瀬戸大橋

2011.02.25.Fri.21:54

残念ですが写真では綺麗に見えない。



ディキャンプにも最高の天候。



瀬戸大橋から東の方向、絶景ポイントを目指して走行。



眺望の良い場所では時間を忘れて何時間も「ぼや~っ」です。



こう言う場所でのコーヒーは美味しい。  



写真の上でクリックすると画面が少し大きくなります。



Img_6863t



Img_6867t



Img_6873t



Img_6883t



Img_6885t 



Img_6881t



大槌、小槌(おおづち、こづち)と言う島が見えて絶景ポイント



Img_6889t



おーい! 安全運転だよ・・・   分かった!行ってきま~す



Img_6896krtr



途中、水産会社(みき水産)が経営する焼き牡蠣食べ放題(2.500円)の店があります。



定食と太巻き(具は魚類)も販売していますので立ち寄ってみるとよい。



Img_6887t



太巻きの中身を取り出すと、イカ、マグロ、鯛、大葉が入っています。



形は少し大きめで800円です。付属の醤油も中々質が良い。



Img_6486



普通の巻き寿司より大きいため、一人では食べ切れない。



関連記事

石灯籠

2011.02.22.Tue.23:32

珍しい形をした石灯籠



一般的には花崗岩とか御影石ですが



この石灯籠はいったい何の石でしょうか。



石灯籠は普通は神社の入り口にありますが



ここは神社とはかなり離れて設置してあります。



この有名ポイントは高松市亀水町の加茂神社と言います。



Img_6900t



アート風。  近寄って観察すると海水に浸食されたかのような石でした。



Img_6902krtr



Img_6904t



Img_6907t



西暦1204年にこの神社は始まっていますが、1521年に焼失し再建されています。



そして今から23年前の1988年に老朽化に伴って再構築しています。亀水町の住民



のよる再構築とありますから、一人あたりの負担額は相当なものがあったはずです。



田舎暮らしはすばらしい事が沢山ありますが、こう言う負担にも遭遇しますので多額



の費用を協力出費する時があります。



〔加茂神社〕:屋根は銅板張りで、今は綺麗な緑色に輝いています。



周囲の緑に溶け込んで濃厚な雰囲気。



裏山に珍しい〔松ぼっくり〕があります。



次に紹介しましょう。











関連記事

天狗まつり

2011.02.12.Sat.21:18

白峰山には天狗伝説(香川県)がある



「さかいで天狗まつり」12日、香川県坂出市の相模坊社で行われました。



お接待で 打ち込みうどん「天狗うどん」が出ると聞き一番で参加しました。



うどん以外に伝説を模った天狗と鬼との芝居あり、餅まきあり、和太鼓演奏ありで感激でした。



Img_5736



天狗にちなんで、このうどんには10種類の具が入っています。



芋、人参、蓮根、椎茸、大根、ネギ・・・・・・・・



Img_5739_2



今年のうどんは1800人分作ったそうです。



隣の部屋で生うどんを作り、釜が4カ所でフル回転。



Img_5826



相模坊社(さがみぼう):瀬戸大橋が見える眺めの良い位置にあります。



Img_5729t



餅まきですが、餅が小さくて見えませんね。 私は紅白の餅をキャッチしました。



Img_5719



そろそろ、天狗さま御一家のお出ましです。



Img_5749_2



対決!



Img_5775krtr



Img_5752 Img_5754



夕日と和太鼓(鴨川福神太鼓)、感激の風景と感激の音 すばらしい!   



Img_5798





Img_5817_2



Img_5813_5   



Img_5690



今日はもの凄く寒かった。海辺ですから冷たい潮風が吹きつけました。



白峰山には四国88カ所霊場の81番札所白峰寺があります。



平安時代、白峰山で崩御された崇徳上皇にお仕えしていた相模坊(天狗)は今もなお上皇の



霊魂を慰め続けています。 



場所;  香川県坂出市大屋冨町    











関連記事

満濃池

2011.02.11.Fri.00:40

今から1190年前



空海(弘法大師)によって改修された満濃池     



久しぶりに訪れてみました。 日差しは柔らかく気分爽快!



この日は黄砂の影響のような感じで遠くがハッキリ見えません。



左正面は満濃池の堤防です。 カメラを手前側から奥側へ移動しました。



Img_5634krtr_2



雨が降らないためか、貯水量が大幅に低下しています。

Img_5637



堤防と池の境目付近に座り、池を眺めながらコーヒータイム 落ち着きますよ・・・

Img_5643



池が満水状態では、下の写真の下部は水没します。

Img_5644


Img_5651_2

Img_5652



Img_5655krtr_2



☆写真の上でクリックすると写真が拡大します。



満濃池を撮影すると、不思議なことにカメラの向きはほぼ同一点に集中します。





関連記事