち一杯やりますか!



Dpp_0001_4



おつかれさまで~す。  かんぱ~い!



Dpp_0003_2



さと芋だ!、これ最高に美味しい! 調理士の腕まえもあって更に美味しい。



Dpp_0005_2



水炊きだ!



家の横の田んぼでの採れたて野菜が全部入っています。



白菜、水菜、青梗菜、下仁田ネギ、ニンジン、椎茸、春菊、鶏肉、牡蠣、つくね、松葉カニ



Dpp_0006_4



このピーナツも特殊的に旨い!  塩ゆでをしている。



Dpp_0007_2



枝豆です。 周囲に豆の香りがします。 



Dpp_0008_5



皮を取り豆だけ 取り出したものですが、マーケットに売って入るものとは味が全く違います。



Dpp_0009_2



Dpp_0010_2



横の田んぼで、3分前に採れたもの 新鮮、新鮮、新鮮 ほんまに甘いんです。



Dpp_0011_3



スリしょうが。 しょうが醤油で水炊きを食べます。 しょうがも作っています。



Dpp_0012_2



↓ 手作りのウリ味噌漬け  これはメチャクチャ美味しい 



Dpp_0015_3



テレビでアナや俳優が「う・ま・い!、甘~い」なんて言っていますが、ほんとなんですよ。



↓ ニンジン



Dpp_0032



↓ 大根



Dpp_0033



↓ 左から、白菜、ほうれん草、さと芋(赤)、サツマ芋



Dpp_0034_2



↓ 向こうがゴウヤ、手前が綿の花(食べられませんがどうしてか、ここにある)



Dpp_0035_2



↓ ネギ



Dpp_0036_5



↓ そら豆



Dpp_0037_2



↓ ニンニク (約800本)



Dpp_0038



↓ 左から、水菜、サラダ菜、キャベツ、ジャガ芋



Dpp_0039_2



↓ トマト 霜枯れしないように黒テント張り 手前はジャガ芋



Dpp_0040



↓ スナックえんどう豆(竹を差し込んであるところに生えてきます)



向こう側がさと芋(白)



Dpp_0041



全部で25種類以上野菜類を植えています。



住居の南側は修理して眺めが良くなった。



Dpp_0031



最初はゴミ置き場のようであったがキレイになりました。



Dpp_0046



田んぼに行く階段も作った。



Dpp_0043



農業用倉庫も建てました。 そして車庫地も確保。



Dpp_0044



進入路も整備 右が農業用倉庫



Dpp_0028



牛小屋改修住宅の横には広い田んぼ、 のどかな田園風景だと思いませんか。



この時期の朝方は霧に覆われて周囲が見えなくなります。



Dpp_0042_2



Dpp_0024



こうやって、暇な時間は大声で笑い、毎日、同じ話題でも構わない、



おしゃべりをしてお腹が空いたら、「腹減った・・・」。  



食べ物はいつでも何かはある。



人吉市のあさぎり町は、もう朝昼夜ともかなり寒くなりました。



広~いワンルームは大勢いないと寒いネ!



遊びに来て~!



別の田んぼにレンゲを沢山植え付けたそうです。



来年は密蜂を集めて養蜂園に挑戦するとか。



頑張れ! 蜂蜜をもらいに行くぞ!



帰り際には、お土産に新米を頂きました。



ありがとうがざいました。



また行くね。

関連記事

天草を小探検

2013.11.18.Mon.21:47

私、生国と発しますところ、天草のこの辺です。



Dpp_0001_4



この辺は天草タコ街道と言うらしい。 それくらいタコが多いのです。 ちょっと不気味だn。



Dpp_0026_2



天草と言えば昔はキリシタンで有名なのですが、今は教会のみくらいだと思いました。



そこで小さな半島にある富岡城とそのビジターセンターに寄ってみました。



途中で男だったら誰でも興味あるものを見つけた。



おっ! これなんじゃ・・・ 





気になるなあ~





Dpp_0004_2


ほら~ 似てる でしょう。 


大昔、普賢岳の爆発で飛んできた岩が浸食されて、こうなったらしい。



Dpp_0010_2



負けない気持ちが通うじるかな! 頑張れ! いつでもこのパフォーマンスやるんだよね。



Dpp_0009_6



満潮になると見えなくなるらしい。



******************************



さて、富岡城ですが、今は城はなく城壁だけです。



城の象徴たるものがありませんので下のようなことをやっています。



”日本の恩人” と言う人物像です。 勝海舟 でした。 



左の像は、”天草の恩人” 鈴木重成です。



Dpp_0017_4



ここに無料で拝観出来るビジターセンターがあります。 内容はかなり充実していました。



Dpp_0019_3



******************************



天草の島をぐるりと半周して、また、まっとうな温泉雑誌のお世話になりました。



ここは天草の南側にある下田温泉です。 



お客さんは少ないですね。風呂は貸し切りでした。



Dpp_0031_3



Dpp_0034_2



Dpp_0035_2



掛け流し、ドンドン外に流れ出ています。



美人の湯ですね~ボディーソープで洗った身体も再び温泉に浸かると、



またヌルヌルとします。



九州に来て2週間以上になりますが、毎日温泉に浸かっています。



「まっとうな温泉」と言う温泉雑誌を持っているため、殆どの温泉が無料です。



湯本の荘 夢ほたる



熊本県天草市天草町下田北1366-1



0969-42-3311









関連記事

洞窟温泉

2013.11.17.Sun.18:33

こりゃ~すげ~



本物だわ!



浴槽は年期もんだよ!



うっかり転けたりすると下や横はヤスリみたいだから注意!



Dpp_0008_3



相当な年月を要していると思う。



Dpp_0010_4



こんな風呂には今までに入浴したことがありませんw。



ドップリ浸かって後ろにモタレかかると温泉成分の固まりに接触して背中から出血しそうだ。



また、湯の深さが全然分からないので、おそるおそる足探りで進みます。



Dpp_0007_5



内湯もかなり濁っていて底が見えません。



Dpp_0012_3



こちらの入り口からも洞窟に入れますが、少し怖い雰囲気です。



Dpp_0013_3



Dpp_0014_4



はい、この温泉も無料で入浴致しました。すみませ~ん。



「まっとうな温泉」とい温泉専用雑誌のオカゲで無料なんです。





湯楽亭



〒869-3602 熊本県上天草市大矢野町上5190−2



0964-56-0536



http://yurakutei.jp/





関連記事

熊本サントリービールの工場見学

2013.11.16.Sat.22:42

お父さ~ん、熊本にサントリービールの工場あるよ・・・と



阿蘇の道の駅で案内パンフレットを相棒様が見つけました。



こうなれば、試飲決定ですね。ワハハハハ!



ちょっと宣伝致します。



(師匠のチョチャクケンを乱用して お礼はカタチデ・・・)



九州の工場はサントリー・プレミアム・モルツだけ製造しています。



エイチャンのCMで有名なサントリー・プレミアム・モルツが飲めるんだ~



なのですが、残念ながら私はドライバーでニオイだけです。



Dpp_0001_2



***工場見学内容は省略です***



今回案内係のお嬢さまは北海道産のピチピチガール。



美味しいビールの入れ方を教えてくれています。



Dpp_0015_3



サントリー・プレミアム・モルツですぞ! 



Dpp_0006_2



私しゃ、オレンジジュースをもらって来て 「カンパ~イ」  悔しい!運転を代ってくれ!



Dpp_0007_2



んふぁ~ うめ~



Dpp_0010_2



ドライバーカードを提出すると アルコールの入ってない飲料水をくれた。



ドライバーカードとは「運転手」ですから、餌を与えないで下さいと言うものです。



しかし、ですね。アルコール無しのものでも、ここで飲むと「ちょっと、その気になる」のです。



Dpp_0011



Dpp_0018



自分用にサントリー・プレミアム・モルツ×6本 サントリー芋焼酎×1を買いました。



サントリービール熊本工場



〒861-3104 熊本県上益城郡嘉島町北甘木478



096-237-3811



工場見学の予約 096-237-3860



http://www.suntory.co.jp/factory/kyushu-kumamoto/inspection/





























 





関連記事

一泊二日湯治湯・地獄温泉(阿蘇)

2013.11.16.Sat.08:53

一泊二日じゃ、湯治にはならんかいな



寝泊まり食事はキャンピングカーの中ですから、旅館側もご機嫌良くないわね~



それにプラスして「まっとうな温泉雑誌」所持ですから、正に超機嫌悪でした~



まっとうな温泉雑誌を提出すると、指定されている温泉が無料で入浴出来ます。



そのような訳で支払った金額はキャンピングカー宿泊代金600円だけです。



夜は敷地外で駐車して下さいと、追い出されてしまった。こちらは気を悪くする



訳にはいきませんので 「はい、はい」 と素直に従いまして、景色のイイ場所で



十分に「温泉気分充実」でした。ここは駐車場よりも敷地外空き地の方が眺め



が良くて最高なんです。よく考えれば、キャンピングカー宿泊代600円はトイレ



使用料のみだと言うことだけです。 何なのかよく分からんね~



はい!ここは地獄温泉です。



Dpp_0015_3



↓ 風呂はあっちこっちと、4ヶ所あります。 ここは女湯が上側にあり、仇の湯と言います。



Dpp_0016_4



↓ ここは一番下側にある混浴の一部で男専用部分です。 



混浴部分は女性が多いので、男は角の方でイヤラシい目付き。



私はソ○○が恥ずかしいので、この男専用部分に定着でした。(笑)



Dpp_0029



ここは唯一、内湯



Dpp_0039_2



一番離れたところ、あまり入浴者が少ないのでゆっくり入れます。



Dpp_0042



全ての風呂が源泉掛け流しで、湯ノ花がいっぱい。



内湯は、外に行くのが面倒くさい年寄りばかり、結構入浴者が多い。



↓ 向こうの方に見えるのが湯治棟です。手前は混浴棟部分。



Dpp_0028_2



↓ 湯治棟 二階は自炊棟、一階は食事付き湯治棟



三日以上宿泊すると食事付きで一人一日5000円。



Dpp_0032_2



湯治客と長~い長~い時間、「あんた何処な・・」なんて 日なたぼっこ 



この気持ちは、やってみないと分かりませんよ。



Dpp_0030_2



紅葉見物しながら、源泉井戸まで、散歩



Dpp_0019



Dpp_0021_2



岩場の中で高温の湯煙。



Dpp_0024_2



あまり、接近すると危険。



Dpp_0027_2



Dpp_0009



Dpp_0010



温泉施設は車が小さく写っている部分の向こう側です。



私は敷地の外なんです。



キャンピングカーの方は皆さんここに追いやられるようです。



Dpp_0046_4



この位置でもうすぐ夕焼けが始まります。



Dpp_0047_3



Dpp_0051_2



夕焼けがキレイな山の上です。



温泉施設の敷地外ですが、何の不自由もありません。



むしろ、このような素晴らしい景色が目の前にあるので最高です。



地獄温泉さま、600円だけですみません。



地獄温泉 清風荘



〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327



0967-67-0005



http://jigoku-onsen.co.jp/



関連記事

40年ぶりの熊本城

2013.11.14.Thu.23:17

ここに来たのは随分昔で記憶が戻りません。



まるで初めて訪れたような感覚でした。



熊本城です。



Dpp_0024



城の地下ですが、力強い縁の下と言う感じです。



Dpp_0020_2



天守閣の窓はガラス+サッシ 知らない人は昔から、こんなのかと信じますね。



Dpp_0028



駆け足で何処まで登れるか?  答え:ここまででした。



Dpp_0019_5



ここは井戸なんですが、何をしているかと言えば深さを計っています。 「測定方法は秘密。」



Dpp_0017_4



おらは、ミヤモトタケゾウじゃっ、と言う (漢字で書くと宮本武蔵じゃそうな)



Dpp_0021_4



本丸の畳の部屋 これは大きい!長い!広い! 一番向こうが殿さまの部屋です。



Dpp_0038_2



飾り金具 銅板を精密細工して金メッキ ♥マークは古き時代にもあったのだろうか? 



Dpp_0062_2



Dpp_0063_2



殿様の部屋  全て金ぱく装飾 (フラッシュ無しでカメラはOKです。)



写真はぼかしてあります。実物は現地に行って見て下さい。



Dpp_00411_2



熊本城入場料金特別割引 



熊本城入場料金500円+他の見学施設300円=800円が600円です。



特別割引に弱い我々は4名分2400円で購入しました。



Dpp_0012_2



似合うかな・・・・・・ やっぱり買うのを止めようかな。 みんな止めとけと言うよね。



Dpp_0004



Dpp_0008_3



知り合いが、今度、ZILに乗り換えました。 と言うのはウソです。









心うつ 風の丘・大野勝彦美術館

2013.11.13.Wed.22:40

今日は天候も良いのだが、阿蘇の山頂は雲に覆われている。紅葉見物をしながら



阿蘇周辺をぐるりと周遊。紅葉はちょうどいい具合だ。ZILの車窓を次々と一瞬の



うちに通過して行く。



本日の一番心うつ 風の丘・大野勝彦美術館 です。



Dpp_0073_3



Dpp_0061_2



幸せは 気づいた 時から 始まる 



 ほんとうは 幸せ なんだけど  



    さよならの あとに 気づくの 勝彦



Dpp_0064



Dpp_0070_2



この風の丘・大野勝彦美術館の敷地内は今、紅葉がいっぱいです。



ちょっと説明すると、この美術館のオーナーは両手の肘から下がありません。



農作業中、機械に挟まれ切断しました。この事故があったのが切っ掛けで



自分そのものが見えるようになり、”本当の生き方を知らされた” 体験談を



詩に綴ってあります。



まず、最初に遭遇する詩で立ち止まってしまいます。感動とか言うものでは



なく、自分にオーバーラップして涙がこみ上げて来ます。



①タオルが必要です。



②少し、自分が変わりますよ。



③機会があれば是非行って下さい。



******************************



この木は、樹齢300年以上の赤松で、県指定文化財・天然記念物の唐傘松です。



次の写真に説明があります。



Dpp_0004_3



Dpp_0009



この滝の名前は知らない。 師匠が知ってる。



Dpp_0012_2



九州の出ベソ。



Dpp_0018_6



Dpp_0015



クジラの竜田揚げ、師匠にご馳走してもらいました。めづらしい!



Dpp_0021_2



昼食には蕎麦を食べましたが、その蕎麦屋さんの周囲は紅葉が綺麗でした。



Dpp_0026_2



草千里の駐車場から阿蘇の噴火している中岳(写真中央)



阿蘇山に登る前は雲で覆われていましたが、登ってしばらくすると晴れてきました。



前回訪れたのは40年前です。全然覚えていませんが、懐かしい気持ちでした。



Dpp_0035_4



草千里遊覧馬 ちょっとコース1500円(5分くらい) ちょっと多いコース2000円



Dpp_0040



草千里、別の角度から。



Dpp_0046_3



阿蘇の草千里から降りる途中、左下は米塚です。 前方は外輪山、下は阿蘇の町



Dpp_0044



草千里から降りる途中、相棒さまが撮影。 今までにはないような(良)撮影。



Dpp_0058



Dpp_0075_3



英観光社長兼部長兼社員さまのご案内により阿蘇周辺特別観光は無事に終了。



かんぱ~い!



本日終了。

関連記事

人吉で、みそ醤油蔵見学試食

2013.11.13.Wed.09:44

道の駅大野温泉で一番風呂



Pb1021972_2



温泉入浴前に朝飯をとった。 



濃厚なだし汁の効いた雑炊だ! 我が輩は大猫なんで冷えるまで我慢。



Dpp_0002



熊本県人吉の町中にある有名な味噌・醤油蔵を見学に行った。



Dpp_0016



Dpp_0018_4



見学の後は試食なんですが、昆布、もろみ等数種類の試食が出来ます。



しかし、ビールの試飲のようにはいきませんね。ちょっとカライわ。





Dpp_0020



それぞれ変わった美味しさがあって、ついついお土産に沢山購入してしまう。



私が購入したのは、モロミ、昆布です。これ美味しいよ。



Dpp_0023_2



Dpp_00111_2



九州は 鹿児島班、福岡班、そして一番年寄りの香川班合同のキャンプ大会でした。





































関連記事

第26回 八代花火大会

2013.11.11.Mon.21:09

11月9日、熊本県八代市の球磨川河川敷で花火大会があり、秋田から鹿児島までの



16都県30業者が参加し1万3千発の花火が打ち上げらました。



観客数は約30万人あったそうです。



*観光バスは約200台 (この写真は一部です)



Dpp_0004_2



観客数30万人



Dpp_0009_2



オープニングのナイアガラの滝  ドドドド・・・ドカ~ン! ここから見応えがあります。



Dpp_0023



Dpp_0039_2



 ↓ 場内放送では猿なんですが、猿には見えにくい。



Dpp_0042



今年は同時に2発打ち上げと言うのが多かった。



Dpp_0071



新技術の花火 今まで見たことのないデザイン



Dpp_0074_2



Dpp_0075



Dpp_0076_2



ドンドン バキュ~ン これは夜空が賑やかになります。



Dpp_0090 



音楽と一緒に打ち上げています。 幻想的で出る言葉は「ほ・・・」 ですね。



Dpp_0097



ちょっと手ぶれしました。 空から炎が降ってきます。



Dpp_0145_2



Dpp_0114



ドドドドドド・・・・バキュ~ン  ドカ~ン 



Dpp_0120



Dpp_0129



ドドドドドドド! ドド~ン!大音響と共に花火も、もの凄い音を出したミュージック花火です。



これは皆さん、歓声が 「おおお・・・・・・」です。



Dpp_0127_6



Dpp_0132_2



Dpp_0149_3



最後は大玉で 「ドカ・・・ン」 終了です。



今年は更にバージョンアップされた花火でした。



******************************



明日は大雨と言うことで、花火見物の前にタープは収納しましたので夕食は外でした。



肉じゃが+海鮮鍋+焼酎の湯割りで暖まりましたよ~。 



Dpp_0245_2



Dpp_0246



かんぱ~い!  今日は楽しかったね~



駐車場から花火会場までは徒歩で片道30分かかります。八代花火大会の季節は



夜がかなり寒くなります。花火開始は18時、終了は20時30分頃の終了となります。



寒いので飲み過ぎると帰りは辛いよ。行きも帰りも何万人もの行列で大ラッシュです。



最終観光バスも駐車場から出るのに1時間以上かかっているようです。

























































関連記事

八代花火大会の前日

2013.11.10.Sun.20:44



代花火大会は11月9日の夜ですが8日の早朝、キャンピングカー専用の駐車場に



入場しました。その時すでに何台かの先客がおりましたので驚きでした。そして9日の



花火大会当日の早朝は駐車場は満タン化していました。



それで、それで なんと今年はZILが多い。



私が購入した販売店(OKA MOTORS)のステッカーを貼ったZIL520が



2台もいたぞ!  岡モーターさま、宣伝しておきます。



お礼は形でお願いします=「ワハハハ・・・」これ師匠のトッキョケン!!!チョチャクケン!!!



Dpp_0160



駐車場は端から端まで500mくらいあります。



キャンピングカー1台で幅5m使用するとすれば、200台以上は駐車しています。



Dpp_0185



 ↓ 右の軽四キャンパーは去年も同じ場所に止めたいた。350万円で購入したそうです。



Dpp_0162_2



花火大会が始まるのは18時ですから、それまでは何もなしで退屈なのですが



他のキャンピングカーなどの訪問をして珍物を見せて頂いたり、創意工夫など



発見し、親睦を高めたりします。ベンツのキャンピングカーも居ましたが、やはり



お高いのは近寄らない方が安全だわ! えっ、どうしてかって 「知らん知らんy」



 ↓ ドイツのキャンピングトレーラーです。中はもの凄く豪華でした。



Dpp_0173_12



ロゴスの巨大ワンタッチタープ 13万円くらいするとか。 



椅子で16人、座れば30人は入れそうです。



Dpp_0175_3



私たちのメンバーには名コックの女性連がおりまして、特別に美味しいのですが、



作ってくれる量も半端でなくキャンプをすれば肥満になって帰ると言うのが常識です。



昼食の特性ビビンバです。 (8人前)



Dpp_0178_3



Dpp_0181_3



 ↑ ビビンバ半人前+餃子



これ!全部食べられませんw!



ゆっくり食べないと、上に追加盛りされることになるのです・・・



なんやかんやで、夕方近くになると花火大会の始まりです。



*花火大会は次でアップします。*



( inss宣伝隊 )



キャンピングカー ZIL を買うなら 



香川県の 岡モーター 



分かりましたか!



OKA  MOTORS ですよ~





関連記事

てまひま堂の工場見学

2013.11.08.Fri.07:05

ニンニク卵黄のサプリメントを作っている工場見学をしました。



女性がこれを服用すると肌が綺麗になり、



男性が服用すると元気になり過ぎて奥様に嫌がられるよ。(笑)



嫌がられる前に他で使いましょう(冗談)



ニンニクは青森産の最高級品



卵黄は霧島の放し飼い有精卵。



これだけの説明で分からん方は是非工場見学ですよ。



工場見学は普通一週間前の予約らしいのですが、



香川県から来たことを電話で前日に伝えると、翌日2名を特別に入れて頂きました。



この工場は ISO9001認証 ISO22000認証工場です。と言っても何のことやら



さっぱり分かりませんが、ゴミ一つも落ちていない会社です。



女性社員は化粧も厳禁だそうです。そういう場所を見学する私も緊張しました。作業



工程はフルオートメーションではなく、細かい手作業も見られました。ブランドニンニク



と、ブランド卵を混ぜ合わせて、粉末にして、また液体にしてカプセル化する工程です。



無菌室などの安全衛生面では努力が目の前で見えます。



工場内は撮影禁止なので肝心な場所の写真データーはありませんが、接待サービス



の撮影はOKでしたので発表します。見学終了後に昼食が用意されているのですが、



これが、もの凄く豪勢なものなんです。



鹿児島豚のシャブシャブと、ブランド卵の卵子かけご飯なんですよ。また、お土産と



してニンニク卵黄(229-55)のサプリメント1980円分も頂けました。



*これ! ほんまに食べても構わないのですかと、思いますね~ 



Dpp_0023_2



Dpp_0039_4



Dpp_0029_3



Dpp_0037_2



Dpp_00321_2



上記のシャブシャブが全員に接待として頂きました。



Dpp_0100_2



と言う訳ですが、遠慮なしに頂きました。



これは薩摩男児の心意気でしょうな!



あいがとも さげもした。(アリガトウゴザイマシタ)



229-55サプリメント(1980円分)も、お土産に頂きました。



関連記事

第26回西日本オールドカーフェスティバル

2013.11.06.Wed.22:21

1960年代、1970年代の車が沢山ありました。



なになに、まだ生まれていなかったのですか~



そりゃ~、古いのは分からんよね・・



↓ 私、これ運転したことあるよ!



パラパラパラパラパラ・・・と言うエンジン音がします。



Dpp_0060_4



ダイハツミゼット 250cc 2サイクル短気筒 1959年製。



Dpp_0058



↓ 上のダイハツより10年くらい新しい。 左:ダイハツ 右:マツダ



ダイハツはエンジンが室内の中央かな?2サイクルエンジンです。



マツダは運転席の後ろで4サイクルV型2気筒エンジンだったと思う。 両方とも丸ハンドル。



Dpp_0041



マツダ キャロル 360cc 4気筒 リアーエンジン 登り坂は大変困りました。



Dpp_0004



スバルサンバー リアーエンジン 360cc。現在は高床ですが、この流れを組んでいます。



Dpp_0010



ホンダライフステップバン 1970年初期  現在のワゴンRやダイハツムーブの元祖さま。



Dpp_0070_3



4サイクルエンジン 360cc 2気筒



Dpp_0069_4



ホンダバモス   トラックでもない、バンでもない。1971年製 車検H27.10までで現役



Dpp_0047_2



三菱ミニカ 1969年製 360cc 2サイクルエンジン 



Dpp_0012_3



スバル 1968年製 360cc  ドアーが前開きです。乗りにくいよ。エンジンは後ろです。



後ろにエンジンが付いてるのを見て、「あれ~こいつ、前と後ろにエンジンが付いてる」



と騒いでいる奴がいた。 



Dpp_0009_2



初代ホンダの軽トラック  H27.4まで車検付き 現役だよ 1960年年代の中間で



360ccですが、もの凄く走りました。



1963年8月、4サイクル4気筒DOHC4連キャブのAK250型、通称「スポーツ・トラック」



としては販売された。当時他の軽自動車が15馬力程度だった時代、T360は倍の30馬力



で、「最高速度100km/h」で巡航可能が売りでした。 



Dpp_0035



ダイハツ・フェローMAX 2サイクルエンジンでパラパラパラパラパラ・・・ 燃費1L=10km程度



Dpp_0074_4



この車の時代これに乗れるのは、相当のお金持ちでした。会場には同形式の車が何台も



出品されていましたが、この車は今でも新車みたいでした。 これはプリンスグロリヤです。



クラウンよりもこっちが人気があったような気もする。相当なマニアがいるのですね~



Dpp_0001_2



私が一番欲しかったのはトヨタ2000GTですが、これは高くて買えませんでした。



それならば、マツダのコスモスポーツは買えるかなと思いましたが、これも買えなかった。



やっぱり、2台とも夢でした。  ですから思っただけです。



Dpp_0018_2



日産のダットサン ブルーバード1200cc フロントバンパーのナンバープレートの上側に  



穴があるのが分かりますか、  ここに起動用のクランクレバーを入れて手動でエンジンの



起動が出来る仕組みがこの時代の車にはありました。発動機を起動する感じです。



Dpp_0023



マツダファミリア 当時は非常にカッコ良かった。



Dpp_0043



ホンダシティーコンバーチブル   



Dpp_0044



日産チェリーXIR 1200cc 1974年製



Dpp_0053



これは珍しい! 当時の日産車はもの凄く走りました。それで燃費も良かった。



Dpp_0054



↓ これはナンバー付きの偽物ですが、これとそっくりで日産サニーレーシング1200ccは



富士サーキットでポルシェターボ3500ccがコースを3周する間に5周して来ました。



Dpp_0014_2



三菱ギャランGTR 当時はカッコイイと思いましたが、トヨタ、日産には勝てなかった。



Dpp_0038



同年代アメ車のムスタング とそっくりだった。



Dpp_0050_4



これは、オールドバイク 昭和20年代には、こんなのから日本は始まったのですよ!



Dpp_0003_6



******************************



この発動機 600回転6馬力だそうです。



こういう場所では出来るだけ低回転で回すのが、技術力の問題で一つのステータスらしい。



Dpp_0080





Dpp_0083_2



Dpp_0087_3



上の発動機はこの会場ではトップのスロー回転でした。1分間に100回転くらいでした。



ボギ-、パシュッ、ボギ-、パシュッ、ボギ-、パシュッ、ボギ-、パシュッ、・・・・・・・・・・・



ボギ-と言う音は吸入バルブの音(気筒内の吸入過程で負圧でバルブが自動で開く音)



パシュッと言う音は、爆発した排気がマフラーから出てくる時の音です。



オールドカーフェスティバルに出品していたオールド発動機ですが、のんびりと見ている



だけでも時間の経過を忘れてしまいました。



吸入バルブが「ボギ-」と鳴ったら、パシュッと排気ガスが出てくる。心臓の鼓動みたい



で、止まるなよ~なんて思いながら見ていました。







関連記事

長島造形美術展(九州・熊本県)

2013.11.05.Tue.23:12

みなさん!長島へようこそ! 僕はグリブーです。



なんてことは言っていませんが、このような造形物を沢山展示してありました。



2年に一度行うそうですが、島民が一致協力して出来上がった物だそうです。



天草諸島と九州本土に挟まれた島の地域、地域の住民が作りあげた作品ばかりです。



↓ この作品が一番何かを語ろうとしているかのようでしたので、ちょっと最初に。



Dpp_0016_2



すべての作品がアートなんですが、このような作品もありました。



Dpp_0011_3



ステルス機・F-117 ナイトホークのような亀の作品。



Dpp_0018



美女とキングコング と言うテーマではな~い。 



この女性はキングコングに認められた九州で一番美しい方です。 ヒソヒソ





Dpp_0019



パパペンギン ママペンギン 子供ペンギン ですが、ペンギンの胸には ホタテ貝です。



Dpp_0021



タコの頭は木材ですが、足は竹を短く切って接着剤で接続してあります。



これはみごとです。吸盤も竹です。



Dpp_0022



↓ 材料は木の皮と流木だそうです。



Dpp_0023_2



↓ これは上の説明です。 



Dpp_0024_3



↓ 材料は主に竹です。



Dpp_0030



Dpp_0032_3



Dpp_0033_2



Dpp_0025



すべて流木で出来た作品のようです。



Dpp_0027



カッパの親子 巨胸のかーちゃんカッパだわな。



Dpp_0028



ほとんどが流木や不要な雑木です。



Dpp_0035_2



その辺にありそうな雑木で造形が取れるもんですね~



Dpp_0037_2



Dpp_0039_3



象の目は小さいのですが、これは大きいのが印象的。



新聞紙で作った張りぼての上のモルタル塗装をしているようであった。



Dpp_0046



↓ 大部分が貝殻です。



Dpp_0047_2



Dpp_0048



Dpp_0049_3



竹で出来ていますが、これ何の魚やろか。



Dpp_0051_3



Dpp_0058_3



Dpp_0054



Dpp_0055_2



広い敷地内に所狭しと展示しをてありますが、出来映えの良いのやら、もう少し頑張れ!



と言うのもありました。完成までの変化を想像してみるだけでも楽しいですよ。



******************************



夜は長島にある道の駅(黒之瀬戸だんだん市場)の展望所でカンパイと夕食でした。



Dpp_0064_2



Dpp_0063_2



今日は暖かい魚介類の鍋です。



味付けは ”なっちゃん”



食べるのは ”私たち”



おいしいぞ!



この鍋の中がが次々と変化して最後には雑炊となりました。



おいしかったぞ・・・



******************************



参考:この地方の推奨焼酎は 「さつま島美人」



ある酒飲み(焼酎飲み)トレーラー運転手が言うには、ブランドの森伊蔵よりも



この焼酎「さつま島美人」の方が美味しいと言っていました。 



ほんとかな~









関連記事

金峰2000橋竹灯籠&音楽祭

2013.11.04.Mon.22:06

みなさ~ん すみませ~ん。



この2.3日飲んだ暮れていました。



金峰2000橋竹灯籠&音楽祭に行ってました。



丁度ブログアップの時間帯は焼酎の影響でラリルレロでした。



今日もちょっとダウン=ダメなんですが、無理してアップでした。



ここ金峰竹灯籠祭(鹿児島)は雨だったのですが、沢山の方が寄り集まりました。



周囲が暗くなると竹灯籠の灯が幻想的に見え始めました。



Dpp_0017_2



Dpp_0030_2



Dpp_0029_2



Dpp_0040_2



地元の小学生が作った灯籠です。 ユニークですね~



Dpp_0041_2



今年のテーマは” 夢 " です。 残念ですが、雨で少し灯籠が消えています。



それでも、綺麗でした。



Dpp_0020_3



Dpp_0024



かぐや姫のコピーバンド ↓ 平均年齢58歳のジジヤ姫などもあり盛り上がりました。



Dpp_0016_3



しゅうちゃん と、まこちゃんフオーク ↓



Dpp_0015_2



下は地元の金峰権現太鼓、頑張ってましたね~ 太鼓の迫力は気持ちイイ!



Dpp_0037_2



Dpp_0039_2



やがて、ステージも終了し 宴会タイムとなりました。 カンパ~イ!



Dpp_0050_7



警備体制も解除された地元消防隊参上!



地元火消し隊は豪傑揃いじゃ!



ブランド焼酎(佐藤)もご持参頂いたが一瞬のうちに無くなったw。



まだ酔ってないよ~



Dpp_0054



10%くらい酔ってきた~



Dpp_0058



20%くらい酔ってきた~   



鹿児島県人は酔わないのかなあ~



Dpp_0056_2



ギャ~ 全開!  全部酔ってきた~



すみませ~ん隊長 酒癖の悪いのを連れて来てしまったw。申し訳ないです。



Dpp_0100_2



私たちは金峰町の方々にお世話になったのに何のお返しも出来ませんでしたが、



快く過ごさせて頂きました。ほんとうにありがとうがざいました。



http://www.youtube.com/watch?v=_RH2R9iOHXk&feature=youtu.be



******************************



灯籠祭りが始まる前に温泉でした。



今回も画像の ”悪ふざけ、お笑い” です。



気分が悪くなった! スミマセン・・・



Dpp_0091



キャンピングカーが6台集結です。



Dpp_0003_3



Dpp_0004_2



ダッシュボードに英酒店会員証でした。



******************************



気前がイイ



男気がある。



親切だ



信じ合える!



人間性がある。



これがほんとの愛だね。



金峰町消防団さま、ほんとうにありがとうございました。





何処にあるかって?



それは鹿児島県の薩摩半島の南西の方角です。



鹿児島県南さつま市金峰町大坂「金峰2000年橋」

関連記事

いさぶろう・しんべい号の旅

2013.11.02.Sat.07:50

みなさ~ん、おはようございます。 こんにちは~



ここは何処だか分かりますか・・・



Dpp_0010



駅前にあるカラクリ時計です。 長い針が一番上に来ると「コケコッコー」と出てきます。



コケコッコーでではないですが、何と言う音楽かは不明ですが、現れる人形は殿様や



姫様ようです。



Dpp_0008_2



福岡の姉ちゃんたちと再会。



Dpp_0006



カニではありません。 レンケツキです。



Dpp_0031_2





Dpp_0017_3



ん・ん・ん・・  早く言えよ 何処なんだよ~  カラフルな列車 何処でしょうか。



Dpp_0018_2



車内はレトロ。 まだ分かりませんか・・・



Dpp_0023



この名物おじさんは、このホームで50年以上弁当を売っています。



もう、分かったですか。



Dpp_0027_2



列車を押す練習 その1



Dpp_0070



列車を押す練習 その2



Dpp_0075



Dpp_0072_2



人吉から肥薩線で吉松まで、ループ走行や、スイッチバック、高所紅葉見物の旅でした。



上の写真は人吉駅です。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。