スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国カルスト

2011.07.31.Sun.00:18

今年最初の四国カルスト



昼間も雲が多くて、ちょっと肌寒い、気温は22度



夕方は最高の夕日、夜は晴れて素晴らしい星と宇宙。



だから、ここは何回も何回も訪れたくなる場所なのです。    (画面をクリックして頂くと拡大します)



                                    3_2



車を止め場所を決めると、牛君が近くまで寄って来ました。



2



子牛も 何頭かいて、可愛く見えます。  キャンプ場の周囲は牛の放牧をやっています。



21_2



のどかな風景でしょう。  実にノンビリと出来る空間なのです。



1



 ほんの数十秒ですが生まれて初めて見ました。 これ本当に彩雲かな~



51



夕日 から 夕焼け  無茶苦茶 キレイ



7_2



空の色がだんだんと青くなり、青黒くなり、星が見え始めます



8_2



写真では見えにくいですがもの凄い星の数です。



9_2



11



もう数えることは出来ません。



10



北斗七星に手が届きそうに感じます。 写真では分かるかな



H7_2



朝起きると異星人発見! ???



ママと一緒に散歩している最中でした。     カルストに似合いそう!



                                         ↓↓↓ 分からない程度にボカしてあります



Asa



今日は待望の久万町でのJAZZキャンプです。軽く朝食を済ませ久万町に向かう準備



20



Photo_2



ご飯も味噌汁もありません。手作りパンとコーヒーだけでした。



昨夜からの強風でタープに損傷。車が一晩中揺れていました。



車中でも結構、寒い思いをしました。



ですが、流れ星が何回も見えました。



幸せになれるかな?

関連記事
スポンサーサイト

松葉川林間キャンプ場

2011.07.24.Sun.18:17

携帯電話もインターネットも通じないところ



綺麗な水の川が横に流れている。



緑と酸素が充満している。



廃校となった小学校を利用したキャンプ場



こう言う場所でいると自然に溶け込んでしまって動きたくない。



キャンプ場は申請すれば無料で使用出来ます。



温泉も緑の中を歩いて500mで松葉川温泉があります。



3



↓↓↓ テントサイト 奥の方が炊事場   左下は川



6



周囲は静かなんですが、川のセセラギとセミの声はいっぱいあり過ぎです。



地元の子供達が川で泳いだりしていますが。川の水の温度はもの凄く冷たい



臑(スネ)までの深さの水の中を歩いてみましたが、冷たくて10歩が限界でした。



7_2



子供達は冷たくて「痛い」などと言っていましたが、それでも中々出て来ません。



↓↓↓ キャンプ場に到着すると、まずやることは「な~んだ」 シュノーケルの調整だ! 行くぞ!



24_2



8



昼食はキャンプ場の周囲を散歩して山野草を採取、またしても山野草の天ぷら



12



↑↑↑ 向こう側が山野草の天ぷら、手前はすき焼き風野菜炒め



実はかなり美味しいのです。



天ぷらの材料:タラの芽、おおばこ、よもぎ、紅じゃが。赤パプリカ、ふき、春紫音



紅塩をちょっとだけ付けて食べます。



13_2



夜の食事はこれ!    カンパイはお茶で~す。



15



ジャガイモのモロッコ風のカレー鍋、  野菜のオリーブオイル炒め、 サラダ、 果物



18_2



朝食だよ!  昨夜の残りのジャガイモのカレー鍋、目玉焼き+サラダ



それよりも緑の葉っぱが朝日に照らし出されて輝いていますよ~、清々しいですね~



19_2



仕事に追い回されることもない



兎に角、時間が過ぎるのが早い



蝉(ひぐらし)の脱皮シーン AM6:55~AM10:40 



このキャンプ場に来ていた元気君が見つけたぞ~   いつ頃飛び立てるかな~



21  20



22  23



朝の散歩



この吊り橋を通って温泉にも行来ました。



相棒が飛び上がって揺らしてくれています。



少し若返って、こう言う具合に楽しい訳です。



25



26_2



28_2



松葉川温泉はこの写真の右側、女性風呂からはこの流れの轟音が聞こえるそうです。



25_2



松葉川温泉 露天風呂



キャンプ場も温泉も一つの自然の中と考えた方が良さそうです。



3_2





昨夜は2組のキャンパーでしたが、単独だと夜はちょっと怖い感じになると思う。



照明もトイレもありますが、夜行性のイノシシ、狸 、そいて熊も出そうな気がする。 



29_2



 ■キャンプ場所在地
   高知県高岡郡四万十町日野地605-1
 ■問い合わせ
   北辰の館
   TEL 0880-23-0615



 http://www.kubokawa.com/canp-jyo/matubakawa.htm

甫喜ヶ峰キャンプ場Ⅲ

2011.07.18.Mon.00:57

お隣さんから、うれしい頂きもの



この風景は 広い! かなり余裕ですね。



下の写真の中央右に小さく写っているキャンプ場でのお隣さん。



私達が帰る時には、わざわざ見送って頂きました。 嬉しかったですね!



A15_2



お隣さんから高知県の珍しい食材を頂きましたので早速に料理しました。



オリーブオイルで軽く焼いてカレーにトッピングです。



A16_2



ピーマンのようでピーマンではない。大きな唐辛子のようで唐辛子ではない。



柔らかくて子供さんも喜んで食べるらしい。ちょっと甘い感じがします。



今、高知県で少し出回っているとのことです。



高知県の「特産品」になること間違いなし



香りが良くて、歯ごたえは柔らかい



カレーにも良く合っていました。ありがとう・・・・・





関連記事

甫喜ヶ峰キャンプ場Ⅱ

2011.07.18.Mon.00:43

朝食と散歩



このキャンプ場は森林公園の中にありますので、



キャンプの他にも壮大な自然を満喫出来ます。



朝食はいつもどうり美味しそうなのが並んでいます。



A1



枝豆豆腐 玉子汁 焼きナス(トッピングに肉味噌、大葉の佃煮) 野沢菜のたまり漬け 茄子漬け



A2



A14_3 A13



食事も終わり ちょっと山登り  往復900mの散歩道は全てが涼しい。



自然に囲まれた森林の中の遊歩道を歩いて見ました。



マイナスイオンが充満しています。



A31_2



A3_2



A4



A5_2



A6_2



A7



ここまで来ると、これからは少し下り坂



A9



頂上の展望台  高知市内と太平洋が目の前



A10_2



ちょっとお遊び 止めとけ!と言ったのだが、結構楽しんでいます。



場内に五右衛門風呂を設置してあります。使用した形跡有り



A12



蒸気機関車の音 (発生源=ネロ)



暑いので呼吸の音がシュ シュッ シュシュッ シュシュッ・・・・・時速60km/hの音



↓↓↓ 静かにしろ~!と言ってっも絶対無理! だから蒸気機関車に乗ってるつもり



A11_2



名前はネロちゃん お年は13歳♀



人間で言えばかなりの年齢



いつもキャンプに一緒



ヨタヨタしています。





 



関連記事

甫喜ヶ峰キャンプ場

2011.07.16.Sat.15:57

ああ・・・



なんて気持ちがいいのか



静かに過ぎる時間、まるで天国を感じる



広くて、静かで、設備もいい



おまけに無料なんだよ



管理人様は無茶苦茶親切です。



H1_3



H11_3



紫陽花が咲いている散歩道 ゆっくり歩いて良い空気吸って幸せ~と言う感じ。



H4_2



H2_2 



昼食の準備始まり・・・    大きい炊事棟が2カ所あります。



H6_3



焼きナス 焼きじゃが 焼きニンニク  サザエも焼きましたよ。



周囲のゴミ(枯れ木)とかを集めて熱源としています。



H8_2



H9_2



H10_2  H11_7



H3



H12_4 



〒789-0585
高知県香美市土佐山田町平山1491-2
0887-57-9007



決められたサイトと言うのはありませんが、好きな場所を選べます。



広いですから、有料キャンプ場のような隣のサイトを気にするようなことがありません。



一度行けば、再度行きたくなるキャンプ場です。



http://www.kochi-sanrin.jp/hoki/



↑↑↑ ホームページもありますので参考にして下さい。

関連記事

軽四自作キャンピングカー

2011.07.13.Wed.16:14
これは楽しい!
  これは面白い!
何と言っても自作キャンピングカーですよ!
車の所有者様=自作マニア=ユーモアーセンス過大=仕事熱中人
制作延べ日数は30日程度
最初はどんな構造だろうかと想像をしていましたが、すでに使用過程にありました。
K2
写真は幌の部分を上側へ70㎝伸ばした状態です。これで室内高2mあります。
伸びた部分(幌)がベット(2.7×1.4m)となっています。キャブコンのような2階式です。
K6
上部を折りたたんで縮めると全高が2mとなります。↓↓↓  走行安全も万全(ロック付き)
K1_2
軽四にはこんな感じ保冷車がありますが、保冷車には見えないよね~
後ろ右側部分は家庭用エアコン、電源は発電機による外部電源となります。
K3
工夫している内部
木枠を上手く組み合わせて固定するようになっています。突風でも大丈夫!
K7
K8
↓↓↓ 折りたたむ時の順番があるそうです。 写真から想像してみて下さい。
>同時に幌を上手く取り込みます。 
K9
手の下側にある棚を手前に並べればベットとなります。
K91_2
室内の前部  窓には純正カーテン
K10_2
室内の後部   左がエアコン、右シンク(これにはビックリ!)
K11_2
シンクはあるが水道無し  心配無用、キャンプ時には上から水が出るようになります。

K12
↑↑↑ シンクの説明をすれば、まず皆さんは「えええ・・・」と言うでしょうね。     答:洗面器
本人様に成り代わりまして説明致します。
 車:平成12年式・スバルサンバー
 車両のみの購入価格:友人から檄安価格(1桁)
 材料代:エアコンは家庭用のを再用(無料)、全額10万円以下
 幌:ターポリン(テント・横断幕に使用するビニール素材
 構造:あらかじめコンパネで基本を作り、上にグラスファイバーで処理
 重量:車両除く150kg(以外と軽量)
 取り外し可能ですのでトラックとしても使用可能です。
 幌の内部固定方法は、簡単には思いつきませんよ。凄いなあ~と思いました。
反省したいことがあったら、電源を取り込みビール持って車中泊
自作と言うのは、そう言うところが最高に楽しいんだよな~ 
仕事サボって今度一緒にキャンプに行こうで~ 

関連記事

阿波踊り

2011.07.07.Thu.01:47

徳島自動車道・吉野川SAで毎週日曜日に行われています。



7月3日、気温34度の中で行われていました。



見る方もかなり暑かったが踊り手さんはそれどころではなかったと思います。



地元有名連による華麗な演舞、予定時間



◆4月~8月 (14時、15時、16時、17時) 4回出演



◆9月~10月 (14時、15時、16時) 3回出演



開演前に「暑いね~」と一言。



みんな 生き生きしてるよ!



いいとこ見せてよ~



  は~い!



Img_0399t



Img_0402krtr_2



いよっ! 構えて!



Img_0403t_2



踊るアホーに、見るアホー、 同じアホなら踊らにゃ損!損!



Img_0407t_4



Img_0410t



Img_0417t



Img_0422t_2



Img_0426t



Img_0429t



左から飛び入りさんが出ました。頑張れ~



Img_0431t_2



舞台の後ろ側ではバンドの皆さん このバンドの良否で迫力が決まります。



Img_0435t_3



阿波踊り:徳島県が発祥とする盆踊りである。



日本三大盆踊りのひとつで約400年の歴史があり、



夏季になると徳島県内各地の市町村で開催される。



徳島市での開催日/毎年8月12日から15日までの4日間







関連記事

美濃田の渕キャンプ場

2011.07.04.Mon.03:31

今日もムシムシする



涼しいところで食事でもしないか?



普通はレストランですが、貧乏は違う!



弁当をお願いすると気軽に返事が返って来た。 



家から山を越えて30分で行けるキャンプ場です。



無料でいつでもOKなんですよ。



水洗トイレも水道も何カ所にもあります。



眺めが抜群な場所へ、いつものように車を止める。



横には四国を縦断する吉野川が流れており絶景ポイント



Img_0385t_8

今回も昼食メニューは、コック長が腕によりをかけてくれました。



オリーブオイルで仕上げたベジタブルグラタンとサラダとパン



Img_0378t_12



Img_0380t



Img_0382t_2

Img_0383t

美濃田の渕は徳島県の名称で天然記念物に指定されています。



川の中に点在する巨岩が見るからに綺麗でいつまで眺めていても飽きない



Img_0387t



Img_0388t_4



Img_0389t_2



Img_0390t_6



Img_0391t_4



Img_0395bt_2



Img_0392t



Img_0393t_6



Img_0663bt



Img_0394t



次のページで説明します。



①このキャンプ場に来る時に、気になる店の前を必ず通ります。(アイスクリーム店)



②隣接する吉野川SAでイベントがありました。日曜日のみのサービスです。

関連記事

琴弾公園でディキャンプ

2011.07.03.Sun.01:44

家の中が蒸し風呂状態



涼しくてのんびり出来る場所へ行くことに決定。



食事を用意して香川県では西方の海辺の公園に向かった。



松林の中のため太陽は直接当たらないのと眺めも良い。



琴弾公園と言うところですが、ここは寛永通宝の砂絵でも有名です。



Img_0289t



のんびりとしている程、空腹を感じるものです。



本日の昼食



茶そば : そばのトッピングは(竹の子の佃煮、卵焼き、胡瓜の千切り、とまと)



冷や奴 : トッピングは(我が家の佃煮、大葉の千切り、醤油は生醤油)と ご飯です。 



Img_0292t_2



美味しいデザートもあります。 山羊ミルクのシュークリーム(濃厚)、と桃です。



私が小さいころ山羊を飼っていました。 山羊のミルクを飲むと「プ~ン」と草の臭いが



します。牛乳を沸かすと表面に薄い膜が出来きますが、山羊のミルクは牛乳の何倍も



厚みのある膜が出来ます。成分的には濃厚なんでしょうね。



Img_0299t_2



こんな格好で眠ったり、雑誌を見たり



Img_0302t



Img_0308t_6



Img_0304t_7



公園と海は隣接状態 この海岸線一帯は夕日の絶景ポイント

Img_0312t_3

ここは夏場は海水浴場でもあり、土日は混雑します。



昼間の景色も夕焼けも綺麗な場所なのですが、



今年は黄砂が多くて夕焼けも曇っています。

観音寺市有明町

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。