南紀白浜 とれとれ市場

2012.12.31.Mon.00:46

白浜に来れば立ち寄っても損はなし 



取れたての鮮魚・美味いもの・温泉までぎっしりある。



Dpp_0952_2



バスで来ている観光客が ええっ!こんなに買ってどうなるの!なんて自分で



自分のことを心配してた。 ドライバーさんも、こりゃ~全部乗るかな~でした。



Dpp_09511



ウワッ~ 広いな~



Dpp_0954



Dpp_0953



Dpp_1010



でかい!  2mくらいある。  クエ、かな~



Dpp_0979



サメ の日干し



Dpp_0956



毛ガニ



Dpp_0976



ビンチョウマグロの解体販売ショー



この頭、300円だよ!  誰か要りませんか?



Dpp_0982



Dpp_1004_3



オレさまはちょいと大きい頭で 6000円だ! 誰か買ってくれ~



Dpp_1005



Dpp_0988



販売価格が1000円くらいの大きさに切ってます。



Dpp_0990



下の写真は 頭の目の上の部分です。いくらだったかな~



Dpp_0992



高知県産 ダバダ火振り も売ってました。  珍しい! 買いました。



Dpp_0960_2



サバ押し寿司  向こう側は焼いたもの 780円  これ!もの凄くデカイ。 買いました。



Dpp_0994



さんま押し寿司 これは安い 250円です。 買いません。



Dpp_0993



Dpp_0998



もう14時だ、お腹空いた・・・  まだ、いっぱいだな~ 新鮮と言う雰囲気だ・・・





Dpp_0964_2





魚煮定食 800円   御飯、味噌汁、サバ煮付け、刺身、芋煮 全部がデカ~イ



Dpp_0965



こっちはバラバラ注文



Dpp_0966



上の写真の刺身400円  切れ落ちだが、かなりの量があります。



Dpp_0970



味噌汁もこの器ですから、大きいよ。



Dpp_0971_4



こんな物まで置いてあるw。 一応撮影



Dpp_1012_3



Dpp_1013_2



詳細は下のURLをクリックしてみて下さい。



http://www.toretore.com/tore/



〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521番地
TEL:0739-42-1010 / 0120-811-378

関連記事

ここは串本 向かいは大島

2012.12.29.Sat.02:28

本州、最南端の串本



本日は太平洋が瀬戸内海のように穏やかです。



ここは串本 向かいは大島 仲をとりもつ 巡航船
アラヨイショ ヨイショ ヨイショ ヨイショ ヨイショ  



http://www.kankou-kushimoto.jp/txt006.html



串本の眺めは最高!



大島にはトルコ軍艦遭難の慰霊碑がある。



ちょっとポーズ バックは橋杭岩が並んでいます。



Dpp_0910



ハイビスカスも咲いています。  やはり、黒潮の通る近くは暖かい。



Dpp_0911_2



Dpp_0906_2



Dpp_0912_2



********************************************



大島には、



トルコの記念館やトルコの軍艦遭難慰霊碑・日本最初の石造灯台がある。



Dpp_0941_2



Dpp_0919_2



トルコ軍艦遭難慰霊碑



明治23年9月16日 台風のため、ここの沖合でトルコの軍艦が遭難しました。



その時、580名の命を失いましたが、島民救助活動結果69名の命が助かりました。



そのため、今も日本とトルコとは友好関係にあります。



Dpp_0924_2



Dpp_0926_2



樫野埼灯台   明治3年に作られた日本最初の石造り灯台



Dpp_0935



Dpp_0939



灯台周辺の風景   この周辺は何処に行っても眺めは抜群です。



Dpp_0936_2



Dpp_0946_2



Dpp_0949_2



下の写真はかあちゃんが撮影した1枚 



Dpp_0948_2



この撮影方法はほぼ正常なんです。(大笑)



何でこんな芸術的な写真が撮れるのかなあ~、素晴らしい!(怒)



頭の角度調整をしながら見て下さい。 (^^)^^)



あまり頭を傾け過ぎて眺めると転倒するよ(注意)



気分転換のためにアップしました。(微笑)









関連記事

勝浦のホテル浦島の名物・洞窟温泉

2012.12.27.Thu.20:39



ホテル浦島まで行くには、まず舟で行かなければならないと、言うことを初めて知った。



そして温泉は、ホテルの内部からトンネルを通って各所に歩いて行くようになっていた。



田舎者の私は、このホテル内で迷子なるところでした。 



洞窟温泉には舟で行くと思いこんでいたから、ますます田舎者じゃ~ね。



下の写真の向こうに見える島全体がホテル浦島と言う訳です。



0



いらっしゃいませ~ いらっしゃいませ~



ドンドコドンドコ・・・・ドンドコドンドコ・・・・



舟で到着すると、歓迎の太鼓で迎えてくれた。



こんなのは初めてで、何か嬉しくなってきたね~



01_2



あれ! 日帰り入浴の受付係がいない。  まっ!待つとしますか



6



この茶色のラインに沿って行って下さい。  これはよく分かる。



温泉は6箇所あり、各方面に向かって別々の色で行き先を指定してあります。



5_2



4_5



1_2



写真左側にVサインしてるのが見えますが、誰ですかね?。



3_3



隣のおっちゃんが「撮したろか~」。  



私:これでいいですか!   暇だからお許し下さいね。



2



2時間ちょっとで、4箇所クリア 



行ったり来たりで、かなりな移動距離がありますよ。



疲れた!



7



3箇所以上入浴で特典あり



8_2



入浴剤を頂きました。 ホテル無料宿泊券でも頂けるのかと期待したのだが。



9_2



16時30分から19時まで入浴しましたた。



楽しかったですよ。



服を脱いで、ドボ~ン



また、服を着て次の湯へ



そして、また服を脱いでドボ~ン



繰り返しが4回、凄いでしょう。



お客さまは多いようなのですが、あまりにも広いので多いようには見えません。



舟で渡って、お一人様1000円です。







温泉入り放題。

関連記事

伊勢神宮へお参り致しました。

2012.12.26.Wed.00:18

39年ぶりの参拝です。



と言うことは随分昔のことになりますな。



参拝道を歩きながら思い出せるのは一番最初の橋だけだった。



相棒さまは、馬がいたとか言っているがそのようなものにも覚えがない。



来年は20年に一度、本殿が新築になる年である。



下の写真の鳥居は伊勢神宮の入口の橋の両側にあります。



これは帰りに気づいたことですが、知らずに通過してしまうところでした。



Dpp_0936



しばらくの間、参拝道を静かに歩いて本殿に近づいて行く。



Dpp_0904



三重県産の奉納酒 参拝道の途中に飾ってある。 沢山ありますね~



Dpp_0907_2



まだまだです。



Dpp_0909_2



途中にお守りの授受とか、御祈祷とかを受け付ける建物がある。



Dpp_0913_2



もう少しで本殿が見えます。   



Dpp_0916_2



やっと本殿の前の階段です。これ以上はカメラ禁止。



Dpp_0920_2



ちょっと、望遠側にして見る。 



この本殿は今年までで、左側の新築が完成すると取り壊される。



Dpp_0923_2



下は平成25年に完成する新しい本殿。  



現在の本殿の左側に位置します。 内部は全く見えないようにしてある。



Dpp_0918



願い事①、願い事②、願い事③をして  お守りを授かって(300円)



Dpp_0933_5



静かに、ゆっくりと伊勢神宮をあとにしました。



Dpp_09081_2 



ちょっと読み辛いですが、画面をクリックすると少し大きくなります。



********************************************



どこにもある門前町。  ちょっとぶらりとして。



古姫さまは、こちらの方が得意。



Dpp_0945_2



試食! さんまの丸干し これっ、美味しい!



買ってあげなきゃ、店主の辛そうな顔が可哀想だよ!



Dpp_0949_3



次はこれ!



Dpp_0966



美味しそうでしょう。古姫さまが2個食べて、私に1個くれました。(270円)



Dpp_0958_2



Dpp_0960_3



食べている時が一番幸せそうな顔してるよ!



********************************************



二見浦の(めおと岩)も見学



Dpp_0970_2



Dpp_0976_2



願掛けカエルと言うのがあって みんなやってる。



Dpp_0979_2



ここでの願い事は 何だろか・・・宝くじが当たりますように・・・ですね。



Photo



伊勢神宮(内宮)と二見浦の夫婦岩とは少し離れています。車で20分くらいかかります。















関連記事