スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の奥深くのランプの湯

2013.08.31.Sat.23:14

ナビゲーションが左に曲がって下さい。と言う



えっ!、この坂道上がれるの・・と言うくらい急勾配



やっと頂上に着いたら、今度は急な砂利の下りが続く



着いたと思ったら、駐車場から、急な下り坂を歩きます。



ランプの宿・青荷温泉 です。



Dpp_0058



Dpp_0002



Dpp_0037



照明は全てランプ   丁度、各部屋、風呂、廊下などの照明の準備中でした



Dpp_0006_2



Dpp_0005_2



清流沿いに温泉施設が建っています。



Dpp_0031



父ちゃんの湯 母ちゃんの湯 これ、いいですね~



Dpp_0016_3  Dpp_0015_2



Dpp_0022



Dpp_0024



この風呂は時間差で女性専用になったり混浴になったり なんです。



Dpp_0027



Dpp_0041_2



Dpp_0052_2



全部の風呂が掛け流し温泉です。 



洗い場に水道設備はありません。 掛け流しの上がり湯だけです。



Dpp_0033



Dpp_0034_2



温泉施設内では今までにないニオイがします。



それはランプの油のニオイなのです。



風呂場では檜の香りと交互に、このランプのニオイを嗅ぐことになります。



また、これがレトロなんですね~



Dpp_0035_4



どうですか、こんな温泉に入って見たいでしょう。



秘湯中の秘湯ですよ。 紅葉時期は最高ですね。



ここでも、あの 「まっとうな温泉の小冊子」が有効です。 



それで無料と言うことになりました。



こっちは無料で入浴なのに ゆっくりして行って下さいね~なんて旅館の



皆様が言ってくれるのです。 ありがとう御座いました。



ほんとうにうれしい思い出になりました。



青荷温泉ガイド



所在地 〒036-0402
                  青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7
℡ 0172-54-8588 Fax0172-54-2655
                公式サイト: http://www.yo.rim.or.jp/~aoni/



宿泊施設
                  本館・水車館、離れ三棟                  全和室、宿泊人数:100人
                  (浴衣・タオル・ハブラシの用意あり)
風呂(四ヶ所)
健六:(男女別)  内湯:(男女別) 滝見の湯:(男女別)
露天風呂:(混浴:レディース・タイム有)







































































関連記事
スポンサーサイト

田んぼアート

2013.08.31.Sat.00:49

「おっ!おっ!おっ!」 ’最初に出る言葉です。



こんなスゴイアートは初めて見た



正確で立体感があるのだ



これ、分かりますか?



分かるよね~



マリリンモンローです。                             ↓ 小屋



Dpp_0007



もう芸術ですね。 全部、色の違った稲で田植えの段階から決めているのです。



Dpp_0010_2



役所の4階の展望台から、見物出来るように設計されています。



Dpp_0013_3



Dpp_0018_3



昨年の作品 



Dpp_0021_2



別の第2会場にも、もう一作品作ってあります。 



道の駅いなかだて 弥生の里に ウルトラマンの作品 がありました。



第1会場のオイランやモンローのような細やかさはありませんが横に大きいです。



Dpp_0032_4



下に降りて近くで見ると何であるか、判別出来ません。



Dpp_0026



田んぼアート 稲は9種類です。





Dpp_0028_2



田舎館村の役場です。 



役所が村おこしのために建てた天守閣です。 



これが、田んぼアートを見学する展望台なのです。



Dpp_0027



何から何まで立派ですよ。 村なんて どう見ても 思えません。 城ですからね!



Dpp_0029_2



入場料金が300円ですが、見学者の多いのには驚きです。



土日となれば展望台に上がるには2時間待ちだそうです。



九月いっぱいは見られるようなのでお早目にどうぞ!



田舎館村役所



青森県南津軽郡田舎館村大字田舎館字中辻123-1 



電話 0172-58-2111内線242 



FAX 0172-58-4751



ライブカメラ http://view.aomori.isp.ntt-east.co.jp/



          http://view.aomori.isp.ntt-east.co.jp/spot/temporary/505.html



関連記事

今日は一日中、日本海を眺めながら北へ

2013.08.29.Thu.22:34

新潟県、(道の駅ゆのたに) から、秋田県の(道の駅岩城)まで



日本海の海沿いを、一日中走行しました。



ほんま! 海海海 海海海 なんです。



この何日間か、風が吹かないのです。



それで日本海も瀬戸内海のように波がありません。



走っても、走っても 海ばかり なんです。



Dpp_0005



Dpp_0006_4



Dpp_0010_2



Dpp_0012_2



Dpp_0018_3



Dpp_0020_4



こう言う場所を一日中走った訳です。



Dpp_0023



相棒さま、ここのソフトクリームは本物でないから、買わないと言う。



最近、美味しいソフトクリームを食べているので好みが発生しております。



まあ~ 今日は海以外に何もないです。約300km走りました。



関連記事

無料で入浴が出来る温泉を目指して

2013.08.28.Wed.23:01

今日の天候も爽快だ



気温は27℃前後です。



車はAC無し、窓を開けて外気導入で気分いい・・・



ほんとに気持ち良いですね~ 



前方は北アルプス連峰 空の色が何とも言えません。



Dpp_0004_3



親不知の道の駅で昼食  海の波がないくらい無風状態 



何時間でも景色を見ていることが出来る眺めの良い海岸沿いの道の駅です。



Dpp_0006



タラ汁定食 親不知の道の駅の名物



Dpp_0009_2



********************************



以前にも紹介したが、 まっとうな温泉 と言う小冊子がここで有効となる。



Dpp_0019_2



自在館 と言う名前の温泉だ



Dpp_0018



受付を済ませて 今日の男風呂は地下です。 温泉まではかなりある階段を降りる。



Dpp_0022



レトロ   ん・・・ そう言う雰囲気が中々良い ここは静かに静かに入浴する温泉です。



Dpp_0029_2



Dpp_0030



掛け流しのラジューム温泉です。 湯温37℃ ちょっと温度は低いが最高な気分になれる。 



Dpp_0031_3



Dpp_0041



Dpp_0043_3



少し、長湯し過ぎました。



久しぶりに良い温泉に入りましたね~



まっとうな温泉(小冊子)ありがとう!



そして自在館さま、ありがとう御座いました。



自在館 



新潟県魚沼市栃尾又温泉



電話025-795-2211

関連記事

今日は石川県まで

2013.08.28.Wed.03:17

石川県まで、やって来ました。いつも見ている南国とは違った空の色をしています。



吸い込まれそうなブルーです。



Dpp_0026



私達の旅おの目的は何ぞや、と言えば



まず、食べ物ですな~



と言っても高級料理ではない



訪れる土地の旬なものです。



それで手始めに敦賀のサカナ屋をウロウロして見た。



Dpp_0016_3



目に付くなあ~ 店の名前



Dpp_0008_2



これも店の看板 (ちょっと高級魚、この魚は中々美味しい)



Dpp_0003



遠くから、目につく看板



Dpp_0007



店内には、このような名店街の通りが何通りもある。



Dpp_0001_2



この店内には、こんなメニュー看板の店が多くて選択するのに手間取る。



Dpp_0005_3



これもメニュー 単品で1100~1500円 



Dpp_0010



バスの団体さまが多く、イライラする。何々観光さま到着なんて案内放送をしています。



********************************



火牛像(道の駅倶利伽羅 源平の郷



Dpp_0031



倶利伽羅峠の戦い(くりからとうげのたたかい)、伝説によると、源義仲の源氏軍は深夜、



角にたいまつをくくりつけた数百頭の牛を先頭に、平家軍を急襲した。無数の松明をとも



なう夜襲と牛の突撃に恐れおののいた平家軍は、次々に谷へ転落したという。これが世



に名高き、火牛の計だ。



石川県の道の駅倶利伽羅源平の郷 に、この牛の模型を展示してある。怖そうで気持ち



悪く思います。今日はこの牛の近くに車を止めて寝ています。

関連記事

JAZZピクニックキャンプ2013

2013.08.25.Sun.03:56

JAZZピクニックキャンプ初日の最後は子供達による合唱



歌の内容は東日本大震災に元気を送る歌(歌=奥土居美可さん) 



なぜか英語のJAZZよりも心に通じましたね。



  「君が笑ってる みんな笑ってる」



  詳細=http://micaokudoi.com/ (奥土居美可さんのホームページ) 



Dpp_0072_2



JAZZボーカルの奥土居美可さん 元気の良いボーカルさんでした。



Dpp_0076



JAZZ・NKPビッグバンド (愛媛県松山市を拠点にして活動しているバンド)



Dpp_0032



サックス:レイモンド・マクモリン(黒人)&ジャパニーズ・アーティストの共演



ドラム:堤 宏文 ベース:吉岡英雄 ピアノ:渡辺由紀 



ドラムさまは70歳ですが、2時間以上の演奏もバリバリで年齢を感じない。



Dpp_0046_4



JAZZ PICNIC キャンプ 2013



ステージをバックにして カンパーイ!



Dpp_0022



食べ物ブース   東北の震災で全てを失った岩手県の缶詰会社さまも、何とか会社を



再建し、このJAZZピクニックキャンプに参加なされています。震災時に流出した缶詰を



ボランティアなど尽力を経て拾い集めました。その缶詰も今回ここで販売しています。



Dpp_0021_2



ちょっと、お邪魔しま~す。



美味しいカレーを作っております。 



なんたってお二人さまは美人さま~



カメラも目も自然に向いてしまうんだよね~



Dpp_0028



元祖ブルーシート・キャンパー  



みんな元気だ



撮影の腕を見込まれて(ウソ笑) 照れながらパチリ



気さくな方達ですよ。 



遠慮せずに何か食べてくれ と言う。



Dpp_0039_2



セブンイレブンの傘が目立ち過ぎる撮影



みんなで撮そうと思ったら 母ちゃんがいない 孫チャンもいない 



タイマーをセットしていきなり、お父さんに「後ろ!後ろ!」なんて撮影攻撃。



Dpp_0041



何年か前のJAZZピクニックキャンプ時も大雨で今回と同じ状況でした。その時は



時間と共に星空が見えたりしましたが、今回は星空までは期待出来ませんでした。



会場設営のトラックが通った部分は、水が溜まり土地の表面はグチャグチャです。



Dpp_0048



JAZZ演奏にハマッている小学生の女の子 最後まで手を叩いていました。素晴らしい!



Dpp_0075



何歳かは不明ですが固まってしまっている子がいた。 ず~と、何十分も動きません。



ひょっとして寝ているのかなあ~ なんて??  ほんと直立不動なんです。



Dpp_0064



私達の知り合いなんです。



「今日は、母ちゃんが居ないから、沢山飲めるぞ~!」



なんて言ってたぞ! 



飲みすぎても知らないよ!



いいんだよね~ 



男のこういう友達って言うのは。



「わしゃ~歌はダメやけん」 と言いながら、



ウクレレを奏でてくれるものですから、



ツイツイ、口ずさんでしまう。



  「・・・今春が来て、君はきれいになった



      去年よりずっと、きれいになった~」



楽しかったね~ 



最高だよ・・・



それで、ちょっとロマンティックになれるんだよね~



過ぎ去った昔を脳裏に浮かべて見ました。





Dpp_0083



今年のJAZZピクニック・キャンプも初日が終了しました。



雨で大変でしたが、無事に無事に終了です。



スタッフの皆様は雨の中、想像も出来ないほどの、お疲れと思います。



ありがとう御座いました。



関連記事

JAZZピクニックキャンプ前夜のこんばんは酒盛り

2013.08.24.Sat.01:46

は~い!みんな  何でも良いけど、こんばんは。



JAZZピクニックキャンプは翌日なんですが



前夜祭と言うことでカンパ~イ



ここは標高600mで涼しいはずなんですが、全然暑いw



Dpp_0003_2



私は麦酒、みんなも麦酒、 カンパイ!



Dpp_0005_2



Dpp_0006_2



話は右に行ったり、左に行ったり



今日はモータースポーツで世界中を往来している方も来ています。



何だか無茶苦茶盛り上がって楽しいね~



明日は本番なのですが



雨が心配です。



えっ、他の画像ですか、



あるもんですかいな。



どうしてかと言えば、



やっぱり言えません。







関連記事

暑いときは高いところへ Part6

2013.08.17.Sat.22:50

3日目の朝  



カルストの夜明け



今朝も無風状態です。



飛行機雲が残っていますが、これが中々消えません。



間もなく太陽が顔をだします。



Dpp_0108



はい! 太陽が出てきました。 この瞬間が何とも言えない気持ち良さがあります。



Dpp_0112



お盆休みも終わりです。 



皆さん帰ってしまいましたが、キャンピングカーが4台残っています。



キャンピングカーの所有者はやっぱり暇人が多いんですよ・・(笑)





Dpp_0114



キャンピングカーとは反対方向ですが、何名かまだゆっくり構えています。



あと何日か滞在するのでしょうか?



Dpp_0115_2



カルストのノンビリとした風景です。



Dpp_0116_3



Dpp_0117



さあ~雲行きが悪くなって来ました。



下界の温泉にでも行くとしましょうか。



カルストの下側には坂本龍馬の脱藩の道で知られる



梼原(ゆすはら)があります。そこに「雲の上の温泉」と言うのがあります。



関連記事

暑いときは高いところへ Part5

2013.08.16.Fri.23:36

二日目の朝



朝焼け 朝日 今日もキレイです。 



風力発電はゼロ状態(止まっています)



駐車場に荷物出してのキャンプは無しだよ! 皆が居るところ、空いていますよ・・・



Dpp_0048_3



雲海です。 風の無い時に時々見れます。



ここは360度全て雲海が見える時がある。



キレイで幻想的ですよ。



Dpp_0049_3



姫鶴平キャンプ場の上の部分 ここはテント張りが多いです。 テントも高級なのから



一般的なものまで様々ですが、多少の見栄の張り合いと言う部分もある。



GW、お盆は満タンです。



Dpp_0056_2



姫鶴平キャンプ場の下段にある部分はオートキャンプ可能です。



この場所はキャンピングカーには最適。



まだまだ、空き場所があります。



トイレ、炊事棟まで少し離れています。



Dpp_0061_2



朝食:何か分かるよね・・ コンビニで売っている物より何倍も美味しいよ。



Dpp_0092_3



昼食:全部食べてもいいよ 



Dpp_0098_2



韓国風焼きそば ニンニクがこってり 激ウマ



Dpp_0102_2



中辛カレー



Dpp_0103_3



Dpp_0104_2



夜はAさま達もお帰りになって、タープの中は私達だけ、そして寒いのです。



ビールよりも湯割り焼酎ですね。



温まる、うんうん!



昼にカレーが登場したが、夜もカレー、翌日もカレーと言うメニューになっております。







関連記事

暑いときは高いところへ Part4

2013.08.15.Thu.18:51

下界は、37℃以上!暑くてたまらん。



もう、エアコンの室内から出られない。



やっぱり、涼しくて空気の綺麗な場所が良いですね。



そこで、またもや四国カルストに来ています。



太陽がなくなる少し前に、ほんの瞬間だけ顔を見せてくれた夕日。



キレイな夕焼け空にはなりませんでしたが、しばらく柵に座ったりして・・・



ああ・・・ 気持ちいいね・・・ 四国カルストは



Dpp_0023



********************************************



ウモ~ン(四国カルストに放牧されている牛)、 



誰かと思ったら また オマエか~ 



まあ~ゆっくり遊んでいきなよ、なんて・・



誰かに話しかけるように頭を上げてくれた牛。



 



Dpp_0001



暇持てあまし、爺ちゃんとフランスの孫のバトミントン 爺ちゃんはかなり下手くそ。



Dpp_0018_2



本日も食事作りよろしくお願い致します。



Dpp_0021_2



このあと、少しの間だけど、夕焼けらしい空になった。



Dpp_0035



今日は新顔がおる。 



誰やろか? 一番前にいるオジイサンの前に座っているお兄チャンです。



Aさま家のネロが昨年の8月、ここカルストで居なくなって1年になります。 



もう、天国だとみんなで勝手に思って、ネロの初盆と言うことになりました。



Dpp_0040_2



本日の夕食は 特製ビビンバでした。



sakina(フランス)と母ちゃん3名の力作。



キムチをドカ~ンと鍋に入れて8名分をかき混ぜて出来上がり。



それが、お代わりするほどの美味しさなのでした。



夜遅くまで 時間の過ぎるのを忘れて「何や、かんや」とガヤガヤでした。



夜はかなり寒くなった。他のキャンパーでダウンを着用していた方がいた。



何んにも考えないで ただ「ポケ~ッ」としているのが楽しいカルストでした。











関連記事

阿波踊り 2013

2013.08.15.Thu.00:11

8月12~15日まで開催される。



何十年ぶりだろうか、本場の踊りを見て来ました。



熱気にあふれて、最高!



踊り子さんも踊りを楽しんでいるようです。



四国の高知にもヨサコイ踊りがあるが、これは若者が



作りあげた偽のヨサコイで、阿波踊りに勝るものではない。



ハイ・・! スタート 



編み笠を付けると、やけに可愛く見えます。



Dpp_0015



何処見てんのよ~ やっぱり色っぽいか・・・



Dpp_0023_2



本来の阿波踊りの衣装ではないが、リズムは阿波踊り。



Dpp_0041



こっち向いてる方=面白い兄さんがいた



Dpp_0054



一番音が大きい連 ドッドッドッドッ  バンバンバンバン カンカンカンカン 



大太鼓×6 小太鼓×6 大鐘×3 



阿波踊りのリズムに乗ると120%楽しい連でした。 



Dpp_0058



女踊りは色っぽいね~ 全員可愛く見えて  そりゃ~もう大変!



Dpp_0074



Dpp_0076



Dpp_0078_2



Dpp_0080_2



この連はバシッ と決まっている 太鼓の音は最高にデカイ



Dpp_0064



この連の太鼓はカッコイイ 音も最高 一番ヤカマシイ



Dpp_0135



おお! バカ殿 



Dpp_0109_2 



このチビさん 大人顔負けの演技をする。



Dpp_0112



色っぽい 感じもあって 見とれてしまう。



Dpp_0146



幼稚園くらいの小さいお子様 動作が可愛いんだよ



Dpp_0157



ぴたっ! と 決まっています キレイですよ。



Dpp_0161



太鼓のバチを クルクルクル と回す特殊演技をご披露しています。



Dpp_0180



Dpp_0186_3



徳島市全体が阿波踊りと言う状態



何処に行っても何処でも踊りは見られますが、有料桟敷、無料桟敷などが各所に



あり、何処の場所でも盛り上がっています。



踊る阿呆に踊らぬ阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損!!



あら!えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい











関連記事

暑い時に暑いキャンプ Part4

2013.08.12.Mon.22:16

一夜明け 素晴らしい朝焼け



昨夜は蒸し蒸しして眠りに中々つけませんでした。



朝焼けと同時に暑さが伝わってきます。



Dpp_0046_2



この‘キャンプ場は夕日が見えませんが、朝日と朝焼けは見ることが出来ます。



Dpp_0065



子供達は目覚めると海に直行 朝食の用意が出来ても中々海から上がって来ない。



Dpp_0073



有料キャンプ場はチェックアウト時間の指定がありますので、ゆっくりも出来ない、



朝食後は、すぐさま帰る準備をして、近くにある別の海水浴場に移動しました。



ここでも今日は猛暑です。



Dpp_0082



昼食は特製、スパゲティ入りカレースープ+焼き肉にチャーハンです。



Dpp_0084



ローカルの海水浴場は都会の海水浴場のような芋荒い現象はありません。



Dpp_0087_3



ヤングマンがふざけて海中投げ入れ合戦、浅いので上手く落としてくれないと



鼻の中まで砂だらけのようです。



どちらかと言えば、無茶苦茶投げ込みです。あまり上手に投げ込まれると海中の



砂に激突です。



Dpp_0094_2



ドキドキ! 若い子ちゃんと知り合ったぞ・・・



爺さんは熱中症寸前! こんなの見ると入院せんとあかんがね~



私らも、こんな若いときありましたが、ズーッと昔になってしまった。



中央の3名は長女の友人さまです。



Dpp_0103



もう一つ ドキドキ! 食べるのがおしい。



Dpp_0108



孫が‘「爺ちゃん、これ食べて下さい」とベロコを海水浴場の岩場で一匹捕って来てくれた。



「お父さん、 これ!」と言って子供がくれるよりも100倍は嬉しいね!









関連記事

暑い時に暑いキャンプ Part3

2013.08.11.Sun.20:44

今日も 無茶苦茶暑かったね~



テント構築、タープ構築には 汗が滝のよう。



汗が目に入って見えなくなるのです。



もう、夕食、ビールが待ちきれませんでした。



おーい!撮すぞ こっち向け!



Dpp_0034



今日は眺めの良い海の横にあるキャンプ場です。



到着するやいなや、子供達はドボ~ン!



Dpp_0007



Dpp_0009_3



そこで大人達も負けずに、海にドボ~ン、皆子供になりました。



岩場の浅い場所にも結構魚がいるんですよ。



Dpp_0011_3



高圧洗浄 姉妹でママを水攻め



Dpp_0019_4



子供達と海で泳いでいる途中で岩場にあった小さいダメ貝です。



直径15㎜ほどの小さい渦巻き貝から中身を爪楊枝で一個ずつ取り出す作業は大変!



Dpp_0025



爆睡 100%予定に組み込んでいます。



Dpp_0026



日仏餃子作成合戦 もう何回も作っていますので上手ですよ。



Dpp_0029_2



今回、私達が陣取っていたのは一番海側のNo1一番眺めが良い場所でした。



Dpp_0022_2



Dpp_0032



満車 です。



太鼓の鼻オートキャンプ場



〒761-0130  香川県高松市庵治町3220−1
087-871-0025



http://www.shikoku-taikonohana.com/







関連記事

ドラネコをついに購入した

2013.08.08.Thu.12:56

ドラレコ でした(笑)



年寄りはみんながドラネコと言っているように聞き間違うのです。



以前より、購入予定はありましたが、取り付けが面倒で後回しとなっていた。



そこで、室内でディスプレイを見て撮影角度が簡単決まるタイプにしました。



一旦停止もせずに飛び出して来る奴、どっち向いて運転しとんやと言う奴の



ための自己防衛のためです。



Dpp_00111_2



Dpp_0009



常時はディスプレイを見て運転しているわけではないのでバックミラーの向こう側に



取り付けました。ここまでは簡単なのですが、配線を天井に通うしたりフロントピラー



(窓ガラスの柱)の横に張り付けたりイグニッションONで電源が入るようにするため



の接続をしたりするのが大変でした。



昔、バックで飛び出して来た昔お嬢はんが、「私が先に止まって待っていた」なんて



警察官の前で大暴れ、そんな苦い経験がありました。この時に、このような装置が



あれば助かっていたのにと思ったりします。





関連記事

ちょっと可愛いうさぎちゃん

2013.08.02.Fri.12:22

趣味とは言え毎日、午前様で作成しました。



いや~ あっちを修正したり こっちを修正したり



見ているだけで疲れますよ。



どこかで作り方の勉強をして、この製作に挑んでいるわけです。



Dpp_0040



最初はドリンクの小さい容器(ビン)から始まります。



Dpp_0013_2



容器の上に顔を付けて綿を少し加えたところ、後ろにある布が少しずつ加わっていきます。



Dpp_0003



キャンプに行かないときは、こうやって一日座っています。仕事を退職するまでは、



こういう風景は見たことがありませんでしたが、お互い年を取ったのを感じますね。



Dpp_0004



まだ手の部分が付いていません。 ですが、可愛い表情ですね~



Dpp_0005



装飾品、手に持っている物、頭のカンザシ、細かいですね~



Dpp_00141_2



後ろ姿 帯や振袖 表現力は大したものです。



Dpp_0019_2



費やした時間は不明ですが、こつこつと作り上げて行きました。



ドリンクの容器が中に入っているなんて想像もつきませんが、ご苦労様でした。



身長は耳の先までで21センチです。



今は我が家の飾棚に立っていますが、いずれは嫁に行きます。



何か癒されますね・・・







関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。