讃岐うどん (山越うどん)

2010.08.27.Fri.13:04

ネットで有名。  こんなに並ぶと、うどんを食べる頃には疲れきっています。



P71105091t



この画面では50m程の列。



P7110507t



このあたりで2時間待ち。



P7110506krtr2



地元の人は絶対行かない。



店の中には沢山入れません。20人程かな? ホントニホントニご苦労様で~す。



P7110503t



駐車場に入れないうどん観光バス。



P7110505t



県外の車ばかり。



時々、このうどん屋さんの横を通りますが平日の朝からこんな状態です。夏で熱中症にもな



りかねませんが、「絶対食べて帰ってやる~!」の根性でしょうね。



香川県の人はこのように何時間も待たされるうどん屋さんには、まず行かないでしょうね。



他にも美味しい店は沢山あります。それにうどん屋さんにも色々と個性があり、食べる方に



も個人のこだわりもありますので色々と店を選択します。



県外からうどんを食べに来ている方にお伺いしたのですが一日に数軒も行くと聞き驚きまし



た。   7~8月はインターネット検索が多いためか、有名うどん店はもの凄~い列!



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村                                                                                                   ↑ ↑ ↑                                                                                                                      よろしければワンクリックお願い致します

関連記事

四国カルスト Part2

2010.08.23.Mon.00:40

Img_1253



静かな夕暮れ時。



Img_1265



月の綺麗な夜でした。



Img_1269



5:07撮影 360度朝焼け、絶景!



Img_1307



5:40撮影 四国カルストの下に雲海出現。



Img_1352



雲海はかなり下方に見えます。



Img_1327



姫鶴平キャンプ場 広い!



Img_1353



7:00撮影  朝のコーヒータイム。



Img_1360



朝食メニュー 強烈に美味しい。



Img_1362



山野草 最近、これが多い!



Img_1368



テンプラに変身 美味しいよ!



Img_1372krtr



晴れたり曇ったりでしたが2日間終了。



今回も自宅では暑くて我慢出来ない状態でしたので、また涼しい山に登ろうと標高1400mの



四国カルストに出向きました。  夜は長袖のシャツでも寒く感じる状態でしたが景色の良い場



所に陣取って2日間過ごしました。 知り合いの方とも偶然に会えたり、遠くまで来て同県人の



キャンカーがお隣さんだったりして楽しく過ごせました。



キャブコン4台、バスコン2台、バンコン3台が周囲でおりましたが、高知県と滋賀県のバスコ



ンの方はそれぞれ手作りで内部を制作されておられました。拝見させて頂きましたが、運転



とか室内は広くて楽だろうと思いました。車両が大きくなる程に道路の狭い場所や山間部は



辛い思いをしなければならないので状況に合わせた選択で悩みますね。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村                                                                                                   ↑ ↑ ↑                                                                                                                      マウス左ボタン シングルクリックでOKです

関連記事

ハイエース自作キャンピングカー タープ

2010.08.19.Thu.10:39

Img_0556t 



取り付けた状態。下に垂らしてあるタープを横に張れば1.5m分広くなります。



Img_0390krtr 



の紐をッフックに掛けます。



写真はタープの一部分ですが、シルバーに見える部分が内側となります。この部分は内部



に磁石ゴムを埋め込んでありますので設営後は天井と接着させて雨の浸入を防ぎます。



右側の小さな三角部分はスライドドアーを開けた際の雨避けとなり、この部分にも磁石を埋



め込んであります。



Img_0509 



天井にフック金具を貼りつけてあります。



フック部分全体の金具 (材質ステンレス) はトイレットペーパーホルダーを加工した物です。



それにフックを溶接してあります。天井との曲面部分は微調整して接着剤で固定してありま



す。接着剤が夏場、冬場の耐熱や耐寒にどれだけの強度があるかは今から様子を見て行



きます。



Img_0516_2



ルーフキャリアにフックを取り付けてあります。



Img_0559 



タープの後ろ側の内側から撮影。



Img_0548 



最初はフックにタープを引っかけてから次の準備へと進みます。



タープをオーダー制作して半年あまり使用しました。2.5m×3m(4×3mにもなります)200系の



サイドオーニングを取り付けようと考えておりましたが、200系の場合取り付け状況によって



は問題点があると言うことなので中止しました。このタープの生地は市販の既製品の物より



少し厚めで風、雨、紫外線にも結構頑丈です。設営も慣れれば簡単で早くなります。地面が



アスファルトやコンクリートの場合は引き紐の工夫が必要です。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

塩塚高原

2010.08.18.Wed.21:28

Img_1222



塩塚高原へようこそ、 看板の左側が塩塚高原オートキャンプ場です。



Img_1216



塩塚高原展望所。



Img_1209



展望所より東方向。



Img_1210



展望所より北方向。



Img_1211



展望所より西方向。



Img_1212



展望所より南方向。



Img_1218



駐車場にトイレがあります。



Img_1221



霧の高原キャンプ場。



今日は塩塚高原の見晴らしの良い展望所でディキャンプでした。 この周辺には霧の高原



キャンプ場と塩塚高原キャンプ場のオートキャンプ場が2カ所あります。一応2カ所とも状況



調査して参りましたが昼から入場している様子は見当たりませんでした。  夏休み中ですが



寂しい感じがします。1000m以上の山頂付近に位置するのと、ここまでの道路状況の悪さ



にも原因があるのかも知れません。



展望所に立つと周囲には何もなく、まるで宇宙に1人取り残されたような感覚になります。+



開放感は全開となります。頂上には駐車場やトイレもありますので水さえ持って行けば車中



泊が可能です。 夜はかなり寂しい思いをしますが、晴れていれば星は最高に綺麗だと思い



ます。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

四国カルスト

2010.08.16.Mon.02:12

Img_1148



この場所のみ空いていました。



Img_1154



近くで見ると草ぼうぼうですから、他の皆さんはここまで来られません。



Img_1156



ケーキ作り 。



Img_1171



盛り付ければこんな風に!



Img_1179



土砂崩壊箇所の仮復旧。近くにテント出張所を設営しましたのでボランティアです。



Img_1188



朝、6時半 雲の中 何もかもベタベタ。



Img_1196



ねじ巻き草。



久々の四国カルスト。  1400mの山の頂上付近にあり、石灰岩に覆われていて非常に綺麗



です。草原には牛も放牧されており秋吉台とは少し感じが違いますが晴れていれば景色は



最高に良く感動ものです。



ここでの今までのキャンプは突風や雨に悩まされることが沢山ありました。 突然、雨雲が現



れたりすると周囲はあっと言う間に見えなくなったりもします。



当日は天候、景色共かなり良い状態であり観光客も多いようでした。  高所とは言え直射日



光に当たるとジリジリと暑さを感じます。夜になると、低地とは比べものにならない程肌寒く



なります。



今回も途中で採取した山野草のテンプラ有り、ケーキ有りの超ノンビリムードが作れました。



私が車を止めていた場所から上に昇る階段部分が土砂崩壊となり石や土砂で通れなくなっ



ていたのを暇に任せて階段の幅半分、約6mを修理しました。 作業を行っている時に何人も



通られましたが私は単なる土木作業員でした。ちょっと “怒”  でしたが、これがご時世なんで



しょうね。喜んだのは私達だけのようでした。



めずらしい野草 (花) を見つけました。クルクルと巻いているので (ねじ巻き草)と言います。



キャンプ終了後には四国カルストを降りたところにある(雲の上温泉) と言う名の温泉でノン



ビリと出来ました。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

Jazz picnic キャンプ 2010

2010.08.02.Mon.19:11

Img_0888t



第4回目 Jazz ピクニックキャンプ 。



Img_0881 



ムードですね~。ピアノ・ベース・サックス・ドラム。



Img_0910 



元気な北浪良佳さんには圧倒されました。(ボーカル)





Img_0951



コックご自慢の山野草のてんぷらが始まりました。何処に行っても「これ!」続きそうです。



Img_0950



昼ご飯



Img_0963 



バッタの笹細工、120組あります。形のも大きさも全部同じ ””ビックリ!”



Img_0973 



洗濯はさみの上に貼り付けてある親子バッタ。



Img_0830



ミニモトバイク教室 初めてバイクに乗りました。さすが男の子、数分で乗り方をマスター。



Img_1012 



大根収穫イベント、1人様2本まで。特別に美味しい大根の漬け物を作りました。



Img_0915 



蝉の脱皮(ハイエースのタイヤ上) 、我慢出来ずに、とりあえず近場で脱皮!



H22.7.31~8.1



待ちに待った第4回目Jazzピクニックキャンプ、前回は大雨でしたが今回は晴れとなりまし



た。山の中腹とは言え昼間は少し暑い感じがしますが、夜は低地とは違い寒さを感じます。



今回のイベントには松山工業高校のJazzバンド、吉井章浩ピアノソロ、紙芝居、キッズバイク



教室、竹細工教室、カブトムシやバッタの笹細工、野菜収穫体験等盛り沢山でした。主催者



様のご厚意で子供料金は無料となっており、これもまたこのキャンプの特徴です。笹細工の



バッタですが、1個作るのに1時間かかるそうです。これを120組(240匹)も作って来られまし



た。そして、希望する方には無料で配られており、皆さんのためにここまで努力されているの



にはちょっと胸が熱くなりました。



今回の私達のグループは大人8名子供6名の計14名でした。  名コックが2名常駐しており、



付近の食材を利用して何でも惣菜になる等楽しい食事が出来ました。水はこだわり天然水、



米は普通、ビールはノンアルコールと言う具合で嬉しいですね。



珍しいことに、前回のキャンプで蝉の脱皮に遭遇しましたが、今回も朝起きて見ると私の車



のタイヤの上で脱皮していたのを発見しました。



詳細:http://www.kumajazzpicnic.jp/



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事