スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家・吾平治で幻の間人蟹

2012.01.01.Sun.00:42

1



上の写真は幻の蟹です!



撮影方法が気持ち悪いね。



これは(間人蟹)と申します。



向きを変えるとカニらしく見えます。



Dpp_572



一杯3~5万円 海鮮市場の販売人が言っていました。



4



年に一度の超贅沢な旅



もう一つの贅沢は(一日一組の宿)に宿泊です。



古民家・吾平治と言う名の宿ですが雰囲気も超一流です。



そんなところで、このカニを食べるのですから、贅沢極まることなります。



舟盛りからスタート、石鯛の活け作り、マバル活け作り、サザエ、男ばい貝、白エビ、ハマチ



間人ガニの刺身  白エビは食べると鼻血が出るくらい美味い、地元の漁師さんだけが知る



と言うエビです。男ばい貝は深海生息する珍しい貝で、なかなか入手出来ないらしいです。



間人ガニと比較することは出来ません。これは別格です。



Dpp_608_2



めったに食べられない石鯛もいますよ。  



何種類もある刺身は全部甘いです。



Dpp_632



まずは かんぱ~い!



Dpp_616_2



指はブイ、口はガブッ! 特殊な食べ方ですよ。   楽しいね~



美味い!



Dpp_681_2



2_4



ウヒョヒョヒョ! 美味しい!  たまらんわ、ですね!



Dpp_602



ほうろく鍋 間人ガニを半蒸しにした状態、激ウマです。



感動しますよ!



甲羅にカニ味噌が入っていて香りが周囲を取り巻いています。



Dpp_651



今回は4杯の間人ガニでしたが、1杯は雑炊用にして、各カニ味噌の味を味わってみました。



それぞれ、味の違いがあります。



Dpp_653



下の写真 生のカニ味噌ですが、普通は食べられません。



カニが新鮮でないと食べられないそうです。



口の中で香りと味が「パ~ッ」と広がる感じになります。



これ!最高。



Dpp_636



カニばかりではなく、どんどん美味しいものが出てきます。



アワビの塩コショウ煮   柔らかくて香りが良くて美味しい!



Dpp_674



最後は雑炊で締めくくり    もう・・・食べられな~い、と言いながら、食べますよ!



3



かなり食べ過ぎで疲れモードです。お腹が張り裂けそうな感じ。  もうダメ!



Dpp_686



カニ、刺身、雑炊、ビール、焼酎など沢山、この腹の中に入り込んでいます。



Dpp_705_2



ご苦労様でした。



何回食べても美味しいものは美味しい!



特に、美味しいのはこの間人ガニですね。



幸せ!幸せ!



18時にスタートして21時まで食べまくりでした。



所要時間3時間の間人ガニフルコースは終了です。



古民家・吾平治



紹介します。



Dpp_595



Dpp_556



玄関を入ると、いきなりこんな感じ!



詳細は下のURLをクリックしてHPを見て下さい。



http://goheiji.jp/



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。