スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通のパンクとは違う

2012.02.20.Mon.20:22

なんじゃこれ!



朝方、軽四のバンに乗ろうとしたとき



左に傾いているではないですか。



パンク!



Dpp_0003



Dpp_0002_2



仕方なくスペアタイヤに交換作業、



ところが点検不足だ、こちらもペッチャンコ!これもパンクじゃ御座いませんか。トホホです!



Dpp_0014



2本もパンク



3輪で走るか!



そりゃ無理!



スペアに交換して自転車用のポンプで300回以上も



苦労して空気を入れましたが、苦労してもペッチャンコ。



原因はバルブのゴムの途中からエアー漏れです。



漏れている方向に手で圧力を加えると漏れが収まります。



そこで、無知な頭で解決策はないものかと考えた。 「ありました!」



極意の裏技



ガムテープで漏れない方向にバルブを引っ張りつけました。



大丈夫です。漏れません。



そこで山奥の修理工場も無い村から45kmも離れた町まで注意深く走った訳です。



Dpp_0019_2



修理工場でバルブを手で押すと全車輪とも簡単に折れてしまいました。



Dpp_0021_2



本来くっついて居なければならない部分ですが、劣化してゴムが硬化、弾力性がなくなり



下の写真のようになってしまった訳です。



赤い←矢印の部分がかろうじてくっていていた部分です。



Img_1478



治りました。



Dpp_0027_2



6年経過で35000km



バルブの製造国は中国



弱いですね~



皆さん知っていますか、こんな事を!



交換すれば治りますが高速道路でこのようなことが



発生したら全部終わりですよ。



タイヤ交換もそろそろでしたので思い切って全部交換しましたが



思わぬ大出費です。



今後のために涙を飲んでお金を支払って来ました。







関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。