スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンビリ行こうか、北海道 part26

2013.09.29.Sun.23:41

目指すはトムラウシ温泉



簡単に言っても遠いんです。



山の麓から40km、



その内ダートが7kmあります。



山の麓の通過時間が15時40分、



ダート入り口が16時07分、



国民宿舎東大雪荘に到着が16時27分、



山間部の舗装道路も70km~80lm/hで走り



未舗装道路もできるだけスピードには頑張った。



北海道専用雑誌「HO」記載の無料温泉までです。



燃費、走行距離、運転難易度の計算上ではワザワザ行くような温泉ではない。



でも、せっかく北海道に来ているのですから、話しの種には、良いだろうと思った。



飛ばしていると怖いのは動物の飛び出しです。しかし飛ばさないと暗くなる。



砂利道で割と凸凹がないように見えますが、何の意識もせずに走っていると



「ドカ~ン」と窪みに落ちて車内の荷物が殆ど吹っ飛ぶことになります。



Dpp_0117



突然日が差して明るくなったりもして気分が良くなるのだが。



Dpp_0121



あと何キロ、あと何キロと思いながらやっとの思いで到着しました。



温泉井戸の湯煙が見えました。



ああ~やっと  到着だ。



Dpp_0127



国民宿舎 東大雪荘 です。 よくも、まあ~こんな所に大金を注ぎ込んだものだと思う。



お客さんは殆どいないよ。 こりゃ~大赤字ですね。



Dpp_0129_3



温泉はかなり広い 誰も入浴者がいない 貸し切り状態



Dpp_0131_2



Dpp_0134



さてさて、帰りは案の定、暗闇です。



怖いな~ と思う。 それだけならよいのですが、下の写真のような道路が7km。



Dpp_0136_2



これは、まだ安全の方です。



Dpp_0137



気を落ち着けて、熊さん出て来ないで~! シカさんも飛び出しダメだよ~



なんて、心で呟く。



帰りの行程は不安と怖さの連続、パンクでもしたら電話は圏外、JAFは来ない。



もし、自分で交換なんて「熊注意」では済まないよ。



P泊場所の(道の駅うりまく)まで50kmあります。



ガンバレ・・



次は絶対お断りだ、行かないよ。

関連記事
スポンサーサイト

ノンビリ行こうか、北海道 part25

2013.09.29.Sun.14:37

紫竹ガーデン  



本日は相棒さま、ご機嫌うるわしゅうございます。



一日中、花と遊んでいたい・・・。 



ひとりの女性のそんな想いが、1万8000坪のお花畑になった。



花に誘われ、花と語らう時間の始まり。



前側の女性が、この庭園のオーナー(約88歳)



後側は誰だったかな~ (笑)



Dpp_0200



今の季節はダリアの花が咲き乱れております。 



あまりにも大きいので茎が折れてしまったらしい。 下に飾ってあったのをお借りして。



Dpp_0201_2



ちょっと気になった花を紹介します。 赤の花びらの中に白いのが数枚。



Dpp_0057



下向きになったチョウチョがいます。 このチョウチョは飛んでいても目に付きます。



Dpp_0067



この花は庭園のいたるところに咲いています。 コルチカムと言います。



Dpp_0068



これ!見て! 花びらが二重 



Dpp_0082



Dpp_0084



Dpp_0086_2



Dpp_0087



Dpp_0090_2



Dpp_0094



Dpp_0097



Dpp_0060



Dpp_0049



Dpp_0051



Dpp_0063



Dpp_0096



Dpp_0098



リスも沢山います。 こいつは逃げないので「パチリ!」



Dpp_0074_2



この日、オーナーが履いていたケロヨン   何かカワイイ。



Dpp_0040



オーナーの作業用地下足袋 販売もしている 価格不明



Dpp_0110_2



紫竹ガーデン と読みます。



Dpp_0018



入場料は500円ですが、見る価値がある。



Dpp_0019_3



Dpp_0112



このブログよりも下のHPを見た方が納得行きますよ~。



綺麗なところがあり過ぎて、選択に困ります。ホント!



http://www4.ocn.ne.jp/~shichiku/



北海道帯広市美栄町西4線107



TEL:0155-60-2377















関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part24

2013.09.28.Sat.01:41

道の駅しほろ温泉での出来事



このキャンピングカーを見ていると心まで疲れました。 と、しか言いようがないw。



このドライバーは、パークゴルフに行っています。



そう言えば大阪のWさんも車にピノキオ人形のデカイのをフロントに



ギッシリ積んでいたが、この車は運転の邪魔になるだけの見解ではない。



勝手に評価して下さい。



Img_59031_3



これは、ちょっと走りにくいのは事実ですな~



一番右のは私の車ですが、その他は全員パークゴルフにお出かけです。



北海道は立派なパークゴルフ場の無料施設が多いです。



Dpp_0004



ここの温泉はモール温泉、湯が黒い色をしています。 少し石油系のニオイがする。



Dpp_0003



香川県から、わざわざ帯広までゴルフに来ている友人さまに合った。ワザワザです。



まあ~、日本国内なのでそんなに遠くはないなあ~  なんてことは思わない。



ワタクシのZILをまだ見ていないので、ちょっと見せてあげました。



Dpp_0007



相棒さまは、まだ完全には顔の腫れが完治しておりませんが、ほんとに腫れ上がって



目が見えない状態でした。





関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part23

2013.09.27.Fri.00:01

神の子池



最近の北海道は晴れの日よりも雨の日が多い。



そこで、神の子池にお願い申しに行って来ました。



国道から林道への入り口に「熊出没注意!」と書いてある。



何か気持ち悪いなあ~



Dpp_0001



国道から2kmくらい凸凹の悪路です。



何処を通ってよいか分からないくらい穴だらけの道が延々と続く。



キャンカーが右にドヒャー、左にドヒャーと揺れてひっくり返りそうになる。



Dpp_0002



ほんとに摩周湖と地底で繫がってるのでしょうか。



Dpp_0004



1日に12000トンの水が湧き出ていると言う。



Dpp_0006



粋な御方がいるね~



Dpp_0010



ほぼ 中央、水の色が黒ずんでいる部分から水が湧き出ている。



Dpp_0012



Dpp_0014



池をクルッと回って反対側から撮影したものです。



この池までの連絡道路は未舗装の道路ですが、このまま通行量が増加したり



重量車が入り込むと、凸凹はもっとひどいことになるよなあ・・・なんて思った。

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part22

2013.09.26.Thu.00:07
野付半島を走ってみました。




知床半島と根室半島との中央付近に野付半島がありますが、天橋立と同じような



潮の流れが作り出した半島で砂嘴(さし)と呼ばれているもので28kmも突きだしています。



Dpp_0016_2



Dpp_0012_2



海抜は数メートルしかない半島ですが、海流によって作り出された物です。 



不思議な形ですが、土を盛った防波堤のようにも見えます。



北海道ならではと言う直線的な風景なのですが、20km以上も道路が続い



ていて両側が海なのです。



上の写真の半円の部分を走行した訳です。



Dpp_0003



Dpp_0004_2



Dpp_0007_3



尾岱沼・打瀬舟・北海シマエビ漁



Dpp_0018



打瀬舟による漁法を見てみたかったのですが、春は6~7月、秋は10~11月



が漁獲時期で、この9月には見ることができませんでした。



浅い海底の海草を傷つけないないため、舟に帆を張って推進力を得る漁法で



解禁時には白い帆を張った舟が早朝6時から出港し漁が始まるそうです。



水揚げされた北海シマエビはその日の内に塩ゆでされて漁港の直販店で販売



されるようです。またここには2万羽を越える渡り鳥もやって来るそうです。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part21

2013.09.25.Wed.00:40

相泊の海中混浴露天風呂 (知床半島の南側、道路は行き止まり)



それで大きさはどれぐらいかと言えば、(横は根室、縦は国後ぐらいあります。)



正確には5m×2.5m もちろん無料です。



次の入浴客が上から、早く出ろ!なんて思っていますよ・・・



Dpp_0015



湯船はコンクリート製ですが、下からドンドン自然に湯が湧いて出ています。



湯に浸かってしまうと海は見えなくなりますが、湯船の枠に座ったりするとキレイな



海がよく見えます。  混浴ですから女性にはシャツを着て頂いております。



この温泉はかなり熱いです。我慢するとパーになります。



Dpp_0022_2



同行の大阪のMさまは6ケ国語はOK!



偶然に立ち寄ったアメリカの若い女性をナンパした。



奥様が横におりますので電話番号は聞けませんね=残念!



Dpp_0020_3



温泉にも十分入浴することが出来ましたので、次は低価格な昼食です。



(タコ飯+インスタントラーメン)です。 どんな粗食でも、この温泉の横では美味しいですね。



Dpp_0025



これだけで4人前ですが、十分にいけます。



このタコ飯は知床半島の北側、この温泉の反対側の道の駅ウトロで



購入した物ですが、安くて美味しいんです。



********************************



もう一つの露天風呂 熊ノ湯温泉



知床半島を南から北に通ずる道沿いに熊ノ湯と言う無料の露天風呂があります。



人気なのか、いつも客が多い。



お~い!そっち行ったら汚いのが見えるぞ!



女はこっち!こっち!



Dpp_0030_3



女風呂は囲いの中にあり、ペチャクチャ聞こえますが、男風呂はどうしてか沈黙。



Dpp_0031_3



今日の夕日は雲に遮られましたが、下の方で少し顔を出しました。 道の駅ウトロから



Dpp_0034_3



今日は相棒さまの体調が良くないので4名さま全員お茶だ!



Dpp_0039_4



新鮮ホタテの刺身丼とは行きませんが、新鮮ホタテ皿です。



ワサビはタップリ効かせて醤油をかけて、遠慮なしに「ガブッ」 です。



Dpp_0036_2



Dpp_00421_2



ウヒョ~~~  鼻からワサビが! ワサビが! 呼吸一時停止



たまらんなあ~!





























































関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part20

2013.09.24.Tue.07:41

今日は行くところと言えば温泉に行って飯食ううだけ。



で、その温泉は北海道の雑誌[HO」で指定する無料温泉なんですが、



燃料代が往復2800円もかかりました。計算すると、「大馬鹿」となります。



昨年も師匠に「おまえ、アホカ」と言われたのに今年もまた同じこをしてしまった。



********************************



昨夜は良いムードだったのですが、



今朝、「ガタガタ、ブルブル」寒い!



ダウンベストを着ていますがサムーイ!



Dpp_0001_4



網走湖のキャンプ場は静かで眺めは最高!



曇よりしていたのですが、いきなり雨が来ました。



ゆっくりしたかったのに、大変!大騒ぎでタープなど撤収です。



Dpp_0003_3



網走刑務所、流氷博物館、北方民族博物館を見学することにした。



刑務所は撮影禁止 車両進入禁止 特別許可nasi 監視カメラに撮影された。



Dpp_0008



オホーツク流氷博物館  ここは無料部分だけ、展望台に上がって一休みです。



Dpp_0024



Dpp_0021_2



正面は知床半島です。 写真ではハッキリ見えませんね。 視界360度の展望台より。



Dpp_0023_2



北方民族博物館 



ここはかなり参考になる展示品がある。   65歳以上の老人は無料



Dpp_0032



自由にお乗り下さいと書いてあったので喜んで乗ったのはよいのだが、



ちょっと、面白いことななった。



お尻が大きいのと、足が太いのと、の合併症でスネが引っ掛かって



ニッチモサッチモ  ヘルプ↑ ヘルプ↑・・・



ほんとに抜けないんだよ。



壊すか!



Dpp_0027_3



植村直己の使用していた特注の製品



Dpp_0030



北海道に来て2回目になる店 オホーツクビールのレストランです。



北見市にあるお店 塩焼きそばが有名でサラダバーがあったりして結構楽しめます。



オニオンスープのお代わり数回、サラダのお代わり数回、コーヒーのお代わり数回



監視カメラの要注意人物になった。 まあ~ね、お代わりは無料だからね・・・



Dpp_0035



Dpp_0033



Dpp_0040



北海道は食べ物が高いのですが、こう言うお店は助かりますね。



オホーツクビール



住所: 〒090-0037 北海道北見市山下町2丁目2−2



電話:0157-23-6300



http://www.beers.co.jp/index.htm











関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part19

2013.09.23.Mon.05:03

本日はオホーツク海沿いを南下 歌登から網走までの予定です。



ほたてバーガー    



本日の昼食はここです。



Dpp_0009



ほたてのバーガーは今まで食べたことがなかった。 中身がプリプリして美味しい !



Dpp_0013



ほたての刺身 一口には食べられそうにもないので、半分ずつ食べることにした。



Dpp_0017



ワンパック 11個入り700円 食べるのは4名 計算やりにくね~ 早い物勝ちかな!



Dpp_0018



焼きホタテ 1個100円 焼くと別の味になる。



Dpp_0020



Dpp_0007



能取湖畔の日本一サンゴ草(8月~9月)ですが、 ちょっと寂しい。



平成22年度に色付きの不良を改善するため行なった園地整備が裏目に出て、



図らずも群生地が前年より縮小すると言う結果となったそうです。



〔岸洋子さんの歌〕 http://www.youtube.com/watch?v=c3qCK6Wm-8g



Dpp_0025_2



網走湖でキャンプです。 



水辺に座って 何も考えない時間と言うのも良いものですよ。



Dpp_0041



今日は夕焼けに期待していました。 



タープの中まで赤く染まりました。 感動です。



Dpp_0050



Dpp_00511_4


つかの間のキレイな西空も終わり そろそろ夕食です。



Dpp_0052



カンパ~イ 今日も幸せでした。



天候にも恵まれました。



美味しいものも食べられました。



しかし、夜はかなり寒いです。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part18

2013.09.22.Sun.08:53

一直線12km    本日はさるふつ~歌登まで走行



Dpp_0001_2



まだまだ続く



Dpp_0005_2



ウソタンナイ川の砂金取り



Dpp_0022



横に流れている川でこんなに沢山砂金が取れるのか~



でも、鮭、鱒は遡上しているのと 水が非常に冷たいので「体験砂金採取り」は止めた!



Dpp_0016



熊よけの鈴を着けなさい、と指示がある。



Dpp_0048



ちょっと怖い気持ち  ズボンのベルトに装着



Dpp_0026



洞窟探検遊歩道を歩くにも山の中ですから、熊が出る可能性がある。



それで予防に鈴を鳴らしながら、4名恐る恐る「ギャッ!」とならないように



遊歩道を登って行ったのだった。



Dpp_0030



洞窟の入り口に到着



Dpp_0031



中は非常に狭い



Dpp_0033





Dpp_0039_2



出口まで帰って来ました。そとには熊が待っているかも知れないぞ! 鈴を振りまくる。



Dpp_0040_2



この草は「すすき」か? 違うよなあ~ 宿題!



Dpp_0042



今夜は寒いので バンガローを借りました。



Dpp_0051



なっ! 薪ストーブがあるだろう   北海道は寒いんだよ。 ストーブ守りのプロが着火!!



Dpp_0053



てな状況でして 暖かくしてカンパイで本日終了。



Dpp_0056



やっぱりバンガローは安定します。暖かいわ~



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part17

2013.09.20.Fri.20:36

道の駅さるふつで夕日と満天の星空を堪能しようと思ったが、夕日の落ちる地平線には



厚い雲が重なってやって来る。 しばらくの間は何とも言えないブルーの空間が味わえま



したが、夕日は残念ながら見えませんでした。そして、その後360度の地平線が雲で覆わ



れてしまった。



Dpp_00058_3



そして反対の東側から、しばらくの間、北の名月が現れ海に反射しキレイです。



つかの間でしたが、ちょっとだけ納得のブルーの空でした。



Dpp_00070_4



********************************



朝一に、真面目ラジオ体操第一 いち、にー いち、にー・・・・・・



Dpp_0002_2



羽幌から稚内方面へ、海沿いの景色を感じながら北上。



Dpp_0010



ここ無料キャンプ場ですよ。 (初山別の灯台の下にある)



他に初山別岬オートキャンプ場もあります。



写真の中央やや右にうっすらと利尻島が見えています。



Dpp_0018



JR音威子府の待合室で真っ黒の田舎そばを購入 これ、美味しいんですよ。



Dpp_0033_2



えい!・・や~!  ジャガイモ団子でキャンパ~イ  笑わせるね~



Dpp_0048_2



今日は。こんで終わり。

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part16

2013.09.20.Fri.01:52

北海道警察本部捜査第一課の三上英次巡査部長(高倉健)を演じる映画



「駅STAITION」のロケ地、増毛の風待食堂や増毛駅、増毛市内の見学を行いました。



Dpp_0022



映画の内容は、もう一度見直さないと思い出せないが、



雪の降り積もった中の、何か暗い感じを思い出す映画だった。



ここを目当ての観光客もいるようですが、少いですね。



Dpp_0017_2



********************************



自転車隊出発!  自転車は観光案内所で無料貸し出しをしてくれます。



Dpp_0026



鮭の遡上が見られる川があると言うことで、見学に行きました。



見学は橋の上からです。実物の鮭が泳いでいるのを見るのは



これが初めてですが、大きいですね~。



ここで鮭を捕獲する装置  捕獲後人工ふ化させて放流



Dpp_0030_2



橋の上から遡上する鮭を肉眼では何匹か見えますが、写真ではハッキリ見えないですね。



Dpp_0033



次は清酒の造り酒屋の見学 試飲コーナーもあります。 これがないとね!



Dpp_0042_2



何杯飲んでおりますかな? 調子が上がったぞ!



Dpp_0039_2



もう、ええやろ~ まだかい・・・・



Dpp_0041_2



どの銘柄でも試飲可能です。適当に「よく売れているのは、一番高級なのは」



なんて言っているうちに酔って来ます。



お薦めの、前列左から2番目「特別本醸造ひやおろし」を購入しました。



Dpp_0038_2



1250円です。



Dpp_0048



この酒蔵さんには ふざけて遊べる設備もあって  ですね・・・



やってみました。 アハハハ・・・



Dpp_0051



Dpp_0050



微笑みが出る人形です。



Dpp_0057



Dpp_0059



鰊(ニシン)の最盛期の運び屋婆ちゃんの真似をして 「反省スタイルかい」



楽しかった一日が終わりました。



たまには、子供状態になってみることも大切だね。



自己満足成立!







関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part15

2013.09.18.Wed.09:48

台風もいなくなって、朝から天気がいい



大阪のMさんに教えられて道の駅新篠津のレストランへ、



現物を見てビックリしましたね~



えびの天ぷらが10匹入った天丼 です。



Dpp_0044_2



えび天丼10匹入り980円 15匹入り1300円



うわっ! こりゃ豪勢だ、なんて思いながら、ゆっくり食べるのであるが、6匹くらい



食べた頃から満腹状態に近づいて行く。大食いの方なら何でもない量ですが、直径



18㎝の丼に入った、えびの丼は半端ではない。



Dpp_0033_2



北海道の、もう一つビックリをちょっと紹介しましょうか。  



これもデカイですよ~ (容器=横35㎝ 縦25㎝)



苫小牧のイオンで超特大のカツカレーを注文した九州の英酒店ご一行さまも容器の



大きさに圧倒されて、先に満腹感が来てしまい完食出来ませんでした。御飯の量は



2kgだそうです。ちなみに価格は1200円です。



Bigkatukare



師匠もマイッタ、デカカツカレー



********************************



洞爺湖~伊達市に向かう途中で 田舎風の直販所を見つけた。



Dpp_00111



これ!何ですか? と店員さまに質問しました?



それは唐辛子ですが、危険ですので指でつぶさないで下さいね、と言います。



北海道では一番辛い ものらしい。



気さくなオーナーさまで「それ!差し上げますので持って帰って」と言う。



Dpp_0014_2



見たことありますか。



Dpp_0015



洞爺湖の東側にある道の駅「そうべつ情報館アイ」から昭和新山、有珠山を望む



Dpp_00071_2



お二人さま、いい顔してますね・・・



Dpp_0019



大阪のMさまと一年ぶりに合った。 



ナッツのキャブコンがないやん! 



どうしたん?



金に困ったんね・・(冗談)



まあ~何よりも元気が一番や



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part14

2013.09.16.Mon.22:51

今日は朝から大雨だ。 



そこで、北海道千歳の大型オープンモール



ブランド・アウトレットが揃う「千歳アウトレットモール・レラ」に行くこととなる。



AM10:00開店、一番乗りです。



最初の店は四国でもよく行くColumbiaへ入店、なんと半額!ではないですか。



アウトレットと言いますが新品だよ・・・  こりゃ~涙でるわ!



Dpp_0001_2



ここは店内は全て撮影禁止。ペットも入店禁止が殆どです。 写真は風景だけです。



ぐるっと一周するだけで約60分、お気に入りの店に出入りすると180分は必要です。



散策途中、ラーメン店で腹ごしらえです。



今日は極上メニューできばりますぞ。



このアウトレットモールには「らあめん名店街」があるんです。



看板のカッコイイ店に決めました。



頑固一徹、がんてつ です。 暖簾の前でペチャクチャ言ってるのはチャイナ。



Dpp_0010_5



入店したら、メニューを指さして これと、これ!



Dpp_0011 Dpp_0012_4



Dpp_0020



Dpp_0019_3



違いはコーンが有るか、無いかだけです。



なるほど・・・美味しいですね。



並んで待った甲斐がありました。



撮影禁止ですが、こっちょり とパチリ!



Dpp_0021_4



千歳アウトレットモール・レラに ど~んと座っています。



レラコッタです。 素焼きの植木鉢ばかりで作られています。



最終には、これを眺めながら、さよなら・・・でした。



Dpp_0032_6



********************************



千歳のアウトレットモールから洞爺湖を目指して走行していると、



きのこ汁100円で有名な店きのこ王国があります。



そこで、このでっかい ジャガ芋コロッケ100円 を買った。



Dpp_0033



ついでに、おでんも買った。2本で150円×2-60円、一本120円です。



Dpp_0034



夜の御飯と一緒に食べましたが、コロッケが半分残りました。



今、道の駅(そうべつ情報館アイ)洞爺湖の近くにたどり着いていますが、



台風18号の余った風がキャンカーをドド~ンと揺さぶってくれています。





関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part13

2013.09.16.Mon.03:26

幸福の黄色いハンカチ



Dpp_0012_4



この映画で一番緊張した場面、感動した場面は上の写真のところですね。




早く帰って来て~と言う願いと、正々堂々と帰れないと言う思いの映画でした。



そして、今



何のために黄色いハンカチを沢山ぶら下げているかを知らない人がいますね~



映画を見ていないのかも知れない。



Dpp_0016



テレビでも、時たま放映されている高倉健の映画です。



そのロケ地が、今もまだ有名なのが北海道の夕張です。



小屋の中に黄色い短冊を記念に天井、壁と隙間無く貼り付けていますが



映画の内容など関係なく、、ただ貼り付ければ幸せになれるんだと思って



いる人がいるのではないでしょうか。



それにしても、凄い数です。何万枚あるのか。



Dpp_0007



Dpp_0006



まあ~ 殆どの貼り紙が願掛け神社状態ですが、中には頼もしいのもありました。



Dpp_00051



まあ~入り口がこんなですから、貼り紙に書く内容は、宝くじが当たりますようにとか



家族が幸せでありますようにとかですね。(お賽銭箱がなかったな~)



Dpp_0014_2



まあ~堅いこと言ってたら、始まらんよね・・



********************************



夕張炭鉱をちょいかじり



Dpp_0027_2



大昔の手掘り



Dpp_0037



現代の機械掘り



Dpp_0064_2



Dpp_0052_5



このように安全対策は施されていても、落盤事故や突然のメタンガス噴出で



事故があとを経たない。  



構内で働く夫は家族に作業状況や仕事の詳細は話さなかったそうです。



私は、いくら賃金が高くても絶対このような場所では仕事は出来ませんね。



見学するだけでも命がけだよ!



Dpp_0061_2



Dpp_0069_3



賃金アップ、安全アップ



要求貫徹



労働組合も頑張ったよなあ~



炭鉱で頑張った皆さんご苦労さまでした。



今は石油燃料が出て来ると石炭は時代から遠ざかってしまいました。



北海道に来たら、ここは絶対見学して下さい。



見学時間は1~3時間は要します。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part12

2013.09.15.Sun.02:39

道の駅忠類のキャンプ場から、おはようございます。



今日は良い天気です。



芝生は夜露でベタベタ



タープもベタベタ



Dpp_0001_2



今日の朝食 目玉焼き、ハム、ポテト、味噌汁 ごく普通なんですが、特に美味しい。



Dpp_0003_3



師匠が牛を呼び集める特殊な技法を披露してくれました。 ほら!集まってきたでしょう。



おーい、みんな集まれ! と言っただけですけれど不思議?



Dpp_0011_3



太陽の森ディマシオ美術館



全ての油絵が、身体は人間であるが頭がSFのような不思議な油絵です。



そして、殆どの作品の顔の目玉が黒となっている。



Dpp_00201



この油絵の感想はと言えば、SFの世界みたいですが、どう判断したら良いのか・・・



Dpp_0021_3



立て9m、横27mの世界最大の油絵です。鏡によって更に大きく見えるようにしています。



これは単なる数値だけですが、百聞は一見にしかずです。



Dpp_0015_5



Dpp_0017_3



廃校になる小学校をリニューアルして美術館にしたものです。



Dpp_0027_3



太陽の森ディマシオ美術館



北海道新冠郡新冠町字太陽204-5



TEL 0146-45-3312

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part11

2013.09.14.Sat.07:39

朝から 甘い! 甘い! 甘い・・・・・です。



私のは一番小さいケーキですが、一番美味しい と自分だけで思っています。(^^)



ケーキを買うと、コーヒー、お茶は無料で何杯でもOKなんです。



斯く斯く然々、180円~200円と安いw



Dpp_0007



Dpp_0001



柳月 http://www.ryugetsu.co.jp/



定期観光バスも指定コース内ですね 黄色いバスがそうです。



そして、ニコニコして食べれば、尚更に美味しい。



言っておきますが、甘いです。



必ず腹のどこかに蓄積いたします。



Dpp_0013



愛国駅見学です。



Dpp_0030



駅舎の中に沢山貼り紙をしてある。 面白いのが目に付く



Dpp_0027_2



これ!色々な意味に取れるが、 さて!・???



Dpp_0029_3



次に幸福駅に行ってみると駅舎がありません。



建て直しをするようですが、次は、情緒のない幸福駅になるのではと心配。



Dpp_0057



撮影用の乗車券を拝借スタイル(笑)



Dpp_0058_2



花畑牧場  



キレイなんだけれど、草が沢山見える 一部従業員の態度が北海道らしくない



http://www.hanabatakebokujo.com/



Dpp_0066_3



ソクトクリーム横取り作戦



若い子が買って食べていたので ちょっと真似をする。(笑)



Dpp_0070_2



第1カンパ~イ   もう、一日が終わってしまったよ~



Dpp_0074_2



第2カンパ~イ ワインで、ちょっとお洒落に 



Dpp_00761



Dpp_0083_2



ダンダンと夜が更けて行く 



でも、こんな時間が最高なんだ!



外は夜露でベタベタ



今夜も楽しい話しで盛り上がっている。



私達は、お腹は満腹



もう眠いよ~



H式観光部長はお疲れモード



忠類の無料キャンプ場ですが、周囲は全部芝生です。



そして、沢山のキャンパーがいます。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part10

2013.09.13.Fri.02:03

本日の予定は、足寄の道の駅から帯広の道の駅までです。



然別湖(シカリベツコ) 標高810mに位置し、北海道の湖では最も標高の高い場所にある。



古代の火山の噴火口の陥没によって生成されたカルデラ湖とも、火山の噴火で川が



堰き止められて作られた火山性椻止湖とも言われている。周囲は13.8km、最大深度は



108mである。



コタンの神秘の湖 然別湖



Dpp_0005



然別湖遊覧船乗り場



遊覧は一人1000円



約40分間で湖を一周します。



Dpp_0023



風景の変化を感じながら



Dpp_0019_2



夢物語のような感じのする湖の表面



Dpp_0004_2



Dpp_0006



もうすぐ、紅葉と言う感じ



Dpp_0013





Dpp_0015



湖には、「弁天」と呼ばれる小さながあり、小さな鳥居が立っている。



Dpp_0018



然別湖遊覧が終了したあと、湖畔の水辺近くにある足湯でしばし風景と温泉を堪能する。



Dpp_0024



熱い! 温泉の吹き出し口は手を10秒以上温泉に入れておけない。



Dpp_0026



キタキツネ 餌を求めているのか、逃げない



Dpp_0029



もう、直線道路に慣れてきました。眠くなるので要注意!



Dpp_0031



地下250mから汲み上げているという深層地下水



Dpp_0032_2



地下水の噴き出し口 凍る直前のように冷たい



Dpp_0039



Dpp_0042_2



やって来ました、十勝ワイン工場



Dpp_0057



無料試飲ワイン 有料試飲もあるが、もちろん無料だよね。



それが、私達だけなんです。皆さん有料試飲の方に行ってます。



だったら、この樽全部飲んでやるぞ!



Dpp_0063



私しゃ、運転手 匂いだけで我慢です。



Dpp_0069_2



ワインのことは何も分かりません。 この工場でお薦めのちょっと高価な物を購入した。



Dpp_0073_2



十勝ばんえい競馬の前を通過すると駐車場には沢山の車があったので立ち寄ってみた。



レースは土曜、日曜、月曜ですから、この日は残念がら挑戦出来ませんでした。



Dpp_0080



前回は300円の損額でした、今回は取り戻してやる~なんて意気込んでいましたが、



競馬場がお休みで残念でした。 どうやって良いか分からないので聞きまくりで挑戦



するのですが、これで儲けようなんて考えはありません。100円から500円のお遊び



なんです。馬が上の250kgもあるソリを引いて走る醍醐味の方が凄いですよ。



と、言う訳で走り走り一日の終了。



今日は私達2名だけで行動しました。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part9

2013.09.12.Thu.08:45

網走湖の湖畔のキャンプ場 です。



早朝の湖、いいですね~



この湖は淡水湖で早朝にシジミ取りを開始するそうです。



AM6時頃だと教えて頂きましたが、ちょっと寝坊でみることが出来ませんでした。



Dpp_0010_4



湖畔で朝食  手の込んだホットサンド、簡単に出来る鍋焼きビビンバです。



ホットサンドの外観はごく普通のトーストですが、中にはチーズ、ハム、玉子などが



入っていてかなり美味しいのです。



Dpp_0006_6



ヒマワリ畑を見て       空がキレイ     ヒマワリがキレイ



Dpp_0018



真っ直ぐな道路を何十キロも走って、やっぱり本州や四国とは違うなあ~なんて思う。



Dpp_0023



薄荷(ハッカ)記念館を見学  北海道北見市南仲町1丁目7番28号 TEL0157-23-6200



Dpp_0026_2



現代は化学合成のハッカが出回っている中、この記念館の中を見学すると天然物が



心に残ります。北海道の北見が生産高、日本一だそうですが、ここに来てちょっとだけ



勉強すると、重要なことが参考になりました。



Dpp_0031_3



昼食は一見セレブ風の館で   



住所: 〒090-0037 北海道北見市山下町2丁目2−2  電話:0157-23-6300



Dpp_0033



塩やきそば この店の美味しいメニューNo1 : ボリューム満点の塩やきそば



大きなホタテ貝が2個、キノコに玉ねぎが見える。隠し味の取り方は分からない。



Dpp_0039_4



オンネトー アイヌ語で古びた湖  近くにある温泉が、これまた良いのだ。



Dpp_0044_2



オンネトー温泉 温泉に入浴すると強烈な石油のニオイがする。 目に入ると



痛いよ。石鹸の泡は立ちにくいのですが、このニオイが嫌いな方はさっぱりダメだね~



この写真撮影大変だった。目に石けんと温泉湯が入り込んでさっぱり見えません。



撮影方法は棚にカメラを置きタイマーで位置はおおよそで撮影します。防水カメラです。



Dpp_0002



足寄は松山千春で有名な町  



松山千春の「旅立ち」の映画のロケセットの家。 



ワハハハ・・・我が家に似てる。



Dpp_0052



松山千春の実家



Dpp_0054_2



カンパ~~~イ! 足寄の道の駅でP泊



Dpp_0059



Dpp_0061_2



上の写真 刺身の下にあった大根のつまです。 これは日本一ですよ・・・



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part8

2013.09.11.Wed.01:34

みなさ~ん、おはようございます。



美味しいホットケーキですよ!



ほんとに美味しいんです。



Dpp_0034



朝食は昨夜の肉ジャガとサラダとホットケーキです。 



これが以外とノンビリタイムなんです。



Dpp_00381



別海町から、一直線のパイロット道路241号線で弟子屈まで、走っても走っても



気の遠くなるような一直線です。



Dpp_0039_3



70kmくらいで走行していますが、北海道の方はもっと飛ばします。



Dpp_0040_2



阿寒湖の横にある、アイヌの商店街に到着です。 昼食メニューは何にすると言っても



都会のような感じのものはありません。そこでちょっと洒落た店に入ってみました。



Dpp_0012



カレー専門のようです。カレーとは言わずカリーと言います。そしてスープカリーなのです。



Dpp_0017



ちょっと戸惑いましたが、スプーンに御飯を乗せてカリースープに浸して食べればOKです。



Dpp_0020



アイヌのお土産を沢山販売している商店街です。アイヌ風と言うか古風です。



Dpp_0010_2



アイヌの守り神のフクローを上に装飾したタバコの灰皿、町の所々に置いてありました。



アイヌを宣伝しているようにもみえます。



Dpp_0024_2



網走まで走行して網走湖の湖畔でキャンプです。



湖畔の雑木林の中にタープを2連構築し楽しくワイワイです。 



まずはカンパ~イ! 



女性3名の指にはキラキラと輝く偽物ダイヤ。(これでもみんな幸せなんです。)



アイヌの商店街で380円で買ったらしい。



Dpp_0047



簡単な説明では分かりませんが、イカのサラダ風(ウエヒダリ)、麻婆豆腐(ウエミギ)、



ジャーマンポテトピザ(シタヒダリ)、鍋焼きビビンバ(シタミギ)などがあります。



全部超美味しいですよ。



Dpp_0048 Dpp_0049



Dpp_0050_2 Dpp_0052_8



今回は男性コック長さま、2名も同行しておられますが、やはり女性連の料理に対する



お力は頼もしいものがあります。わたしは何も出来ない無力者で情け無い話ですが、



これからも依存するより他はありませんのでよろしくお願いいたします。







Dpp_0052_6

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part7

2013.09.09.Mon.07:44

本日は雨なり・・



北海道は雨ばかりでキャンプ場から移動出来ない。



と、言う訳でキャンプ場に隣接するモール温泉で静養となる。



キャ~! またまた、お騒がせ致します。(笑)



Dpp_0032



キチャナイから、アップするな! と言ってるの? 



まあまあ~、怒らないで アホやなあ~と笑ってくらさい・・・



********************************



女性達には毎度お世話になっておりますので、今日は男料理を致します。



女性達は自分の好きなことをやっているだけです。



Dpp_0002_3



Dpp_0003_2  Dpp_0004_3





Dpp_0005_3  Dpp_0006_4



完成しました。



制作は一流シェフですから、普通のスパゲティではありません。



Dpp_0014_2



おっ! 大きな爪楊枝が入ってるぞ!  (安心して下さいウインナーです)



Dpp_0019_2



女性連はほぼ一日中アートフラワーです。



男だったら、面倒だ!止めた!と言う細かい作業です。



Dpp_0012_3



Dpp_0011



可愛い花びらなんです。 大きさは10mm程度。



Dpp_0010_2



眺めていると、やはり女性だなあ~なんておもいますね。



Dpp_0022_2



再び夜が訪れました、新たなるカンパイ儀式です。



Dpp_0027_2



Dpp_00251_2



左からアップルワイン、ブラックニッカ、余市 全部ニッカウイスキー社製品です。



チビチビとオンザロックで



ガブッと炭酸割で



香りを味わいながら、ストレートで



覚えていないけど、いっぱいしゃべって



そして、大笑いして



今日も夜が更けて行く。



別海町ふれあいオートキャンプ場で楽しい一日でした。



北海道野付郡別海町別海141-4



0153-75-0982

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part6

2013.09.08.Sun.00:14

根室カニ祭り開催



行きましたよ。四国からワザワザです。



会場には、真っ赤に茹で上がった 花咲ガニが山積みされています。



北海道の方は金持ちが多いらしく、沢山売れています。



私らも負けずに財布のヒモを1500円分だけ緩めました。



生きた花咲ガニを目の前で茹で上げて貰った物を買いました。



これは商店に並んでいるものより、更に新鮮ですよ。



先着50名さま、13番取りです。



価格は特別価格の激安1500円ですぞ!



Dpp_0099_4



25分煮込むと出来上がります。 



花咲ガニは最初、茶色なのですが湯に入れると一瞬で真っ赤になります。



Dpp_0116



さあ~出来上がりました。 



何処のテレビさん、望遠で頼みますよ。邪魔!邪魔なんです。



相棒がカニを受け取る一瞬を撮影しようと思ったら、なんで前にくるんや馬鹿たれ!



Dpp_0124



先着50人中、13番で購入権利を勝ち取った花咲ガニです。



小さいようですが、それがどうして二人で食べても十分に満足出来る。



Dpp_0135



そのまま、噛んだりすると危険なのでハサミで細かく切断します。



Dpp_0138



花咲ガニ早食い大会



さあ~、スタート 90秒で勝負。 普通は60gから70gらしい



Dpp_0147



Dpp_0151



Dpp_0154



若い子連の応援団 こっちの方も元気で楽しかった。



Dpp_0145



こりゃ~優勝だと思ったが、それほどでもなかった。 食った量は女性に負けたね。



Dpp_0146



第二チームの優勝者は九州の女性だ、



猛烈食いをしていた男性を尻目に一番だよ。



ここで新たに女性の怖さを知ることになった。



Dpp_0153



安い価格の花咲ガニもあったが、冷凍です。  



試食しましたが、価格から言えば、これが最低価格らしい。



Dpp_0008



向こうまで、どどどどど・・・と並んでいます。 この辺は一匹2500円ぐらいだった。



ここの花咲ガニも試食しました。価格が高い分、美味しい。



Dpp_0012_6



キロあたりの単価じゃね~ 高いですね。  これが飛ぶように売れてましたから、



上の写真2枚はAM7:00に撮影しました。この時間から活気だっていましたね・



Dpp_0006_2



ちょっと言わせて貰わないと気が済まないよ~ 



下の写真、ご夫婦の奥様はミニスカートだよ、



聞いてビックリするなよ・・60歳くらいだったな~



みんな元気出しなよ!



Dpp_0004



花咲ガニ販売店のオバチャン キレイに撮って~お願~いと言う  限界! ごめんね~



Dpp_0035



根室から、一時間くらい離れた別海町のキャンプ場です。





Dpp_0157



仲良く、カンパイの儀式



Dpp_0163



寒い時は鍋ですね~ 先日ジャガイモ掘りを見ていた時に頂いた芋で肉ジャガです。



Dpp_0166



私達のメンバーの中の料理を得意とするS主人さまに、本日はお任せ・・・です。



美味しかったですね。mg単位での美味しさでした。

































































































































































































































































関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part5

2013.09.07.Sat.09:27

お待たせいたしやした~



ノンビリ北海道ですよ~



向かって左:私 右:知らない人



この温泉、気持ち いいんですよ。



湯は真っ黒 モール温泉です。



Dpp_0064_2



炭酸とメタケイ酸が入っていてお肌にやさしいモール温泉!



クローバーハウス



********************************



今日は心地良い朝



Dpp_00021_5



ちょっと、霞んだようにみえますが、肉眼ではハッキリ見えるのです。



私のカメラは3000円もの、キレイには写らない  ほんとはもの凄く感動しています。



Dpp_0003_2



朝食です  炊事棟の中で食事 こちらから風景はZIL520が邪魔をして・・(^^)^^)



Dpp_0007



「あっ!ジャガイモ掘りや」 根室に向かってノンビリ走っていると。



Dpp_0012_3



北海道は手では掘りませんよ。



Dpp_0015_2



「ジャガイモをあげましょうか」 「は~い、頂きま~す」 



撮影しているとこんな風景  何か心の奥に「来て良かったね~」なんて込み上げて来た。



Dpp_0023_2



北海道ばんざ~い!



「これ男爵芋だけど・・・、」 なんて説明してくれますが、受け取る方は夢中です。



「うわ~、ありがとう御座います。」 感動の一瞬でした。見ず知らずの人にこんなに



優しくしてくれるなんて嬉しい限りです。



Dpp_0025_3



北海道らしい光景 ですね。薬剤散布かな?



Dpp_0036_3



足寄の道の駅でラワンフキのことを訪ねたら、ラワンフキのシーズンは終わって



しまったが、葉っぱがかなり見栄えの悪い状態のものが近くにあるので見物して



来て下さいと教えてくれました。 



大きいですね~ ビックリしました。



Dpp_0041_2



Dpp_0044



Dpp_0047



アイヌ商店街 昨年も訪れたが懐かしい



阿寒湖の町並みにある土産物売り場商店街です。根室に向かう途中寄ってみました。



昨年、訪れた時は、右側の店の主人(アイヌ)と外でコーヒーなど一緒に飲んで楽しみ



ました。「こんにちは!」と言うと、「おお!元気か!」と声が聞こえました。 覚えていて



くれました。この店の奥様はわが郷里、四国・香川・高松の方なのです。懐かしいな~



Dpp_0050



爆睡常習者 本日は尚更に態度が悪い!



Dpp_0053



ニッカ・ニッカ・ニッカ~~~  ブラック+ワインなり~



Dpp_0059_3



カンパイ常習者集合 です。



本日は師匠の車を占拠して 



楽しいのが倍増



食料は半額弁当を買って



何で瓶を持ってるかって?



myコップを持って来るのを忘れたのです。



すぐに自分の車まで取りに帰りました。



師匠にはもの凄くお世話になります。



名古屋のSさま、お初にお目にかかります。



香川のINSSさん元気です。



と言うことで本日は6名揃っております。



よろしくお願い致します。



何で、ここ根室港に居るかと言うとカニ祭りなんです。



ノンビリ行こうか、北海道 part4

2013.09.06.Fri.02:47

美瑛、富良野に来れば、何と言っても花と風景ですね~



北海道のH級総合ガイドさまに連れられて楽ちんの旅がスタートです。



ここの風景、最高にキレイ! ほぼ360度、こんな風景の富良野です。 



Dpp_0004



アルパカ牧場 展望花畑 美瑛、四季彩の丘



Dpp_0050



Dpp_0017



Dpp_0025_2



Dpp_0028_2



Dpp_0029



Dpp_0038



Dpp_0041



この風景は、何だか ロマンティックで 和やかな雰囲気なんですよ。 いいですね・・・



Dpp_0047



Dpp_0033_2



面白いものを発見 ↓



日本語の分からない外国人は自国語の案内パンフレットを取れませんね。



係員に指摘したら、今まで気が付かなかったと言います。



Dpp_0049



********************************



ジョットコースター通り   一直線で凄い上下があります。



Dpp_0069_4



********************************
北海道の中心は富良野にあり



Dpp_0092



中心と言えばヘソ  へソと言えばヘソ祭りイベント もう終わってました。



Dpp_0091



********************************



今夜はこんなキレイな風景のキャンプ場です。 この景色の中では沈黙です。



Dpp_0122



今日はオシャレにワインカンパイなんです。 なんでかな~



皆さんに秘密にしておりましたが、私のキャン車、乗り換えを祝ってくれました。 



ありがとう御座いま~す。



ん・・何、何!



もうすぐ何か分かりますよ。



あっ、そうそう!本日のタープ内パーティはオシャレ仕様です。



テーブルクロスは見た事もないコールマンなんですよ。 オシャレですね・・・



Dpp_0124



そして、特製餃子で盛り上がる・・     一人分、25個です。 



Dpp_0127



夜は物音がすると ちょっとビビル 静かなんですね~。 



そして、ここは北海道の夜なんですよ~。



Dpp_0138_3



遠くに町明かりを臨みながら



今日は最高の一日でした。



H級ガイドさまのお陰ですね。



感謝! 感謝! です。

関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part3

2013.09.05.Thu.01:41

北海道のビールと言えばサッポロビールですね~



今日は試飲を楽しむためのサッポロビール工場見学です。



私しゃ、ドライバーじゃけんアルコール禁止、それで相棒さまだけが飲める訳です。



いや~、実に楽しいイベントなんですよ。



20分間で2杯までOKです。



北海道限定サッポロ黒ラベル+ノンアルコールの黒



サッポロビール式カンパイは、「カンパーイ」ではなくて「サッポロー」です。



Dpp_0032_2



しかたない! ノンをノンで我慢!  ちゃんと、(飲んだらダメお守り名札)を頂いております。



Dpp_0046_2



ノンアルコールビールでも、製造直後の製品は、もの凄く美味しいのです。



ちょっとお遊び、このビールは偽物です。レストランの入り口にあった装飾品



試飲2杯で0.5リットルくらい飲んでいますので、もう上機嫌ですよ。



Dpp_0053_2



今日はサッポロビール工場の見学者が多いらしい、予約をしていなければ工場見学が



出来ないようですが、突然の申し込みにも優しく対応して頂き1回遅れで参加出来ました。



Dpp_0023_4



********************************



今日から、友人さまが一緒にいてくれます。  さて誰でしょう。



サッポロビール工場から北へ130kmのところにある十勝岳温泉で合流です。



P90420451



カンパ~イ! 固い絆に思いを寄せて・・・てなもんでして、嬉しいですね。 



Dpp_0059



今日の禁酒日は禁止、長い間北海道で再会を待ってて頂きました。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道 part2

2013.09.04.Wed.00:47

今日は積丹半島の海底見学をしました。



Dpp_0013



Dpp_0023



Dpp_00261



黒い点々はウニです。 これだけ沢山いれば食べても無くなる心配無し。



Dpp_0028_3



Dpp_0031



グラスボートの乗務員が用意してくれたパンの端切れをカモメに与えるお遊び時間です。



ドッ!  急ブレーキ



Dpp_0054



リャッ!   パンの端切れを上手に取って行きました。



Dpp_0049



相棒さまが近くの漁師さんの船の横でガラス製の浮き玉を見つけて漁師さんに



これ売って下さいなんて注文を付けています。気前の良い漁師さんで全部無料で



やるから持って行け!なんて言われて喜んでいます。



「車の何処に収納するんや・・・」ですよ。



これから先が思いやらされるよ。



Dpp_0009



カモメとカラスのケンカ カラスが負けました。いちゃもん付けたのはカラスです。



Dpp_0073_3



札幌近く来ると札幌ラーメンを食べたい! 



ウロキョロしているとそれらしい店があったので入店。



ラーメン 下さ~い。



Dpp_0093



Dpp_0095_2



チャーシュウは中に大きいのが潜水艦状態。 



Dpp_0096



熱いんだよ! このっ!



Dpp_0106_2



Dpp_0108



塩ラーメンと味噌ラーメンを作ってもらいました。



大きい丼にちょっと多めの麺、完全に食べられませんでした。



Dpp_0090_2



店の中、ガラクタを上手く並べてキレイにしていますが、



BGMがラップなんじゃ 



もう最悪ですよ。



ラーメンにラップなんか合う訳ねえだろ! 



バカじゃねえの。



まあ~味の方はマズマズだったので許しましょう。



マズいマズいだったら、ガチン!



ガムシャラと言う店でした。



関連記事

ノンビリ行こうか、北海道

2013.09.03.Tue.00:03

今日は北海道に来て2日目です。



昨夜から(道の駅いわない)で泊まっていますが、



何処に行こうかと考えていた時、私達の故郷、



香川県高松市に昔住んでいたと言う北海道の



方が私の車を訪問して頂きました。



そのついでに北海道の情報も教えて頂き用ました。



今日は近くの(道の駅スペースアップル余市)まで



移動し、ニッカウヰスキーの工場見学と決めました。



Dpp_0066_5



工場見学と言えば試飲目的もあります。 



10年物 17年物と言うウイスキーを試飲させて頂けます。



Dpp_0075_5  Dpp_0076_14



お代わりし放題で もう、顔は真っ赤、足はヨレヨレです。



Dpp_0086_4



ちょっと 良い気分になって 写真撮影。



Dpp_00631_2



ニッカウヰスキーの工場見学では最初に蒸溜釜をみます。順路1なのです。



順路2~順路11の写真は省略して順路12は試飲会場なのです。



Dpp_0059_4



ニッカウヰスキーの最初の製品です。 これ、価格はいくらくらいだろうか。



Dpp_0069_5



********************************



(道の駅いわない)から、(道の駅スペースアップル余市)方面に移動中、きのこ王国を発見!



Dpp_0015_3



美味しいキノコ汁を頂きま~す。



Dpp_0038_5



キノコ汁1000円×2 キノコ炊き込み御飯250円 昼食はこれだけです。



Dpp_0040_2



キノコ天ぷら盛り放題380円なのですが、今日はやっておりませんでした。



Dpp_0035_14



きのこ王国に隣接して地産地消に新鮮野菜市場があります。



この地方はトマト栽培が多いらしく、店内はトマトの山です。



Dpp_0016_5



Dpp_0017_4  Dpp_0018_2



Dpp_0019_5  Dpp_0020_11



Dpp_0022_5  Dpp_0024_7



Dpp_0027_2  Dpp_0021_6



遠慮せずに試食のトマトを頂きました。  ほんとに甘くて美味しいですよ。



********************************



今夜のP泊場所(道の駅スペースアップル余市)の駐車場に、誰が見ても汚い



キャンピングカー放置展示してあります。ボディーの側壁には注意勧告書らしき



物を貼られた跡が残っています。 



Dpp_0047_5



Dpp_0048_13



何が買い得か知れないが、異臭がします。こんな汚いキャンピングカーを見たのは



初めてです。

















関連記事

北海道に着いたdo

2013.09.01.Sun.21:11

さあ~、北の温泉三昧だよ~



北海道には無料の温泉が多い!



北海道の無料の温泉を紹介する「HO」も二冊買った。



昨年より、無料箇所が13箇所も減っている。



このHOを購入しないとむりょうには



Dpp_0004_2



夕方、函館に着いて、大型マーケットダイエーで夕食とHOを購入し、見晴らしに良い



キャンプ場に泊まることとなった。しかし、あいにくの雨で景色は全くダメでした。



函館から近い北斗市きじひき高原キャンプ場、オートキャンプ(300円)です。



他の県市町村関係者さま、北海道に見習って欲しいと思う! 



ゴミも引き取ってくれますよ。 



Dpp_0005_4



今夜は特別メニュー 海鮮丼と大間の「さつ丸」船長の奥様から頂いたウニです。



北海道、初日から本場のウニですからね。



Dpp_0001_4



********************************



北海道までソフトクリームを我慢していた相棒さまに今日は第一段を用意しました。



それで今日は高速利用で北斗からニセコまで移動です。



途中、八雲パーキングエリアで面白いイベントを発見。



ジャガイモ、トーモロコシ、枝豆 各詰め放題200円です。



相棒さまも、やりたい様子なのですが、持って帰るには、ちょっと期限に問題が



あるため、残念ながら諦めました。



Dpp_0009



ほれっ! もっと詰めろ~、 楽しい一時、 



少々手で持って帰っても お構いなし。



これだけ、200円です。



Dpp_0012_13



落ちないように、慎重に!!、



大阪の方でしたが、これっ!大阪で2000円はすると大喜び!



Dpp_0018_2



大量補給です。



Dpp_0020_2



落とすなよ!   上に3本載せて上げて、重たいよ~ これでも200円



一本くらい口にくわえていても構わない。(笑)



Dpp_0031_2



枝豆は、あまり人気がない。 枝から取り外さなければならないからだ。



Dpp_0011_4



他にも、地元の魚の干物類も売っていました。



鮭の塩漬け、試食は美味しかった。 買いました500円でした。



Dpp_0034_4



トモロコシの補給係が待機しております。  



Dpp_0006_5



さ~て、ニセコヌプリホルスタインズ ミルク工房 に到着





北海道まで我慢した甲斐がありましたね~



やっとソフトクリームにありつけました。 バンザ~イ!



Dpp_0053_5



シュークリームも買った。 檄ウマですよ・・・



Dpp_0061_2



http://www.milk-kobo.com/



http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/01/area/t_14/



驚いたこと  ここを訪れるのは殆ど若い方ばかりです。年寄りは私達だけでした。



















































































































































































関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。