南淡路休暇村キャンプ場

2011.06.27.Mon.11:19

キャンプ場は何処にする~



淡路島へ行ってみようか?



何か放浪生活みたいやね~



淡路島へは四国からは鳴門大橋を渡らないと行けません。



6月19日までの1000円均一は終了ですが橋のみだと土日祭割引で580円



淡路島に着いてからは眺めの良い西海岸線を北上 



しかし、この日の日中は暑かった!



淡路島から四国方面や大鳴門橋の眺めは最高!



気温は高く空には積乱雲が見え、まるで夏のようでした。(6/25正午)



Img_0116t_2



↓↓↓キャンプ場は2~3箇所、調べましたが温泉のある南淡路休暇村に決まりました。



キャンプ場に着いてトイレに行くと洗面台が今まで見たことがないくらい汚い。



オートキャンプ場ととなっていますが。車は道路ですから、隣を意識する方はNO。



Img_0123t



↓↓↓ 一夜明けて朝、タープの中においていた小鰺、めばる等料理を猫にやられました。



不法侵入の(猫)ちゃんめ!全部取られてしまった。



Img_0126t_10 Img_0138krtr_4



蚊に噛まれた!



 ほんとかよ~



  なんだこりゃ~



    実は昨夜、温泉の階段でずっこけて足首を捻挫中です。



    上部が蚊で、下部は捻挫



  蚊はいなかったけどなあ~ 



Img_0158t_2



からかんぱ~い(一夜明けて)



Img_0166t



どうですか? 楽しそうでしょう。



それにしても運転、大丈夫か! 



心配するなって、バレはしないよ。



アルコール分は0.00%だよ・・・



あははははは・・・大丈夫 大丈夫。



Img_0160t



玉子焼き、玉子豆腐、韓国海苔、豆、高菜の漬け物、もずく、サラダ、味噌汁等



Img_0163t



元気200%が隣のサイトからやって来た。



吠えまくりの犬さまと渡りあっています。(犬さま車中)



僕も負けんぞ! ( ここまでこ~い! やかましい! だまれ! )



                                          写真をクリックすると拡大します。



Img_0180t_2 Img_0185t_2



釣り師もおいでになる。 



カッコイイね。



師匠!本日は如何ですか?   んんん  ・・・んん・・ダメ



Img_0152t_2



これは驚き!



   世の中狭いね~、隣のサイト(元気200%)の方の車が同県ナンバーでしたので



   伺ってみると私達の近くの方でした。



大物ムカデもいる。カニもいる。不法侵入猫もいる。



大雨、大風、ドカーンの雷に遭遇した蒸し暑いキャンプでした。



南淡路休暇村 展望の良い温泉もあります。



キャンプ場は休暇村から海まで降りていった位置です。



http://www.qkamura.or.jp/awaji/



 



26日、日曜日のチェックアウト後は徳島まで移動して徳島市内の繊維団地での



ビックリ日曜市へGO!



http://www.awanavi.jp/article/0003263.html





関連記事

津田の公園で朝飯

2011.06.25.Sat.19:09

昨夜から明日は何処に行くの~と、考えながら朝になった。



何処かで泊まってゆっくり考えよう、と



なったのですが、さっぱり結論が出ず。



結局朝になった。食事でもしながら決めよう、



山にも行きたい、海にも行きたいと思うばかり。



Img_0095t_3 



綺麗な芝生の中に休憩所、誰も居ないので占領した。



キャンプ場ではないが、釣り客や散歩の方がが訪れる公園です。



Img_0098t



ご飯の上に海苔のふりかけ、あとは目玉焼きと味噌汁の一般食



Img_0099t



この芝生はかなり広いですよ、眺めも良いし動きたい気分になれない。



Img_0100t



同行の相棒が鰺などの10㎝級を25匹くらい釣りました。大漁だ!



今晩のテーブルの上に登場します。



Img_0111t_2



マラソンランナーに遭遇、この方は沖縄、台湾とかの有名レースの経験者さま。



走り方もアドバイスして頂きました。



年齢を伺いましたが、10歳は完全に若いです。やはりパワーですね。



Img_0090krtr



と言う訳で奥殿連盟がちょっと真似をしています。



Img_0105t_2



20mくらい走ったら終わり・・・あ~あ~ダメだわな~。

関連記事

あじさいの里

2011.06.23.Thu.16:52

新宮あじさいロード



あじさいの里と、どちら正式なのかな~



今年は開花が遅れているようですが



見逃してはならないと思い山道を頑張りました。



到着してみるとやっぱり、満開はまだまだでした。



広大な山肌一面があじさいの花畑、もの凄い広さです。



Img_0028t_2

下からの写真は広く感じませんが、上からの眺めは別ものとなります。



Img_0064t_10



Img_0046t_3



この休憩展望所は下から1/4の距離です。↓↓↓



ここまでで、これ以上登るのを諦めようと思うくらいですが、頑張って上へ上へ、大丈夫です。



Img_0052t



Img_0058t_3



モノレールを設置してありますが最後の傾斜が45度くらいあって怖いので拒否!



Img_0039t_6

Img_0050krtr_4











Img_0065t_6



Img_0060t_3



Img_0066t



海抜は高そうですね~、何メートルでしょうか。





Img_0044krtr



眺めは 最高!



↓↓↓ 一番上の展望所からです。



足に自信が無くても大丈夫です。



Img_0079t_2



今日は山間部でも気温も、湿度も高い状態、上まで登ると衣服は汗でベタベタでした。



道路沿いでは観光者向けにお土産を売っていましたが、景気悪いなあ~でした。



T  Img_0067t_2



新宮あじさいロードは高速:高知道の新宮ICか10分です。



国道11号線より一般道を経由した方が山間部の新緑を味わえます。



6月26日が新宮あじさい祭りですが、この土日行かない方が良いです。



下手くそ運転手は涙でます。(ちょっとオーバー)



Uターンも出来ないくらい混みます。



でもね~、6月26日~が一番綺麗かも知れない。



関連記事

蔵と一緒に

2011.06.12.Sun.22:25

古い蔵と広い庭をお持ちのお宅を訪問



友人の紹介で蔵と庭のガーデニングを拝見。



ここのオーナーはスゴイ!です。



やることが多種多様だ。



う・・・ん 天性の持ち主だよ。



真似をしたいところですが、真似が出来ない。



何でここまでやれるのかと思うが、やはり努力なんでしょうね。



何処にでもありそうな蔵ですが製造年月日は280年前



Img_9848t

内部は流石に「いい作りしていますね~」  古く見えない



この梁の削り方、大工を何十年も経験しないと出来ない技作り。



Img_9797krtr_3



この蔵の一室がオーナー様の休憩場所。  何か見えますか・・・・・・トレーニングドラムだ



他に ピアノ、サクソフォーン、ギターも・・・(驚)



Img_9798t_2



このテーブルも蔵の中  自作です。   これ電柱かなあ~  



Img_9778krtr_3



別棟に作業場所がある。 何でも作れると言う訳です。



まるでホームセンターの販売棚のように整頓されています。↓↓↓



Img_9760t



触っていると「元の位置に戻して!」と言われそうだ。



Img_9763t_2



これも自作 右側は、キャスターが付いているでしょう。↓↓↓ 別の使用法も出来るとか。



Img_9764t_3



これも自作   作るのは簡単だと言いますが?



Img_9766t_2



これも自作 これ楽器だそうです。↓↓↓  ドリルの先の収納は皆さんこのように細工します。



Img_9768t_4 Img_9765t_3



これも自作 次はガーデニングで難しい部分



これらも全部一人で設計、製作を行ったそうです。



Img_9278t_2



簡単! 誰でも出来るなどと、おっしゃっておられますが・・・



手順などを想像していますと、丁寧に教えて頂きました。



簡単と言えるのはオーナー様だけ! でも、うらやましいなあ~ 



Img_9269t_3



さてさて、いずれにしても私が作ったとすれば完成まで1年以上はかかりそうな



物ばかりですが、ごく短時間で出来上がるとの説明には「唖然」としました。



Img_9268t_3



広いガーデニングの庭がありますが、これもお一人で整備されているとのことです。



農作業も、ガーデニングも、木工の物作りも、楽器はドラム、ピアノ、サクソフォーン、



ギターまで楽々で、そして陶芸もやります。先生までもやっているのですから大変。



いったいどんな方なんだろう?



答え:女性です。しかも年齢はかなり若い



大型オートバイもOK、溶接もだ。



何でも出来るのだから、どうしようもない人だ。



ちょっと眺めていれば、あとは自分流で何でも出来るそうです。



男性諸君!何やってんの! お願いだからしっかりしたまえ 

















 









関連記事

柳茶屋キャンプ場

2011.06.07.Tue.20:51

このキャンプ場は鳥取砂丘の横



無料:申請すればOK)



キャンプサイトは駐車場の横にある広~い松林の中です。



管理者様に先客が大勢いて駐車場に入れない旨を告げますと



別の場所へ案内までして頂きました。



別の場所とは予備の駐車場で広くて得をした気分。



ついでに、タープまで張ってしまった。(50%草むら状態)



管理人さまは大変優しい方で何にも言いませんでした。



それより、若者のグループが盛り上がっていましたので



私たちも負けないつもりで参加・・・・・・!!!



まず最初のパシッ!   焼きそば親びん登場(右側)



Img_0118t





山盛りだよ・・・  美味しそうだね~! 全部食べられる?



Img_0115t



アッチッチッチッ! ゆっくり食べろよ!



Img_0114t_2



柱と一緒に食べる方法



Img_0122t_2





Img_0113t_2





画像をクッリックすれば大きくなります。



Img_0080t Img_0078t



↓↓↓ のどチンコ撮影成功   こりゃ~人気もんだよ。



Img_0081t_2





みんなパワーあるよ~



誰!誰!誰!  引っかかった人~   10回連続で飛べたら成功!



Img_0068t_2



楽しくやろうチームまで、おにぎり試食会に来てくれました。



Img_0112t_5





さてさて夜が明けてみると駐車場所の周囲が綺麗なのを再確認しました。



ここには他に車はいませんので駐車場の一角を独占しています。



Img_0155t

朝飯で美味しいものは ↓↓↓ 汁だ~香りが良くて最高!



Img_0133t Img_0134t



ところで奥殿! 昨夜ですが、誰かと一緒に朝ご飯食べようと約束しなかった?



(奥殿、思い出せない):ちょっと待って、約束したかも???



北海道と東京の息子さまに約束したのだったら、きっと待ってるよ。



(奥殿):呼んで来ます~~~~!



Img_0147t_2





と言う訳で美味しいものを出せずにごめんなさいね。



Img_0150t Img_0151t_2



前夜のパワフルみんな!



そして多摩君と札幌君!



君たちの素敵な笑顔を頂きました。ありがとう、ありがとう。



私たちジジババが元気でこの世に生きていれば、また会え



そうな気もするな・・・頑張ろう頑張ろう



昨夜のパワフルみんなとも再会出来るかも知れないね。







場所:鳥取県鳥取市浜坂 

関連記事

湯村温泉

2011.06.07.Tue.11:59

リフレッシュパーク湯村、混浴



露天風呂は水着が必要ですが貸してくれます。



内湯よりも何種類もある露天風呂が魅力的です。



温泉プールも同時に利用出来ますので結構楽しいよ。



祭りの用意を行っていた湯村人に教えて頂きましたので行って来ました。



下の写真は湯村温泉の代表的な場所、足湯も右下の川の中にあります。



囲いをしている場所から熱湯が噴出しています。



夢千代で有名ですが、夢千代さんの起源は三朝温泉から始まっています。



Img_0059t_3



翌日のお祭りの準備  他のHPに祭りの様子があります。http://www.yumura.gr.jp/



湯村のみなさんが一致団結して直径50センチ、長さ100メートル、重さ4トン



にもなる大綱の制作をしているらしいです。



下の写真の綱は短いので連結するのかも知れない。聞くのを忘れた~



Img_0063t



ここからリフレッシュ湯村



何かに期待をして、さあ~ご入浴だ



ちょっと高めの1100円



水着を借りると300円





P6040868t_2



温泉が上から滝のように落ちて来て、近くに行くと頭がびしょ濡れだ・・・



ここの温泉のウリはこの「滝温泉」。  



凄いよ「ド ド ド ド ド」 いう感じ



小屋はサウナです



P6040846t_7



洞窟温泉 情緒ありますね~、気分がいいw^^^^^



P6040841t_2



ちょっと試し! ①温泉に間違いなし ②暇人なんだから・・・・・放置しておきましょう。



P6040830krtr_3 



この樽風呂 檄熱! 





P6040842t_2



内湯の露天風呂は小さい。   



P6040866t



全部で露天風呂が×5、サウナ×1、内湯×1、温泉プール×1



もう、クタクタ 



これは凄いでした!



疲れた。



場所:  兵庫県美方郡新温泉町湯1371
      Tel:0796-92-2002
      Fax:0796-92-2003
      http://www.refresh.co.jp    http://www.refresh.co.jp/



関連記事

棚田(鳥取県内)

2011.06.05.Sun.08:46

春米の棚田 (つくよねのたなだ)



ちょっとだけ入り込んだ場所と思っていましたが



かなり山の奥でした。もう一カ所の西が岡棚田は



道路が土砂崩壊で通行止めのため諦めました。



春米の棚田は日本の棚田100選の中の一つと



なっているのですが、休耕田も見られました。



Img_0021t_2



山の頂上付近と言ってもいいくらい高所にあります。



案内板の目下が上の写真のような棚田となっています。



問題は水だすが、どこから高所にある田に引いているかです。



Img_0024t



横尾の棚田



次の場所へ移動、四国にある獄道439号線のような道路で山間部を通り抜けて



やっと到着しました。地元の方に道案内して頂きましたが、私の車は方向転換が



出来ない程細い田んぼ道を昇って行きます。そこで驚いたのは、あまりにも細い



道なので車を止めて悩んでいたところ、最初に道案内して頂いた方がかなり下の



方から走って上がって来て頂き「詳細な田んぼ道の状況」を教えて頂きました。



ほんとに優しい!感動しました。



また一つ心に刻むものが出来ました。



Img_0038t



この階段状のものは水路で各棚田に配水するためのものです。  ↑ ↑ ↑



各階段の向こう側が棚田となります。



Img_0040t_2



昼食は朝、道の駅・若桜のイベントで 購入したものです。



景色を堪能しながらの昼食でした。 ↓↓↓



Img_0051t



兎に角、美味しい!    何時間でもこの場所を確保したいですね~





Img_0054krtr_2



長時間、道端に車を止めていましたので地元の方が心配をして下の方から上がって



来てくれました。



また、そこからの話が弾み長~い !



古き時代からの説明をいっぱいして頂きました。



この地方の方々はみんな素朴で優しい!



Img_0052krtr



上の写真の右下に白い立て札が写っていますが、この田んぼは県外から年3回



150人あまりで耕作とか手入れに訪れるとのことで、誰の場所であるかの目印



だそうです。その他の作業は地元民で補助しているとのことでした。



関連記事

三輪バイク

2011.06.02.Thu.19:11

音速マシーン (冗談です)



おおお・・・い!



ライダーさ~ん



これ何ですか?



少しどころか、かなり変わっていますね。



前が2輪、後ろが1輪のバイクです。



駆動方式はミッドシップ???



バイクに乗ったら転ける方は如何でしょうか。



目立ち過ぎですね。



でも夢が膨らみそうです。



Img_9974krtr



Img_9958t



Img_9956t_2



アニメのスーパーバイクのモデルのようだ



最高時速:ほぼ音速・・・(嘘)



Img_9963t



ミッションですがバックが付いています。



Img_9965t_2



日本の何処かのメーカーのエンジンによく似ています。ホンダかな!



Img_9973krtr



ちゃんとフレーム様式がありますが詳細はなし。



中国製 単気筒250cc 



金額:60万円くらい(詳細不明)



運転免許:普通免許が必要です。ヘルメットは着用しなくてもよい。



自賠責:2輪が適用 上乗せ保険は何だろうか、聞くのを忘れました。



香川県の満濃池で休憩していると、この3輪バイクに遭遇しましたので



ちょっと撮影させて頂きました。



持ち主様はキャンプやツーリングが得意技のような方で関連話には



時間の経過があっと言う程早かった。



話がハズミました。



このバイクで東京まで行ったそうです。



駐車場に困り果ててお帰りになったとか。



嘘のようですが本当の話です。



年齢を問わずバイクは楽しいですね。







  

関連記事