スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな名前のうどん屋は他にはない

2013.06.30.Sun.01:37

何と読むかと言えば  カマキリです。



Dpp_0042



何でカマキリと言うのかなあ~ 



 聞くのを忘れた・・・



  店内はオシャレ・・・



    うどん屋さんだ、なんて思わない



      盛りつけは、かなりオシャレ・・・



        店員さまも、全員オシャレ・・・



          レストランみたい・・・・



外から見ると倉庫みたいなんですが、中に入ると





Dpp_0001_2



店内は明るくて・・・    お客さん沢山いるね。



Dpp_0003_3



出し汁用いりこ、客に見えるように展示。 おそらくこれを使用していますと言う意味ですね。



Dpp_0006_3 Dpp_0007_5



伝票の重し 何だと思いますか?



Dpp_0027_3



道具入れボックスが、 箸入れに変身している。 こう言う部分に洒落を感じるね~



Dpp_0015_2



さて、味の方はどうかと申しますと、流石いりこ出し汁ですね。 コクがありますよ。



麺も、極上のさぬきうどんです!



相棒さまが注文。期間限定 みどりのつけカレー550円 



もう、目の前で香りが充満しているのでニコニコ!



Dpp_0018_4



下は私が注文しました。



夏野菜の天ぷら220円+かけうどんの大250円



天ぷらは美味しかったよ~ (おおば、オクラ、トマト、パンプキン、ナスの天ぷらです。)



Dpp_0024



Dpp_0030_18



Dpp_0031 Dpp_0032_5



愛嬌爆発120点 かわいこちゃん店員  笑顔がいいね、何か嬉しくなりました。



Dpp_0034_3



シャッターチャンス逃しましたが、彼女も愛嬌120点 忙しいのに声を掛けてくれました。



Dpp_0011_5



ブログアップに顔が出ても構いませんか? と質問すると、簡単にOKでした。



Dpp_0037_5



厨房の中も忙しくやっているのが常時見えます。



みんな最高!



カマ喜ri



香川県観音寺市柞田町46-3



0875-24-8288



スタッフは皆さんお若い! これからのうどん屋さんはこれ!ですね。



Dpp_0030_7



Dpp_0030_6



関連記事
スポンサーサイト

やっぱり讃岐うどんが美味しい

2013.06.27.Thu.00:25


おっ! 峠うどん



気になる名前の看板やなあ~



峠の茶屋だと伊豆の踊子を思いだすが、



峠と言う言葉や文字に何か引っ掛かるのです。



Dpp_0014_5



生姜にネギだけ  うどん県ではこれを(かけうどん)と言う。  (笑、知ってるよね~笑)



トッピングには、チクワとエビコロッケを購入した。



Dpp_0005



ん・・!



美味しい!



だし汁も良い 



「これは極上イリコを使っているのが分かる!」



麺は表面がツルッとして喉越しがいい。



Dpp_0007_3



麺を眺めながら、鼻の穴も拡大して考え込んでいるのです。(笑)  



香りもいいんですよ、ホント!



Dpp_0008



*******



暖簾をくぐって店に入ると 



ばあちゃんが笑顔で 「いらっしゃいませ~」



そしてばあちゃんが、 「 何にしますか~ 」 なんて聞くから



私は、 「大と小を下さい。」 と注文をする。



ついでに 「大は温めんでいいよ!」 と頼んだ。



ばあちゃんが 「大は温めんでいいんやね」 と言う。



私は 「はい!温めんといて」  と讃岐弁。



ゆっくりと食べられる店は、こんな感じから始まります。



まあ、何と言っても田舎の情緒たっぷりな感じかな。



Dpp_0003



Dpp_0004



かなり古い物ですが、壁に新聞を切り抜いて貼ってあった。私の思った通りにだし汁の



評価が良い旨を書いてあった。 (クリックすると少し大きくなります。)



Dpp_0011_4



Dpp_0012



今日は店名が気になり入店したうどん店ですが、



こぢんまりとした店で、何度も行きたいと思う店です。



この店のご主人さまも、笑顔たっぷりで最高でした。



なんか、嬉しくなって店を出ましたね。



峠うどん



〒767-0004  香川県三豊市高瀬町比地1805−1



0875-73-4922





関連記事

フリーゲージトレイン

2013.06.25.Tue.02:56

JR四国坂出駅でフリーゲージ電車を発見!



初めて見ましたが、在来線の電車より少し大きく感じる。



新幹線の線路と在来線の線路のどちらも走れる電車だ。



新幹線のレール幅=1435ミリ



在来線のレール幅=1067ミリ



その差は368ミリもあるのですが、車輪の幅を変えて走行する訳です。



**************************



「まもなく2番線にフリーゲージ試験電車が入ってまいります。ご注意下さい。」



の案内放送に一瞬、何かなあーなんて思ったが、前面の青い車両が近づくと



あっ、これ! フリーゲージやないかと、小さい目が丸くなった。



Dpp_0002



3両編成ですが、普通の通勤電車より、やや大きく見える。



高速車両の雰囲気です。



Dpp_0008_6



新幹線の架線は交流3万ボルト、在来線の架線は直流1500ボルト、この電車は



交流直流の両用です。



JR四国の安物設計8000系電車とは比べものにならないほどカッコイイ試験電車です。



Dpp_0004_5



駅員に注意されないように、ホームから電車の床下にカメラを入れて瞬間撮影。



向こう側の車輪と手前の車輪の幅が変化する訳ですが、これで新幹線の線路上を



時速270km/h以上で走行すると言うのですから何か不安を感じる。



在来線は130km/hを目標としているらしいが大丈夫なんでしょうね。



Dpp_0007_3



下の写真のような設備を通過して車輪の幅を変化させる。



1_4



2_4



分かり安く図に描けば上のようになりますが、軌道変換区間では走行レールがない。



車両はサイドの支持レールで支えられて、その間に車輪の幅を変える仕組みとなって



いるようです。



四国にフリーゲージ電車が走行したとしても電車線区間だけですから、有効な範囲は



少ないです。それよりも本物の新幹線を四国内まで導入して欲しいと思います。

関連記事

MPPTチャージコントローラーに交換して一ヶ月

2013.06.20.Thu.18:31

ソーラーパネルを135Wwから195Wに交換しても充電不足になる。



最初に取り付けたソーラーパネル135Wでは容量不足を感じていた。それではと言うことで、



195W×2枚をやっとの思いで手に入れました。とりあえず、一枚だけ135Wから195Wに



交換したが、結果は全く同じでした。  そこで、コントローラーの販売元に相談すると最初の



PWM制御のコントローラーを、MPPT制御のコントローラーに交換しない限り十分な充電が



出来ない言うことでした。 うわ~大問題だよ!安い中国製でも3倍、国産は6~7倍以上の



価格はする。それで、ちょっとでも安くあげようとギリギリのセットアップを考えたが販売元は



ソーラーパネルの総出力よりも小さい入力のMPPT制御コントローラーは充電が停止する



可能性があるのでダメですよと注意された。条件に合ったMPPT制御コントローラーは中国



製で34000円、日本製で73000円以上はします。さてどうするかと言っても日本製には手が



出ません。中国製は信頼性がないと販売元に相談すると壊れた時は壊れた時にしましょう



だって!、今までにも壊れたと言う苦情も無いらしい。 よくぞ言ってくれました!販売元さま、



決心が出来ました。それでは、まだ信じませんが注文を致します。(笑った)



と言う訳で30日以上経過しましたが異常なし。絶対にやってはならない注意書きもあります



ので、それさえ守れば大丈夫なようです。



***************************************************



購入したMPPT制御コントローラー。 (MPPT制御とは最大電力点追従制御と言う)



H242mm x W169mm x D91mm 重量2.05kg





Dpp_0001_2



最初についていたPWM制御コントローラー



Dpp0015_2



取り付け状態 放熱フインが付いていて温度も少し上がるようなので通気性の良い場所へ。



コントローラーに赤いテープを貼ってあるのは負荷用端子なのですが、どう言う訳か絶対に



接続するな!と言う指示です。



右の白い機器は地デジアンテナ+BSアンテナのブースター用直流15V電源です。



Dpp_0004_2



リヤータイヤの後ろ側に付けました。ここなら夏の炎天下に放置しても大丈夫と勝手に



思っています。以前のPWM制御コントローラーは予備として配線無しでそののままです。



Dpp_0005 Dpp_0008



現在、台風の影響で大雨なんですが、ソーラーパネルは一枚で22.1Vを出しており



バッテリーには13.3Vで0.9Aを充電しています。



Dpp_0013_2 Dpp_0011_2



走行充電器 エンジンの発電機で余剰電力が発生した場合にサブバッテリーに充電します。





Dpp_0014_3



走行充電装置は(New Era SBC-001A 30A)を取り付けていますが、これは



常時MPPT制御コントローラと並列に接続して走行しています。今のところ、異常は



ありません。販売元や説明書の注意書きにはMPPT制御コントローラーを接続した



ままで充電器を接続してはならないとあります。充電器がダメであれば走行充電も



ダメと言うことになりますが、上の走行充電器は最高電圧が13.1Vまでで、一般の



充電器よりも低い電圧に押さえてあるために異常が出ないのであろうと勝手に判断



しています。



現在のバッテリー充電容量はソーラーパネル一枚でテレビ、パソコン、FFヒーターを



12時間位使用しても大丈夫となりました。サブバッテリーは(G&Yu)105×3台です。



このままだと、195Wソーラーパネル一枚で十分ということになります。高価なパネル



が一枚遊んでいます。



販売店の社長曰く 「まあ~、3倍は充電出来るよ・・」なんて言っていました。



中国製品は偽物や、ダメ品と言うの相場ですので、今後十分に観察して行きたいと



思っています。









関連記事

瀬戸内国際芸術祭2013

2013.06.17.Mon.23:32

小豆島で行われている瀬戸内国際芸術作品を見学。



瀬戸内海の多くの島で行われていますが。本日は小豆島のみです。



作者の考えが理解出来ない部分もありますが、そこがアートなんでしょうか。



フェリーで土庄港に着くと大きいモニュメントがあります。



オリーブの葉っぱを形とったものです。



葉っぱには土庄小学校6年生102名の海へのメッセージが刻まれています。



 【チェ・ジョンファ(雀正化)太陽の贈り物2013】 というタイトルです。



Dpp_0009_2



下の石積みの中から、一時間に一度ニョキニョキと怪物が現れます。



時間に合わせて見物客が集まってきます。



ビートたけし&ヤノベケンジの合作ですが、これもアートなんじゃろな。



Dpp_0035_2 Dpp_0036



おお、出て来たぞ!



ドドドドドド・・・・・ゴ・・・・という効果音も出していますのでちょっと迫力がある。



Dpp_0040 Dpp_0041



何か訳が分からんが、全部姿を現したら口から水が「ドバッ、ドバッ、ドバッ」とでます。



それで、見物している方々も殆どが口を開けたままで見ているのが傑作だった。



Dpp_0043_2



向こうのオバチャンがこっちを指さして「ホラッ!口が開いとるやんか!」と叫んでいるw



そういうあんたも、顎が外れてヨダレが出ていましたよ!



このオッちゃんだけが、納得いかん! と言う顔をしていたなあ。



この物体に石を投げつられる余興でもあれば、もっと面白いのになあ~



Dpp_0045_4



坂手港の灯台跡地に巨大な立体アート その名は ザ・スター・アンガー



クルクル回っているので大型ミラーボールのようです。



Dpp_0047



倉庫の壁にも、私にゃ理解出来ない絵を描いてありました。





Dpp_0049



謎めいたトイレ 



入り口が普通ではない、グルッと回り込んで吸い込まれて行く感じです。



アレッ・・まだか!と思うくらい奥が深いがする。 



まあー芸術作品ですから、それなりに考えないと・・



Dpp_0069



太い竹を6000本使用したダイナミックなアート。



小豆島では、これが一番強烈な作品です。 



中山地区の棚田に溶け込んだ何とも言えない風景です。



Dpp_0078



近寄るとこんな感じになる。



Dpp_0079



影が映っているので何が何処やらさっぱり分かりません。 竹のドームの通路です。



Dpp_0080



ちょっと、おじさん!おじさん!    気持ち良いですか?



Dpp_0081



外は、暑いくらいの日差しなのですが、中は意外と涼しい



井戸端会議ならぬ竹小屋会議



この中では、時間を忘れるよ!



Dpp_0089



*******************************************



涼しい寺院で昼食。



小豆島では海抜の高い位置にある寺院の一角をお借りして昼食。



ほんのちょっと上がっただけですが、もう、「足が動きませんか?」



がんばれ!



Dpp_0016_2



Dpp_0013



頂上まで来るとかなり涼しくなって気持ちが良い。 



モミジの緑、寺院の赤、どちらの色も心に残ります。



Dpp_0029



沢山作って来ていますゾ。



Dpp_0019_2



こんなに沢山食べられませんが、朝早くから起きて作ってもらいましたので残せませんよ。



Dpp_00221



醤油ソフトを購入。



小豆島マルキン醤油で販売している醤油ソフトです。 ここに来れば必ず買います。



Dpp_0054_2



*****************************************



小豆島の神霊スポットを見学。



小豆島88カ所の第一番札所・洞雲山の岩肌に神秘的な光の観音像 「夏至観音」が



見られました。どうして夏至観音かと言うと夏至(6月21日)を中心に前後25日間ずつ



約50日の間だけ見られるためです。 夏至観音像は光が境内の洞窟に差し込む午後



3時頃、錫杖(しゃくじょう)を手に身丈約3㍍の白衣観音が光と影のコントラストにより、



洞雲山の岩肌に浮かびあがる現象です。見られる時間は2~3分間の短い時間です。



昔、お遍路さんが撮った写真の中に偶然その姿を発見し、それから話題になり始めた



とのことです。



Dpp_0061



多くの巡拝者が、その光の観音様を一目見ようと、この時期訪れています。



****************************************



小豆島着午前10時、帰りは午後5時30分小豆島発、全行程7時間30分。



地元のベテランドライバー、運転はジェットコースター。小豆島ボーイスカウト



隊長殿の計らいで楽しく一日が過ごせました。 隊長ありがとうございました。



次回もよろしくお願い致します。











関連記事

まっとうな温泉と言う雑誌

2013.06.12.Wed.23:28

今日届いた。



えっ!こんな本があるのか!と思う。



九州の「全国知らないところ無し」の英酒店さまに教えてもらった雑誌です。



これはキャンパーにはたまらなく便利で良い本です。



以前、北海道行った時、HO(ほー)と言う小冊子(380円)を購入して無料の温泉に



沢山入浴したものですが、この(まっとうな温泉)という雑誌はもっとスゴイ!



本屋さんでは見つかりませんでしたので、ネットで注文しました。



Dpp_0007



一冊1800円しますが、温泉の無料入浴手形が、それ以上に付いています。



なぜ四冊あるかと言えば、無料券一冊に一箇所一人分しかついていません。



黄色いのが東日本編、赤いのが西日本編です。



Dpp_0005



Dpp_0003



Dpp_0004_2





Dpp_0002_2



雑誌は一冊1800円ですが200~1500円の日帰り入浴手形がついた温泉を



何軒か行けば元は取れるのは早いです。



HOは30日が期限でしたが、このまっとうな温泉温泉雑誌は期限無しですから



購入しても損は無しです。全部で90000円分の無料入浴手形ついています。



雑誌に載っている温泉は温泉好きな方にはとっては素晴らしいところばかりです。



さあ~、この雑誌持って北海道まで行きましょうか。


Dpp_0004



関連記事

九州で一番美味しいコーヒー

2013.06.10.Mon.22:18

美味しいコーヒーを求めて長崎県まで来ました。



ありましたよ、 実に美味しいコーヒー。



オーナーさまが優しくて最高、コーヒー豆も最高、味も最高、サービスも最高



ちょっと言い過ぎ。(^_^)



日本初のコーヒーパーク ポスターはマスターの肖像画



Dpp_0032_2



コーヒーパークでは、国産コーヒー豆が沢山採れるらしい。



Dpp_0013_2



コーヒーの花 これは初めて見る花。



Dpp_0012_5



Dpp_0018



徳川家康さまと明治天皇さまという感じの御両人、徳川家康さまは花柄のレッグウオーマーを



着けています。 何か可愛らしいのでカメラを向けると下の方は撮影禁止だった。(笑)



Dpp_00071_2



スコーコーヒーパークにはカフェレストランもあります。



一日10食限定の生姜焼き定食を食べた。



御飯のお代わりも出来るのです。



豚の生姜焼き、これ!美味しい! スクランブルエッグに冷やっこが付いている。



Dpp_0027_2



コーヒーもお代わりが出来ました。



コーヒー豆とコーヒーの葉っぱで作ったケーキですが、これも美味しい。



この店の名物。 名物に美味しい物有りはこの店のこれ!



Dpp_0028_2



諸君!なぜスコーコーヒーが美味しいか、と言うのはじゃな・・・なんてやってみた。(笑)



ここが、寿古にわかを行う芝居小屋なんじゃよ。



Dpp_0016



このコーヒーパークには「寿古にわか」というお笑い芝居小屋が付属しています。



私達が行った時はショーはやってくれませんでしたが、15名さま以上の予約が



必要なようです。



私しゃ~、笑わにゃ、頭がいたい 笑いは無料の健康法 



と言うのが、この店のオーナーさまの考えらしい。



ほんとだね~



中島珈琲本社 長崎スコーコーヒーパーク



長崎県大村市寿古町813-1



TEL 0957-55-4850








Dpp_00071

関連記事

激ウマ餃子作りキャンプ

2013.06.09.Sun.11:28

久しぶりに屋外キャンプ



と言ってもタープの中。



ビールカップ揃いました。



よござんすか。



幸せにカンパ~イ!



南国幸せキャンパー



Go! Go! (笑) (^_^)(笑)



Dpp_01041



みんなで餃子作り   1人分15個食べられます。  私3個作った。



ニラ、ニンニク、ヒキニクを手作業でまとめて行く楽しさと言うのもありますね。 私3個作った。



Dpp_0084



Dpp_0095



一応早い者勝ち!   全個数60個作りましたが、無くなる早さはロケット。



私15個以上食べた。 違反じゃね~



Dpp_0107_2



食べながら残量確認!    私、残り全部を1人でOK!



Dpp_0099_3



ハンドメイド餃子   感激の美味しさ   教えてあげたいよ、この味!



Dpp_0111_3



天候が良くて ちょっと暖かいくらいだった。



翌朝に! 怪奇現象



下の写真中央・グレーに見えるのは雲ではありません。



島なんです。



島が空中に浮かんで見えました。



Dpp_0118_2



朝食、 やっぱり玉子かけご飯   水車米をミネラルたっぷりの湧き水で炊飯。



Dpp_0122_5



交渉中、 何の交渉=?不明    あの・・私達だけ安くして頂けませんか? 



Dpp_0128_4



英酒店さまが紹介してくれました。 このタヌキさま全部メスやけんね。



Dpp_0140_2



五匹いるでしょう。分かりますか。



と、言う訳で、九州滞在もすでに二週間以上経過しました。



次は北の国にでも行くとするか。



と考えているだけ・・・





関連記事

四次元マジックの喫茶店

2013.06.08.Sat.08:48

少なくとも780円以上の注文はして下さい。と言うのが



店のオーナーからの依頼です。ショーを見ること自体にはお金はかからない。



あくまでも喫茶店であり、飲み物なり食べ物なりを注文するだけでいい。



四次元パーラーとかマジックパーラーと言う看板があります。



マジック=手品(日本語)なんですが、素人にはプロ技は中々見抜けません。



11時から店に入って、終わるのは16時です。



食事を済ませた後にマジックショーをやってくれるのですが、この五時間は長いです。



店員は30名です。



Dpp_0025



さて、見破ることが可能か!



Dpp_0042



マジックショーは撮影禁止。残念ながら面白い写真はありません。



来場者の名や過去を当てて未来を予言するのですが、これがどうしても分からない。



また、書いた絵を当てるのではなく、オーナーが先に書いた絵と見ている方が後から



書いた絵がほぼ一致する。と言う先予言も行う。



トランプ技も多いのですが、当てられた方は「ハマリます」よ。トリックがあるはずですが、



そこがマジックなんでしょうね。



スプーン曲げもありました。目の前で簡単にクルクルクルと曲がります。



それで食事はハンバーグ、ハヤシライス、サンドイッチくらいで特別変わったメニューは



ありませんが、ゆっくりと食べないとマジックショー開始までの時間が長いのです。



何処でこの店の情報を仕入れたのか、遠くから予約をして来ています。



店内にあった時計 写真の裏返しではないです。 全て左回転をしています。



Dpp_0041_2



不思議に思うのは私だけではない



普通は道具がないと、ここまで曲がらないスプーンですが、



目の前で素手で簡単に細い針金のように曲がってしまう。  



何か分からないが自分のサインだと思う。



1_2



ショーの途中で客の名前や生年月日を当てたりします。



何で! 知らないはずの人の名前や生年月日が分かるのか!



ここが注目する部分です。



電話予約しないと入店出来ません。



〒859-3608 長崎県東彼杵郡川棚町栄町2
0956-82-2375



***********************************************



長崎西海橋の下に設置してある遊歩道



長~い橋の下を散歩する気分は爽快!



眺めも最高!



Dpp_00651_2



無料! 私達以外に見物客がいない。 



Dpp_0062_3



ちょっと、外側を見てみると、宇宙で居るかのような雰囲気。



Dpp_0066



Dpp_0071



走行している橋は一般道で無料ですが向こうの白い橋は有料道路です。



その白い橋の下側に無料の遊歩道があります。



この橋の周辺が西海橋公園です。



西海橋公園には針尾瀬戸をまたぐ二つの西海橋がかかっているのです。



不思議に見える煙突



Dpp_0055



煙突と思うが煙突ではない。



日本が戦争時代に残した無線のアンテナ塔だそうです。



西海橋周辺は気になる物体が見えるのです。



【ちょっと調べた情報】



3 本の無線塔は、旧大日本帝國海軍が 1918 (大正 7) 年から 1922 (大正 11) 年までの



4 年もの歳月をかけて完成させたもので、高さ 135〜137m の鉄筋コンクリート製の塔が



一辺 300m の正三角形を構成するよう配置されています。



かつては塔頂部の展張装置を介して、塔と塔の間に空中線が張られアンテナを構成して



いました。 当時は長波が用いられていたため、このような大規模なアンテナ施設が建造



されていたそうです。

関連記事

霧島高原のミヤマキリシマ満開

2013.06.06.Thu.20:37

ミヤマキリシマはどんな花なんだろうか、と想像していた。



近くで見ると、おとなしくて控えめな感じする。



和服の日本女性と言うシックな感じだ。



花は霧島・・http://www.youtube.com/watch?v=Tf_d1V837hU



Dpp_0006



花が小さくて色も薄い 500円硬貨くらいの大きさです。



顔を近づけると、小粒で可愛い感じがします。



Dpp_00081_2



Dpp_0002_2



ピンク色の花びらが周囲の緑色に負けてしまって鮮やかさがないですが、



妙に落ち着き感があって気持ち良いです。



まだ、満開にはなっていないようである。



標高900mの高原に咲くツツジです。



Dpp_0004_2



本格的に食事中



Dpp_0013



駐車場ないので路上駐車、 私の車が一番ジャマになっています。スミマス~ン。



Dpp_0016



えびの高原から山頂を霧島へと移動して行くとところ何処に、



地中から蒸気がシューと言う音をたてて吹き上がっています。



Dpp_0017_3



********************************************



霧島アートの森 霧島の山頂ドライブをしていると巨大なモニュメントに遭遇。



草間 彌生 さんのアートです。



http://www.panoramio.com/photo/79677126



http://tout-le-monde.seesaa.net/article/141258074.html



瀬戸内アートネットワーク(ベネッセアートサイト直島)でも



草間弥生さんデザインの可愛いカボチャが見られますよ。



Dpp_0020_2



Dpp_0031_2



相棒さまが、絶対ここで撮影してくれと言う。 ポーズして、笑顔して・・・と



http://open-air-museum.org/open_art_works/open_art_works-543



えびの高原から霧島高原を通りミヤマキリシマを見学、そのまま山頂を走っていると



巨大なアートが目の前に見えてきます。 何じゃこれ!と思いますが、楽しいよ!





関連記事

生駒高原の花畑 陰陽石の秘密

2013.06.05.Wed.06:30

この生駒高原の庭園はポピーが何日か前までは満開であったと思う。



しかし、私が行った時は他の花との植え換えのため、広い庭園は殆ど



花が刈り取られていました。



ですから、無料でした。



Dpp_0034_2



全体に花があるように見えますが、、ほんの一部なんです。



Dpp_0011_2



シャレーポピー (ひなげし)



Dpp_0015_2



Dpp_0020_2



Dpp_0021_2



Dpp_0023_2



Dpp_0024_2



Dpp_0025_2



Dpp_0026_2



Dpp_0029_2



Dpp_0030_3



どうも~ なんて言ってるみたいでしょう。



ちょっと撮影に失敗!



花の数は少なかったですが、見学料金は無料ですから、



部分的には良かったと判断すれば納得だと思いました。



静かな高原で、のどかな一時でした。



生駒高原に到着する付近の道路沿い両サイドにツツジの壁(高さ2.5mくらい)が



何キロも続いている場所があります。



ツツジのシーズンには真っ赤で圧巻だと思います。



花の駅 生駒高原 



〒886-0005 宮崎県小林市南西方8565 



TEL.0984-27-1919



********************************************



九州の珍(チン)名所



陰陽石は小林市の北方、生駒高原は小林市の南側。



陰陽石とは「アレ!」だろうなと思いつつ訪れると、「当たり・・・」でした。



まあ・・これは平和のシンボルじゃないでしょうか。



これを見て怒る方はおりませんね。



元気出せ!  ほらっ!



Dpp_0042_3



横側から



この位置からの眺めは私設の展望所からの眺めとなっております。



宮崎県の設置した展望所もありますが、こちらからの方がリアルですよ。



Dpp_0036_4



後ろ側から



Dpp_00551_2



ギャラリー蔵



誰でも喜べる展示物や歌麿の性交画像をとらえた絵を沢山飾ってある。入場料300円。



この施設の社長様が紙芝居風に説明してくれるのが、たまらなくイイよ。ウフフですな。



未成年者クリック禁止=http://poetsohya.blog81.fc2.com/blog-category-13.html



Dpp_0052



殿は正々堂々とごらんあれ~! 姫も同行すれば、あとは知らんよ・・・



Dpp_00481



鬼子母神も祀ってありますので、子宝を授かりたい方は精神的に良いと思います。



Dpp_0038_3



上の写真の蔵を通り抜けると陰陽石が裏側から見える仕組みになっているのです。



皆さん九州の小林市に行ったら、必ず見に行きなさいよ。



ちょっとは元気になれるかもです。



そうですね・・ここは蔵に秘密ありです。



宮崎県小林市大字東方浜之瀬公園陰陽石



お問い合わせ先小林市観光協会



TEL(0984)22-8684





関連記事

桃源郷岬の紫陽花

2013.06.02.Sun.22:54

宮崎県北東部・遠見半島・桃源郷岬の紫陽花は半端ではないくらい素晴らしい。



山頂の平野部と、斜面の両方に植え付けられています。



約20万平方メートルある庭園は、日向市在住の川崎清郷さん(60)が管理し、ツバキや



アジサイなど四季折々の花が1年を通じて楽しめる。桃は、紅白の花が入り交じって咲く



「源平桃」など約1100本があり、晴れた日は背景に広がる青い海と空とのコントラストが



美しいとのことです。



Dpp_0001



Dpp_0004_2



Dpp_0005



Dpp_0008_4



Dpp_0009_2



Dpp_0013



Dpp_0020_2



世界三大花木のジャカランタ



Dpp_0025_4





Dpp_0034_2



Dpp_0037



Dpp_0038_2



Dpp_0044



Dpp_0047



Dpp_0051_2



Dpp_0055



Dpp_0057



Dpp_0040_2



ブーゲンビリアも数輪密かに咲いていました。



Dpp_0042_2



管理者さまが言うには、あと一週間すれば花が一回り大きくなって緑の葉っぱの部分が



少なくなって来る。その時が最大の見頃になると言う。



********************************************



桃源郷岬を管理している方から教えて頂いた秘境の神社を参拝することになった。



この紫陽花の咲いているところは海抜151mだそうです。ここから、道無き道の絶壁を



下ると最も古いとされている鵜戸神社よりも更に古い鵜戸神社があるので是非行って



来るようにと薦められました。紫陽花を見学していい気分になっていたのですが、更な



る問題が発生しました!兎に角、教えられた以上は霊験あらたかなる場所に挑戦しな



いとなりません。頑張るぞ~!で行ってきました。



一つ間違うと生きては帰れません。そんな場所ですよ、怖かったですね。



Dpp_0121_3



Dpp_0127_2



うわ~っと言う気分になりました。  帰りの登り坂を考えると、ちょっと気が滅入ります。



Dpp_0124_2



何とか通れるようにはなっていますが、落ち葉を踏むと足が空転します。



Dpp_0131_2



Dpp_0132_2



帰りは、行きの逆ですから、もっと険しい! 道なき道を海抜151m分往復でしたが



何か徳をした気分になりました。



やっぱり、心も身体も健康であることが大切ですね。







関連記事

桜島を一周と、森伊蔵と、豚とろラーメンと、紫陽花

2013.06.01.Sat.12:05

桜島の足湯



平成22年2月1日までは日本一長い足湯だった。(全長100m)。



現在の日本一長い足湯は長崎県雲仙市小浜町 小浜温泉の105mです。



Dpp_0019_2



海側は鹿児島市を眺めながら、反対側が桜島を眺めながら足湯ができます。





Dpp_0018_3



大阪からの中学生達の修学旅行です。「こんにちは~」と声をかけたのだが横を向かれたよ。



知らない人から声をかけられたら、横を向けと教えられているらしい。



九州の皆さまは小学生、中学生、大人を問わずほぼ全員の方が「お早う御座います。



こんにちは」には必ず挨拶が返ってくるのですが、都会人は小さい時から曲がっているね~



Dpp_0025_3



桜島の東側が現在爆発中で火山灰が島中を被っていました。



灰色に見えるのが火山灰です。車の中まで灰が侵入してザラザラになりました。



Dpp_0008_2



1914の大爆発で海岸から500m沖合にあった烏島まで溶岩で埋まってしまった。



Dpp_0012



大正3年の桜島噴火で3mの原五社神社(腹五社神社)の鳥居が埋没







Dpp_0031_2



大正大噴火の前兆は、爆発の3日前から始まっていた。島内のいたるところで井戸が沸騰し、



海岸には大量の死魚が浮き、地震が断続的に起きていた。

1914年(大正3年)1月12日、午前10時5分まず、西桜島赤水上が黒煙を突き上げ10分後



には東桜島黒神の鍋山が大音響とともに爆発した。黒鉛は上空7000mに達し、全島を被い



つくした。間断なく轟く爆発音と火山雷、降り注ぐ噴石の雨、更に翌13日には溶岩の噴出が



始まり、30億トンの火の波が瀬戸海峡を横断、桜島と大隈半島を陸続きにしてしまった。



その後、約1か月間にわたって頻繁に爆発が繰り返され多量の溶岩が流出した。一連の



噴火によって死者58名を出した。



この鳥居がある黒神でも全戸687戸が火山灰に埋没してしまった。高さ3mの原五社神社



の鳥居は、笠木だけ残して辛うじて見えていたそうです。当時の村長、野添八百蔵は爆発の



猛威を後世に伝える為、発掘の中止を指示。そのままの形をとどめることになりました。



現在この鳥居は県の文化財です。



桜島に前回訪れたのは20年以上も前になるが、かなり落ちぶれた感じのところもある。



道路だけは整備されてキレイになっていた。



********************************************



焼酎のブランド森伊蔵酒蔵を訪問 桜島一周のあと訪れました。



Dpp_0036_2



ここでは販売してくれません。工場は見学出来きないようなので裏に回って 見ると。



Dpp_0040_4



店頭価格1本2730円くらいのが密かに出荷中です。化粧 箱に入れる?万円以上か・・・、



笑いが止まらないのは販売店だろうね。



Dpp_0042_2



森伊蔵 酒蔵



鹿鹿児島県鹿児島市金生町3番1号 / TEL 099-227-6111



********************************************



ここはラーメンでは有名らしい



Dpp_0048_2



Dpp_0049_2



豚とろラーメン800円、桜島美湯黒豚のお奨めメニューを注文した。



Dpp_0062_2



Dpp_0056_3



豚とろ=豚肉の角煮 沖縄では「三まい」というものです。これは美味しい!



Dpp_0057_2



餃子も特製 市販のような物ではないよ。食べれば「んんん・・・」となる。



Dpp_0060_2



この「もりやすラーメン店」は酒蔵「森伊蔵」店の隣にあります。



この店で湯割り森伊蔵をコップ1杯400円で飲めるよ。 どうする?>飲めないね



Dpp_00501_4



********************************************



さ~て次は、鹿児島県から宮崎県東方の紫陽花見学に行くことになった。



山全体があじさい公園となっていますが、満開はあと二週間後のようです。



Dpp_0080_2



お母さんと一緒に小さいお嬢さま2名、私の顔見て怖がっているよ、ゴメンね



Dpp_0064



Dpp_0068



Dpp_0069_2



Dpp_0070_4



Dpp_0071



Dpp_0095



菖蒲園もありますが、咲いているのは極一部、まだまだ先ですね。



Dpp_0097_2



山之口あじさい公園



宮崎県都城市山之口町花木1630番地



http://www.kumaya.jp/atikoti108.html



































































関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。