スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚田米の水車米

2011.12.27.Tue.21:15

棚田の米を水車で精米



いいものを見つけたぞ!



広島の山間部より20kg購入しました。



四国にも昨年、日本一になった棚田米があります。



棚田米は何処の棚田米でも美味しいと相場が決まっていますが、



まして、それを水車で精米するといったいどんな美味しさになるのか、



もう、思っただけでも何か(ワクワク)しませんか。



心配しないで下さい。



まずは私が御賞味いたします。



どうですか、下の写真。



Img_0046



はい、どうぞ!



米が光ってますぞ!



米が立ってますぞ!



香りがいいぞ!



甘~い香りがします。



こりゃ・・・上等じゃ・・・!



もう・・・たまらん!!!



漬け物だけで何杯でもOK!と言うことになります。



Dpp_396



写真は5kg×2袋です。



自分の所には5kg残して、あとは誰かに配りましょうか。



喜びはみんなで分かち合うことに致します。



欲しい人、「手」を上げて!



(^_^)



九州の水車米は6時間の精米時間でしたが、こちらは何と8時間もかけるそうです!



6時間でも長いのにね~



「えええええ~」、聞いただけでも「力」が抜けてしまった・・・



Dpp_403



Dpp_406



洗米の仕方も文章で添えて頂いております。



Img_00371



手間暇を掛けられた米の価格にしては安いと思います。



20kg(5kg×4)で8500円です。



30kg袋入りのは御座いません。



販売は5kg単位ですから、ちょっと高めになります。



ところで



上の説明書き



洗米が難しいよ!



ぬるま湯で洗うそうです。



米を湯で洗うなんて初めて聞きましたよ。



風呂で洗うか~「冗談!冗談!」





関連記事
スポンサーサイト

ハイエース自作キャンピングカー LED室内灯

2011.12.23.Fri.08:34

ハイエースの天井にピッタリの照明用灯具が見つかりました。



今までは、暗いので別の灯具を取り付けていましたが、解消しました。



発光色は白色で青白いLEDのイメージとは違いがあり、テーブルの上は



自然な感じがします。大きさも適当で邪魔にもなりません。



両サイドを固定するネジ位置もハイエースの最初から付いている天井の梁が



全く同じ場所にあり、取り付けには悩みがありませんでした。



灯具の取り付けは配線終了後に天井パネルを取り付けてネジ釘の位置を決める



だけです。灯具の厚みが薄いので取り付けは簡単でした。



Dpp_383



影を見て頂ければ分かりますが、ノーフラッシュです。写真は外の明かりも少し入り込んで



いますが、かなりの照度が出ました。



Dpp_395



手間取ったのは配線です。スイッチはテーブルの下の壁側、サブバッテリーは右の畳の下



です。天井のパネル、後部エアコンが付いている部分、壁のパネル、テーブル、棚など全部



取り外しをしてでの作業です。



Photo



このLED機器は、以前ソーラパネルを購入したインターネット店より購入しました。



後部スペースには台所×2、最初から純正の照明機器が付いている場所×2、足下灯×1



後部収納庫×1、今回取り付けた物と合計7カ所にLED照明が付きました。



今回の照明機器は5wですが、他は1w程度ですのでサブバッテリーにも照明用としては



大きな負担は掛からないと思います。



大きさ:長さ414㎜、幅114㎜、厚み14.5㎜



購入店:安川商事 http://www.naturalgoods.com/



Dpp_376_2



現在、サブバッテリーはG&YU(105D31R)を×2から×3に変更設置してあります。



FFヒーター=20w~40w程度と説明にはありますが、起動、終了(温度調整での入切)



では15A(180w)くらいの電流が数十秒間流れます。テレビ、冷蔵庫、オーディオの消費



電力も考慮に入れますとサブバッテリー×2では不足と思い増量変更しました。



関連記事

一足早い雑煮会

2011.12.18.Sun.08:41

小さな町の小さな地消地産マーケットでのイベント



会話1: お父さ~ん・・・雑煮をみんなで作ってるよ!食べにおいで・・・



会話2: えっ!何処?何処?



会話3: 三ノ瀬市ですよ。



会話4: 正月はまだ早いじゃん!



会話5: 深く考えんといて~



早々に出発!



下の写真 : この雑煮には(ミカン餅)が入ってます。



ミカン餅は読んで字のとおり、ミカンが入っておりまして香りもそのとおりです。



芋餅、ミカン餅、普通の餅、の3種類を全部食べました。



今日の外は5度です。寒いから「ハフ~ハフ~」しながら暖かいのが丁度いい。



Dpp_324



大きな釜を2台設置してあり、向こう側は完成しいています。



すでに周囲は香りが充満しています。



釜も煙突も何処からか寄せ集めですが、  



バラバラと言う感じがユニークです。



Dpp_335_2



沢山お客産が来ました。ドンドン配ります。



Dpp_351



ここから、ニコニコ顔をちょっとアップ。



寒くても元気!鼻水出して「アチッ!アチッ!」 左手で上手く食べてる。    カワイイネ!



Dpp_302_2



カメラに反応0.5秒 早い! おまけで Vサインだ。     いい顔してますネ。



Dpp_317



美味しそうだね。 少なくても三杯は軽いと思うよ。



Dpp_363



3杯目どうぞ!   ほらっ!、沢山食べてる。    こうでなくては楽しくないね!



Dpp_367



Dpp_270_2



ガブッガブッ と2回噛み付くと美味しそうに見えるでしょう?



Dpp_3261



今から、蒸籠でミカン餅を蒸すところです。



Dpp_322



下は芋餅を蒸しています。



Dpp_259_2



餅つきだ! 「ペッタン、ペッタン」 ではないのです。



あと何分くらいだ~、なんて言いながら餅つき器の蓋を押さえているだけなんです。



どうして? 蒸した餅米が沢山入っているので餅つき器が「ゴトゴトゴト」暴れるんです。



Dpp_297



出来上がると、みんなで餅の形を作っていきます。  この辺も楽しい一場面ですね。



Dpp_328



特別に綿菓子製造機も持ってきております。



Dpp_274



ちょっと、ちょっと 焦ったらビニールの袋に入らないじょ! 結局、入れきらず2名で強力。



Dpp_272_2



相変わらず店内は朝取れた野菜が豊富に並んでいます。  おまけに激安ですよ。



Dpp_341_2



のどかな田園風景の中です。



365日、毎日、鯉のぼりをふき流してあります。



三ノ瀬市のシンボルですよ~



台風が来たら行方不明になりますが、その時はまた新しいのがぶら下がっています。



Dpp_348



今日は楽しい雑煮会のイベントでした。



雑煮も無料!



綿菓子も無料!



お土産に出来上がってすぐの餅までくれました。



香川県三豊市財田町財田上の中央付です。







関連記事

向道中ふるさと芸術村

2011.12.17.Sat.08:32

芸術村!こっちと言う看板発見。



日本海から帰り道で脇見運転していると見つけた!



Dpp_0044_2



村おこしで村全体が芸術で盛んな所なのかと思いましたが違いました。



中学校の廃校を利用して考え方や芸術に自信のある方々が集まっているようです。



Dpp_0041_2 Dpp_0037



中に何があるのだろかと興味津々で入り口の扉を開きました。



玄関で挨拶を済ませると、代表者の方が案内をしてくれることになりました。



一瞬、目についたのが下の絵です。



文章も絵も気になります。



絆はつなげるもの・・・      本当ですね、私達は何か忘れています。



Dpp_0038



写真の展示室に案内されて、「おおおっ」と言うのがありました。ガラス越しで反射が写って



いますが、中々こう言うのは撮れないと思う。



Dpp_0054



ステンシル(型紙を使って印刷する美術用語とも意味するそうです)



盛んに行われていたのが、このような型紙を作り専用の筆で色を塗り込んで行く作品でした。



Dpp_0056



筆 毛先が短くて堅い       絵の具(布用のもので、最後にアイロンで焼き付ける)



Dpp_0060_2 Dpp_0059



このように「渋い感じのが良いなあ~」なんて思えるのは自分の(年齢)を感じます。



Dpp_0065



Dpp_0057



Dpp_0061



パッチワークのような芸術作品もありました。これ!優秀作品らしい。



Dpp_0049_2



これは薄く切り裂いた竹。 ここは年輩の男性が多いブース 竹細工、とか木工です。



Dpp_0067



これも優秀作品。



Dpp_0071_2



上記の写真は一部ですが、他に落款、書道、油絵、音楽等々の芸術部屋もあります。



単なるここでやってると言うだけのものではなく想像力を形にする場所です。



近頃、なんだか興味が沸いて来たのは忙しい人生から抜け去っているのかも知れない



ですが、今まで視野が狭くて気が付こうとしなかっただけかも知れない。



http://bunka.pref.yamaguchi.lg.jp/bunka/mypages/pub/1085



山口県萩市と島根県益田市の中程から瀬戸内海に向けて走る国道317号線沿いに



あります。



山口県周南市大道理1812 



電話0834-88-2290







関連記事

落ち着いた眺めの久礼湾

2011.12.11.Sun.23:15

忙しい忙しいと毎日働きどうしの人生



我先にと進んで来た人生



ここに来て(のんびりモード)にしてみますか。



目の前を黒潮が北へ向かっています。



湾になっていて波は穏やかで暖かい



夜は少し寒かったので流木をひらって来て、たき火 



暗闇にメラメラと立ち上る炎は何故か幻想的



Dpp_602_2



夕食は昼間大正町市場で買ったもの、鯖のみりん干し、ひじきのかき揚げ、蒸しカツオ



周囲には私の車以外は誰もいませんが、以外と寂しくない。



Dpp_606_2



さあ~朝焼けの始まりです。



元旦には初日の出を撮影するカメラマンも多い場所なんです。



Dpp_00503_3



ほんの少し時間が経過して、太陽が顔を出しました。



Dpp_00516_2



久礼湾・双名島のダイヤモンド・・・とまでは行きませんが、眩しくて綺麗



Dpp_00522



海面から立ち上がる水蒸気を山から吹き下ろす風が沖へと運んで行きます。



結構早いスピードで進みます。



1時間あまり続くのですが、これも幻想的なんです。綺麗ですよ。



Dpp_00512



まだまだ、朝の外は寒い、車窓から海を眺めて朝食。



強烈な朝日が差し込んできます。



Dpp_00536



朝食が終わり、かなり、ぼんやりとした時間が経過して行きました。



のんびりモードですが、昼前からこの久礼湾の入り口にある双名島まで



散歩に出かけました。   



ここが初日の出の撮影にカメラマンが並ぶポイントです。



Dpp_540



釣り人がちらほらといます。



イカが釣れました。  パパ嬉しそう



Dpp_614 Dpp_608



こちら側が久礼湾です。  



海の色が青く澄み切っていて何とも言えないくらい綺麗でした。



Dpp_551



双名島の陸から遠い方の島に灯台がありますが、そこまで上がってみると、



島の頂上から太平洋側の眺めは下の写真のような感じです。



Dpp_6061_2



ここでしばらく、ただぼんやりと景色を眺めていました。



車に帰ってまた食べるの?と言う具合な昼食です。



食べるばっかりで何もしていません。



九州では美味しい瓦そばを食べさせていただきましたので、



ここではそれによく似た瓦そばモドキです。



Dpp_620



上の写真。上側が中華そばで下側が日本そば、中央は牛肉のすき焼きのタレ焼き



黄色いのは玉子焼きです。



あああ・・・食べるのに疲れた一日でした。



高知県高岡郡中土佐町久礼

















関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。