まっさんの生家は竹原の竹鶴酒造。

2015.01.16.Fri.11:11
今、NHKの朝ドラで有名になった”まっさんの里”竹原へ。
ついでに 竹鶴酒造の清酒も購入しようと思い訪れたのだが。
周辺の酒店、何処に行っても”売り切れ”で竹鶴商品は全く無しです。
こんな感じなんです。
 酒販売店で 
 私:”あの・・・まっさんの竹つ・・”  
 店主:”売り切れてありませんね!”
 何軒かの酒販売店に行きましたが、全部答えは同じでした。
 私:仕方なく竹原地域の別銘柄を購入しました。
DPP_0007_2015011809564474c.jpg
あれっ! 鍵がかかってる・・
開店前かなあ~
わんさと観光客が押しかけて来るために閉めているのかも知れない。
DPP_0009_20150118095645b8e.jpg
① これは竹原酒造の道路側の風景です。 
DPP_0010_20150118095645bc0.jpg
② まっさんの生家の前には張り紙がしてあり 
詳しい情報は歴史民族資料館に行って下さいと書いてある。
たぶん観光客がバスで押しかけると困るんでしょうね。
DPP_0011_2015011809564768c.jpg
③ まっさんの生家は竹原の保存町並みの中にあります。 写真左側です。
DPP_0012_20150118095648a70.jpg
竹鶴政孝(まっさん)とリタ夫人の当時の写真です。
DPP_0016_201501180957524b0.jpg
NHK朝ドラではまっさんとエリちゃんになっていますが、
竹原に日本のウイスキーの出発点があるなんて・・・
私は竹原の町並み保存地区に過去何回も訪れていますが
こう言う素晴らしい事が含まれているとは知らなかった
全く無知な旅行者と言うことになります。

参考1:
http://www.takeharakankou.jp/guide/see/rekishiminzoku.php

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E9%B6%B4%E9%85%92%E9%80%A0

http://www.asahibeer.co.jp/area/08/taketsuru.html

参考2:
私はニッカウイスキー派で~す。
まっさんも草葉の陰でよろこんでおる と勝手に思っちょる・・
そして焼酎は芋派で~す。
そして日本酒は辛口派で~す。
そしてワインはボジュルヌーボで~す。
そしてビールはアサヒビール派で~す。
これで 全て上手くいくと思う。ワハハハハハ・・・

おおとう桜街道 と言う道の駅

2015.01.16.Fri.00:23
いきなり ブルーLED イルミネーションです。
イヤヤヤ・・・ これは 凄い!

ブルーLEDのノーベル賞、日本人の誇りですね~
ここは福岡県にある”道の駅・おおとう桜街道”です。
時刻は19時ころですが老若男女沢山の見物客がいます。
DPP_0006_2015011523403802f.jpg
キレイだね~
DPP_0017_20150115234039e19.jpg
きれいだね~
DPP_0018_201501152340395f4.jpg
キレイだね~
DPP_0024_20150115234041de7.jpg
綺麗だね~
DPP_0028_20150115234042602.jpg
きれいだね~
DPP_0031_20150115234503c31.jpg
最初の写真の場所を横から眺めると
アナと雪の女王 のイメージです。
それに因んだBGMも流していますから、余計に感動ものです。
ちょっと ウルウル きますよ!
これには ホントにキレイでした。
DPP_0035_20150115234504e57.jpg
この道の駅の出入り口付近ですが、何キロにも亘る道路(桜並木)にも
イルミネーションを施してありました。 
ホント、すごいですね~
DPP_0037_20150115234504249.jpg
日本一の門松らしい!
でっかいなあ~ 18mもある門松です。
最初は何かのモニュメントかと思っていたら、門松だって?
DPP_0050_201501160018070e8.jpg
100000000円のトイレとあります。
DPP_0054_20150116092614603.jpg
最近、よく見かける陶器の洗面台、いかにも高価そうです。
何処の道の駅にもあるような洗面所とは違いが明らかです。
全てがキレイですから、これなら汚す訳にもいけませんよ。
DPP_0057_20150116001809c8a.jpg
男性用小便器、ちょっと違いますね~ 
普通なら壁に張り付いている感じですが。
DPP_0058_2015011609323919c.jpg
男性用トイレと女性用トイレの中間に自動演奏ピアノを設置してある。
椅子に座って聴くこともも可能です。 この日はジャズが流れていました。
DPP_0059.jpg
広~い駐車場は満車。
道の駅ですから、入場無料。
おまけに、温泉の付属しています。
(物産館で購入した食材は温泉に持ち込み可能)

イルミネーション開催日時, 2014/11/22土〜2015/1/31土

道の駅・おおとう桜街道
〒824-0511 福岡県田川郡大任町大字今任原1339
0947-63-4430

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%86%E6%A1%9C%E8%A1%97%E9%81%93
ん・・・ この道の駅は頑張ってるよ!
今までに全国色々と行ったけれど、こんなのは始めてです。
今回も福岡県のエラ~イ方がここまで案内してくれました。
  ほんとうにありがとうがざいました。
    そろそろ九州ともお別れ・・・(涙)

”おんた焼き”の集落へ連れて行ってもらった。

2015.01.16.Fri.00:21
鯛焼きとは違います(笑)
小鹿田焼は陶器の焼き物です。
水車米と言う言葉を聞いたことがあると思いますが
小鹿田焼(おんた)は水力で”コットン、コットン・・・”と
陶器となる粘土をミクロの状態にまで 砕いて行く状況が圧巻なのです。
DPP_0010_20150116003955e65.jpg
ゴト~ン ゴト~ン ・・・・ ・・・・ 道路を歩いていると
DPP_0013_201501160039567f6.jpg
ゴト~ン ゴト~ン ・・・・ ・・・・ 何処からとなく聞こえてくる。
この響きが たまらなくいい気持ちなんです。
DPP_0029_20150116003957a14.jpg
各窒元で一ヶ所の粘土粉砕場所を所有しているようです。
DPP_0033_20150116003958b94.jpg
斜めに見える材木の右側が水の溜め枡です。
水が「いっぱいに溜まると斜めに傾き溜まった水を排出します。
軽くなったら左側がドス~ンと粘土の中に落ちていきます。
この繰り返しは自動です。
DPP_0021_201501160040009c9.jpg
ロクロ作業はどの窒元でも同じようです。 動力は足動です。
飛びカンナ作業https://www.youtube.com/watch?v=cuMWGw0AvZQ
DPP_0016_20150116004336f2e.jpg
5ヶ所の窯元で共同使用している登り窯。
DPP_0025_201501160043385c9.jpg
近くにある”小石原焼”と、殆ど同じに見えますが、粘土が違うと言う。
DPP_0020_2015011600433842d.jpg
飛びカンナ技法でキレイに仕上げています。
高価ですから私には、手が出ません。
DPP_0026_201501160043409f3.jpg
写真はキレイですが、超特価(半額)=700円
よく見ると製品不良ですが、焼酎のコップにいけそうなので買った!
DPP_0027_20150116004341469.jpg
カクカク・シカジカと書いてある。
DPP_0034_201501160044590e8.jpg
小鹿田焼きの集落全景です。
DPP_0035_201501160045006f3.jpg
ここはホントの山奥に位置する場所です。
車で山道を登って行くとここが突き当たりかなと言う場所に
一つの集落が現れます。何でこんな山奥にと思いますが、
焼き物に最適の土と気候の選択なのでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%B9%BF%E7%94%B0%E7%84%BC
http://www.addinsys.net/hitakusu/rinkou/yakimono.html

小鹿田焼同業組合
〒877-1121 大分県日田市源栄町皿山
組合長 黒木 才人
TEL(0973)29-2429

天然モノの鯛焼きが存在する。

2015.01.14.Wed.23:54
今日は ちょっと 甘い魚だよ・・・
日本一の鯛やきです。
ビックリしたか~てっ
私がビックリしたんだよ==
DPP_0008_201501142348115f9.jpg
えっ、養殖の鯛焼きがあるのか・・・
DPP_0007_20150114234812775.jpg
鯛焼きに天然!養殖と言う話はよく分かりませんなあ~~~
DPP_0005_20150114234812504.jpg
言うなれば養殖ものは美味しくない と言うことだろうね~
この店の鯛焼きは養殖マスの中で泳いでいたのではなく
外海で荒波にもまれていたと言う優れものなんですw。
おとぎ話は別にして ここの鯛焼きは天然物でした。(笑)

新年会の練習と言うことで(笑)

2015.01.13.Tue.23:05
今回は店主さまも喜んだ
私らも、もの凄く喜んだのだ。

飲みたい放題、食べ物付き、歌いたい放題で2000円
ギャハハハ 私達向きで~す。
一次会も何次会も何のことない新年会だわな!
兎に角、毎晩、飲み会で滅茶苦茶に楽しい!
ですが、その反面、副作用があるんですよ。
DPP_0042_20150113231458d4f.jpg
簡単に言えば焼酎飲みすぎです。
次の日の昼過ぎまで お疲れモードです。
まあ~ 疲れとるんじゃ~ です。 
それが・・ 夜には元気やど!
DPP_0070_201501140823508f9.jpg
力、いっとるで~    これ以上、気張るとウンコでるで~
DPP_0072_20150114090358341.jpg

DPP_0063_201501132357449c2.jpg
いつも これ!を やるもんだから ちょっと 大受け
DPP_0096.jpg
うまいもんや~  拍手 拍手!
DPP_0086_201501140003218a1.jpg
完全アウト   セーフは無し 捕まって口紅を塗られています。
DPP_0101_20150114084234423.jpg
店主さまも飛び入りで、大喜びでした。
DPP_0136.jpg
この人、 誰?
DPP_0117_201501140912125c7.jpg

疲れた!
てな訳で新年会らしき行事は終了。

御騒ぎの場所:熊本県球磨郡人吉市もフォンテンと言うところです。

イクラに似た黄金の卵

2015.01.08.Thu.22:09
これは ”幻” の卵なのです。
金色をしています。
生まれて初めて見ました。
DPP_0039_20150108215328f41.jpg
ヤマメの卵 です。
DPP_0010_20150108215222079.jpg
高価なので食べるのに手が振るえますよ・・
イクラ似にた味ですが味はダントツに美味しい。
食感はイクラより やや堅い。
何処ででも食べられる物とは違います。
食べて見ないと気の収まらない方は電話をしてみましょう。
DPP_0042_20150108215224010.jpg
夏場には色々なイベントもあるようです。
ヤマメつかみ取りとか、炭火焼きとか、その他子供達の喜びそうな遊びもあるようです。
DPP_0008_201501091248079c1.jpg
養殖池の一部ですが、全部で何万匹いるのだろうか?
DPP_0009_20150109124809c6c.jpg
ヤマメの稚魚です。 躍り食いもできるそうです。
DPP_0011_2015010912480959d.jpg
養殖池のヤマメの近くを歩くと集団で寄ってきます。
DPP_0029_20150109124820afc.jpg
ヤマメの餌です。 ヤマメの大きさによって餌も違います。
DPP_0032_20150109124812803.jpg
山江村の山奥にある養殖場です。
もの凄い 森林浴ですよ・・
DPP_0035_201501091249456ab.jpg
人吉の激安な割烹”さもんじ” でお隣さんになった方々です。
DPP_0011_20150109130653b12.jpg
清水国明さんみたいにカーボーイハットの似合う方が、
上のやまめ養殖場の管理者さまです。
食べながら、飲みながら場所を聞きしましたので行ってきました。
山江村ヤマメ生産組合
熊本県球磨郡山江村大字山田戊1375
電話 0966-28-2208

鹿屋で新年会予行演習(笑)

2015.01.07.Wed.22:28
ここんところ、10日以上になるかなあ~
毎晩、焼酎飲んで元気です。
それも、かなり飲んでますよ。
まあ~、それはそれで 鹿屋で、また再会して意気投合です。
焼酎飲んだら、終わりがない方々と演習、練習、編集。
この方は鹿屋でカメラを持ったらちょっとウルサイ編集部長です。
ウソだよ・・・・・
DPP_0026_20150107220934c3b.jpg
それで いつもの幸せへのカンパイ!
DPP_0018_201501072209353ef.jpg
これ! ビックリするなよ・・・ セキサバです。 高いヨ!高いヨ!
早い者勝ち! それ~急げ!
DPP_0020_2015010722093756f.jpg
超美人の湯 だってヨ ホンマイカナ~ 
早速入浴しましたよ、 やっぱりツルンツルンだ!w。
DPP_0016_20150107220937a97.jpg
正月に桜島が ドカ~ンと小爆発!して 周辺は砂砂砂砂砂
DPP_0007_20150107220938ad3.jpg
何日も経過しているのに、桜島の東側道路は砂ぼこりで走りにくい。
前の車が砂が舞い上がって見えない。
家も田んぼも野菜も車も爆発の噴煙に含まれる砂で真っ白です。

屋久島最後の日

2015.01.07.Wed.02:42
ありがとうがざいました。
屋久島でお世話になった。 エラ~イ方と、お世話になった電気自動車です。
軽四ですが島ではこれが大活躍なのです。購入価格は普通のガソリン車の
2倍以上します。静かで走りはガソリン車とは比べものにならないくらい早く
急坂でもガソリンエンジンのようにウナリ音がありませんから戸惑います。
DPP_0010_20150107012543c7c.jpg
ウイルソン株の実物大模型です。(フェリー発着場の近くにある)
足の悪い方、老人は登山したつもりでここで我慢です。
私も今回登山はしない方が良いだろうと言うことでここでガマンです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E6%A0%AADPP_0016_2015010701254475a.jpg
九州では一番高い山が屋久島にあります。
写真の右中央に乗り越えて流れているようなものが見えますが
屋久島の西側から山に衝突した雲が山を越えている様子です。
屋久島にはこのような状況が多く発生し、雨が多く、水も多いと言うことです。
今回お邪魔しましたご家庭も飲料水となる水が一年中オーバーフローして
流れ出していました。
屋久島は不思議な島ですね。一周100kmくらいの島ですが、北側と南側では
気候が違っていて温度差もあります。晴れていても突然雨が降って来たりします。
DPP_0023_201501070125453cf.jpg
フェリーの乗船前です。 後ろ側にある乗船タラップが動いています。
DPP_0019_201501070125450ff.jpg
出航前のフェリーの屋上からです。
鹿児島港~屋久島間は3000トン級のフェリーです。
DPP_0021_201501070125480cd.jpg
もう、帰らないと行けない
別れと言うのは島であれ、人であれ、人生のあらゆる場面で辛いことだね~
私は高齢ですから、次にこの島を訪れる時がいつであるか確定できませんが
この島はノンビリと余生を過ごすには良いかも知れません。
ただ島の習慣に都会人が順応出来るかが問題です。
田舎暮らしと言うのは難しい場面がいっぱいありますからね・・・

屋久島別格展望

2015.01.06.Tue.08:01
朝には良い眺めだね~ と思っていると
昼頃には大雨、大風となるのが屋久島の姿。
写真でも、すでに怪しげな雲が待ち受けています。
DPP_0001_20150106073332240.jpg
車で走行中 珍しい虹を見ました。 滅茶苦茶低くて 目の前です。
DPP_0002_2015010607333422a.jpg
眺めの良い山の中腹から太平洋を望む。
屋久島は北側と南側はいつも天候が違います。
一瞬の隙間の晴れ間を探して車で登ってみました。
DPP_0005_20150106073334371.jpg
中央で柵をして男女を分けていますが、意味はないなあ~
ここは39,39℃くらいだ。いれないことはないのだが、
風が強くて”寒い!” で湯から上がれなあいだろうなあ~
風さえなければ ビールでももって 眺め最高だよ。
DPP_0012_201501060733371fe.jpg
この湯もちょっと暖かくない! 39℃くらいだな~
ここは湯泊展望露天風呂と言う所ですが、寒いので誰もきていません。
更衣室、トイレも設備されていいと思いますが、この日は寒くて入浴者なしでした。
DPP_0018_201501060734163fc.jpg
ガジュメロのでっかいのがあります。
2002年9月30日-2003年3月29日まで放送された連続テレビ小説(まんてん)で
使用された場所です。。
DPP_0040_20150107094816141.jpg
******************************
道の駅やキャンパーも楽しめる場所がありません。
一周100kmくらいの屋久島とも、ソロソロお別れします。

屋久島の世界遺産はどんなかなあ~

2015.01.03.Sat.05:11
キャンピングカーは天井が樹木に触れる恐れがあるので
ミニキャブEV(電気自動車)を借りて島を一周しました。
フル充電で150kmくらい走るため、一周100kmの
屋久島は心配ないと言うのですが、必要に応じて充電ポイントはあります。
******************************
心霊写真だ!
この横を通過するのは怖いぞ!
DPP_0061_20150103041938cdf.jpg
世界遺産(自然のまま)の中をキョロキョロしながら、ゆっくりと進みます。
DPP_0060_20150103041937c6b.jpg
大型は通行禁止! 離合場所は沢山ありますが、危険です。
DPP_0062_20150103042859eb7.jpg
道路も拡張出来ないジャングルのような世界遺産の中を通過すると
動物もノンビリとしています。餌は絶対に与えてはいけないのですが
与える者がいるので動物もそのつもりでいるのかも知れない。
DPP_0050_20150103042047081.jpg
逃げない
DPP_0063_20150103041940438.jpg
逃げない
DPP_0057_2015010304205009c.jpg
逃げない 小猿に見えますが、親猿です。 屋久島の鹿や猿は小さいのが特徴です。
DPP_0055_2015010304205069d.jpg
大川の滝 かなり落差はある。 屋久島は滝が各所にあります。 水は豊富です。
DPP_0047_20150103042303927.jpg
屋久島灯台 教会みたいな形
DPP_0065_20150103042304a5f.jpg
灯台の右側の景色
DPP_0068.jpg
灯台の左側の景色
DPP_0066_20150103042307ee5.jpg
借りていたミニキャブEVが蓄電残量50%になったため充電ポイントに
来るとタクシーのEVが充電していました。このタクシーはフル充電で
200km走行可能と言う。 そろそろEVの時代になっていますね~
DPP_0075.jpg
平内海中温泉   干潮でないと入浴は出来ません。
DPP_0018_20150103042422258.jpg
とっちょり夫婦です。 混浴だから、他にもカワイこちゃんもいました。
DPP_0035_2015010304242204b.jpg
正月だからね! 
DPP_0084_20150103042425818.jpg
屋久島で北海道産のカズノコを食べさせて頂きました。
今、これ!高価ですよ。
しかし、国産のこんな高級なのは食べたことがない! 
大泣きしながら食べるのであった!(笑)

これで、どのくらいするのかな~

謹賀新年

2015.01.01.Thu.08:50
IMG_2165-3.jpg
屋久島で超ノンビリムードで過ごしています。
見えるものは海と山だけです。

ウミガメと道路脇マーケット

2014.12.31.Wed.05:53
海亀が産卵に上陸する キレイな浜あった。
ここ!、海もキレイ
DPP_0028_20141231050008f4c.jpg
亀に見えます。 ほんとうは石です。(笑)
DPP_0026_201412310500183ab.jpg
潜って楽しんでいる若い方もいました。
DPP_0029_20141231050032ff8.jpg
海の色がキレイですね・・・
DPP_0036_2014123105001929c.jpg
******************************
屋久島には道路脇に無人の市場が多い。
DPP_0001_20141231050040ded.jpg
地産地消のマーケットは売り切れも早い
DPP_0010_20141231050103b3d.jpg
自分好みの野菜は 少し走って探せば何処かにある。
DPP_0002_20141231050538675.jpg
屋久島の東側は1時間で半周出来ます。
その間に10ヶ所くらいこのようなマーケットがある。
DPP_0015_2014123105055452c.jpg
何処のマーケットでも 一品、、一盛り、一袋 全て100円です。
DPP_0009_20141231050608485.jpg
******************************
島の北側は南側より気温が2~3℃低いのです。
時たま晴れていたかと想えば突然バケツをひっくり返したような豪雨となる。
この日、車の窓ガラスや天井がやけにウルサイと思ったら ヒョウ混じりの豪雨。
DPP_0013_20141231050611e64.jpg
******************************
本日の夜メニュー
カンパチに、水イカ
DPP_0038_201412310509482bb.jpg
クジラのおばけ 酢味噌で食べるのが美味しい
DPP_0039_20141231050949e9f.jpg
コンニャクとモツの不思議な味噌和え これね~激うま
DPP_0040_20141231051009595.jpg
一人で全部飲んでいるような感じやんか~
DPP_0042_20141231051004dd1.jpg
バタバタ観光はしないで 一日1ヶ所くらいの観光をやっています。
ですから、夕食も早い! 16時30分にはカンパ~イとなっています。
黒霧の中身は三岳じゃよ、 ホント! です。
どうしてかと言えばテーブルに一升瓶を置くと重いので詰め替えてあります。

屋久島は花崗岩の島

2014.12.29.Mon.09:09
屋久島と言えば屋久杉の話ばっかしですが、
雨の多いことと、各所にキレイな滝が見られることです。
道路がある比較的低所は赤茶色の粘土状の土が多く見られる。
火山地帯であって温泉も多いのかと思ったが、そうではなかった。
人口も13000人くらいであるらしい。
フェリーが着く宮之浦地域は家が密集しているが、その他は
島を一周する県道の道の左右に点々している程度です。
あの場所には滝があるのでは思えば、やっぱりあります。
島に移住して老後をゆっくりと言うには最高で最適ですよ~。
DPP_0003_20141228232825aa0.jpg

DPP_0008_20141228232826e4a.jpg
滝を見に行く途中に、小さい頃よく口にしたサトウキビの生ジュースを
販売していました。
DPP_0011_201412282328302e1.jpg
この味! ”やっぱり、小さい頃を 想いだすなあ~” そんな感じで美味しい。
販売店の大将に そんなことを ぶつぶついっていると 半額にして頂ました。
DPP_0012_20141228232828aa9.jpg
波打ち際の周辺が、干潮時には海中温泉となる部分ですが、
この時は、まだ干潮になっておらず、後日ゆっくり入浴することした。
DPP_0023_20141228233906f3d.jpg
DO熱い湯の掛け流し温泉もありました。 45度くらいある感じです。
DPP_0042_20141228234239ce7.jpg
そろそろ夕刻。こんな感じの場所で食べて、眺めて ノンビリなんです。
DPP_0030_20141229151126889.jpg
今日の刺身は首折れサバ(左手前)、向こう側は鰺(あじ)
DPP_0035_20141228234238f28.jpg
感激!美味しい!
首折れサバ、キュウリ、玉子+ご飯を海苔でまいて ”ガブッ” です。
DPP_0039_20141228234238d5c.jpg
と言う訳を持ちまして
製造日 2014.3.1の三岳と
製造日 2014.12.14の三岳を飲み比べる内に本日終了。
どっちが、美味しいかって?
そりゃ~決まっているでしょう。
答え:同じです。

屋久島についたDo!

2014.12.27.Sat.21:43
生まれて始めて来た島です。
屋久島と言えば縄文杉とかが有名!
ですが、魚も美味しいのが有名です。
中でも首折れ鯖はコリコリモチモチして絶品!
旨いんだな~これが!
今日は三岳に伊勢エビ、豪華刺身盛り合わせです。
DPP_0030_201412272106145fb.jpg
伊勢エビの活け造り この状態でも角や目が動きます。
DPP_0025_20141227210615732.jpg
首折れ鯖(サバ)の活けづくり ミズイカも屋久杉の台に乗っています。
屋久島は、神秘的な森や特異な生態系が残り、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる。
ユネスコの世界遺産にも指定されています。
”首折れサバ”は、その屋久島で水揚げされるゴマサバのこと。
DPP_0027_201412272106163a7.jpg
これは 旨い! 屋久島でないと新鮮な本物は食べられません。
DPP_0043_20141227210618838.jpg
ピカピカ 光っているでしょう。
この包丁さばきは、ここのご主人さま(友人)です。
DPP_0045_20141227210618a67.jpg
カンパイです。
DPP_0039-1.jpg
ここは小高い丘にあって眺め抜群!
DPP_0019_201412272108187c1.jpg
鹿児島より屋久島に着くと、フェリー乗り場から1時間くらい南下します。
ここに到着しました。
もう、食べ過ぎて
食べ過ぎて
そして完全酔っ払い。
おやすみなさいませ・・・
屋久杉で有名な山深い場所にある縄文杉には積雪のため行けないとのこと。

桜島は小爆発が続いている

2014.12.26.Fri.20:34
桜島の東側を通ると噴煙の砂と埃によって車の窓ガラスが曇ってしまった。
もの凄い粉塵だ ほぼ連続して爆発しているのが見えます。
霧島も間もなく爆発を起こしそうであるし、桜島も何か不安です。
DPP_0004_20141226202529446.jpg
爆睡! そんなことはどうでもいいと言う感じ。
態度悪い! 
ダッシュボードに2本足。
DPP_0023_201412262027538e0.jpg
てなてな状況でも 屋久島に渡るため 鹿児島市のフェリー埠頭まで来ました。
DPP_0017_2014122620253074f.jpg
明日は午前6時頃から、フェリーに乗船準備のため前夜から
フェリー埠頭で泊まり込みです。

忘年会は連続二度やる

2014.12.24.Wed.09:47
おれの名前はプレスリー
  おまえの名前は 誰だっけ~
    ツイスト! ゴーゴー!  やりまっせ~!
      そんなところが別府にはあるんだよなあ。
        てな訳でみんなで行って来たのだ・・・
          ここは男3600円 女3000円=食べる飲む一式だ  
            食べ物=バイキング 飲み物=ジュース~ワインまで何でも
DPP_0152.jpg
オレもオマエもリーゼント
  お手手も お尻も フリフリー
    爺ちゃん 婆ちゃん お孫ちゃん
      元気1000倍 楽しみまっせ~
        いよっ~ みんな のってるかい!
          調子にのって 食べ過ぎ 飲みすぎ!
            それで~ 18時から24時まで大騒ぎしました。
DPP_0046_201412241119226c7.jpg
かぶりつきの婆ちゃん 常連客だって 73歳だそうな。
DPP_0062_2014122411212109d.jpg
いい顔してますね。 
  こう言うのが幸せなんですね~
    左から30歳、31歳、32歳です!
      ウソかも知れない(笑)
        31歳と32歳のオバチャンはハワイアンじゃな!(笑)
DPP_0066_20141224112407e8e.jpg
ハードなダンスも何のその!  乗ってるよ!
  明日、腰が痛いなんて言うなよ。
DPP_0103_20141224183847694.jpg
この爺ちゃん ユーチューブでここを探して高速バスで来た!と言ってた。
  何歳だと思いますか?  75歳だって。
DPP_0032_201412241838451f3.jpg
ボーカルのお姉ちゃんとお兄ちゃん です。
  ちょっと イケメンだから、婆ちゃん族は必死だな。
DPP_0022_20141224182312e3d.jpg
キーボードのお兄ちゃん リーゼントは前へ10センチ延長
DPP_0016_201412241823146ed.jpg
この大将は森伊蔵以外の焼酎を飲むと極度に酔っ払います。(笑)
DPP_0147.jpg
うどんまで おいてあるよ。 
  みんな大変な食欲です。
    まあ~ みなさん この倍以上は食べてますね。
DPP_0013_201412241823146c3.jpg
バイキング方式です。
DPP_0005_20141224182316dd3.jpg
定額支払えば、ビールもワインも焼酎も酒も飲み放題
  そして食べ放題だよ。 救急車を呼ぶ くらい食べてもOK! 
DPP_0002_20141224182317fdf.jpg

DPP_0024_2014122418330721c.jpg
私にとっちゃ 40年前(以上)のリズムですが、
  たまには こう言うのいいんじゃないですか、
    10~15歳は若返るよ。
      そして最高に楽しい!    
******************************
ヒットパレード クラブ
〒874-0944 大分県別府市元町14−8
電話 0977-21-3166
注!:電話は予約すると安くなる場合があるよ!
http://www.mado-corp.co.jp/hitparade/plan.htm   
http://hpc.live-memories.com/         

忘年会バージョン1

2014.12.22.Mon.23:55
今年も九州地区旅仲間忘年会開催
久しぶりに合同(何とか)シーン
ギャギャギャギャ ギャ~ン 
びっくりした~ もう・・・・・
DPP_0113.jpg
かんぱ~い!
まだ、この時間帯は全員”おとなしい”わいな!
DPP_0015_20141222235242aba.jpg
歯が痛い!方がおって その方の代わりに ”テネシーワルツ” を熱演
DPP_0094_20141223001307e8c.jpg
これ! 誰や?  あっ、もしかすると バスの運転手さんか・・・
DPP_0103.jpg
アハハハ・・ スタイル ええな~
DPP_0086.jpg
かなり 飲んでるな~ 5杯めか~
 こら・・! はなたれ男! ちょっとこっち来い!・・・
http://r.gnavi.co.jp/py6nkr9t0000/p://saitainss.blog.fc2.com/img/DPP_0034_20141223094906710.jpg/" target="_blank">DPP_0034_20141223094906710.jpg
ちょっと お上品に! 鼻くそ 飛ばしの極意!
DPP_0099.jpg
 やっと ブログアップの時間が取れた!!!
 毎晩 宴会だらけ
 アップする時間なんかあるかいな。
 そんな訳ですみません。
今回の忘年会は人情の厚い 九州の人吉市の町の真ん中
  さもんじ と言う 大衆酒場 食べて飲んで2000円(生は別料金)
  https://plus.google.com/111056087885649302355/about?gl=jp&hl=ja
  二次会はフォンテン と言うカラオケスナック 飲み放題2000円
  https://plus.google.com/103115618416830686181/about?gl=jp&hl=ja


長崎ブラブラ

2014.12.19.Fri.00:22
本日は九州知り尽くし博士に長崎をご案内してもらいました。
博士とは。 (ノーグル笑酒店、長崎観光案内部の方であります)
大昔、グラバー亭には行ったのですが、駐車場がなく困ったのを
思いだします。 平地から山頂まで建物がぎっしりと建ち並んでお
り、相当な過密度であったのは今も同じに見えます。
昭和20年(1945年)に原爆が広島と長崎にも投下されたことを
考えながら散策しました。
******************************
下の写真は大昔の出島の入り口の風景(模型)です。
昔、オランダ人が居た時は実際どんな状態だったのか気になる。
DPP_0018_20141219004200bdb.jpg
復元された出島の入り口(当時の橋は今はありません)
DPP_0012_2014121900084023b.jpg
出島の町並みの一部
DPP_0008_201412190008420d0.jpg
長崎の中華街です。 横浜や神戸の中華街に比べると、
ちょっと静かな感じですが、こちらの方がご本家かな。
DPP_0028_20141219000846787.jpg
かの有名な”めがね橋”です。
DPP_0040_201412190019235f0.jpg
めがね橋の川沿いの石垣にこのような洒落たものがある。 
(観光案内博士のお勧めポイントです。)
DPP_0044_20141219001926465.jpg
世界新3大夜景の一つが、ここ長崎の夜景だそうです。
DPP_0046_201412190042039af.jpg
右端の方の夜景ですが、、実際にはこちらの方がムードがあります。
DPP_0049_20141219002125500.jpg
長崎に来て驚いたこと。
☆ JR長崎駅の近くにある巨大スーパーで弁当を買ったのですが、
驚きましたね~ 普通500円以上するものが360円くらいなのです。
☆ 路面電車も走り、車両も多く走り、交通がひしめきあっている中で
長崎は車両のイライラ運転がみられないのです。歩行者には特別に
優しい運転です。道路横断しようかな~なんて思っていると、車が先に
止まって待ってくれました。それも1度や2度ではありません。やっぱり
県民性ですかね。私の住んでいる四国は、まず止まってくれませんね。
止まってくれたとしたら、”この野郎!早く渡れ!”と言う感じです。

黒川温泉 (始めて行きました。)

2014.12.17.Wed.06:48
九州に何回も来ているのに、黒川温泉は始めてです。
温泉街を車で通過して一番奥側の山河温泉にたどり着いた。
ここは露天風呂、家族風呂、混浴風呂などと沢山ある。
案内人に勧められるまま、大きな露天風呂に ”ドボ~ン”
相棒姫ばあさんが言うには私が入浴したのは”混浴”と書いてあったと言う。
アハハハ・・・残念でした 入浴客は私ひとり。
もしも、女性客がいたら・・・ どうなんだろう・・・ 
DPP_0005_20141217062558193.jpg
下の写真は右側が更衣棟 上の写真は更衣棟から露天浴槽を見た風景。
更衣棟は男女兼用、  こりゃ・・たまらんよ・・
DPP_0006_20141217062803755.jpg
カラコロ カラコロと、下駄を鳴らして 風呂に行く道中の風情、いいですよ。
DPP_0009_20141217062559701.jpg
黒川温泉
熊本県阿蘇郡南小国町にあります。
詳細は各自調査をお願い致します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E6%B8%A9%E6%B3%89
****************************** ******************************
黒川温泉入浴後、阿蘇の道の駅に向かう途中の阿蘇大観峰に
こんなものがあった。 つげの木のアートです。
販売しているのかも知れません。
雪が降り始めた夕刻でしたが、作品数は10、20の数ではありません。
クマモン、鶴、猿、豚、猪、その他動物多数のつげの木モニュメントがる。
DPP_0044_20141217213727b65.jpg

DPP_0047.jpg

DPP_0042_201412172137294d5.jpg
薄暗くなっていてハッキリとは見えませんが、全て ”つげの木”です。
これを見られるのは阿蘇の外輪山に位置する大観峰ですから、
ちと、遠いかも知れませんが、見てみる価値有りです。

たかむらうどん (大分県日田市)

2014.12.16.Tue.21:37
香川県は今、うどんブームになっていて県外からの
お客さんであふれていますが、何処の店でもこれと
いった特徴はあまり無いのです。
ところが、大分県日田市にある”たかむらうどん”は 少し違うのです!
何と言うか、”美味しく楽しく”食べられる店なのです。
それで私は美味しいメニュー”よくばりうどん”を注文しました。
器は小河原焼きの丼です。(器を回転させて模様をつけます)
中身は、わかめ昆布、肉、ちくわ、あげ、野菜、ネギ、天かすが入っています。
小麦粉もだし汁もこだわりが息づいています。
ほんとに美味しいのです。 皆さん是非足を運んで下さい。
DPP_0011_20141216204136013.jpg
相棒姫ばあさんは新メニューの”鍋焼きトマたん”です。
 トマトベースのだし汁とピリ辛肉味噌の坦々です。
DPP_0004_20141216205422fd6.jpg
ちょっとだけ味見をさせて頂きましたが、かなりイケマス!
DPP_0006_20141216205423a04.jpg
揚げてすぐのちくわの天ぷらを食べる直前です。
DPP_0012_20141216205424b5a.jpg
小河原焼きの丼ですが、珍しいデザイン模様です。
だし汁も美味しかったので、ごらんのとうりです。
DPP_0021_20141216211521f17.jpg
このレジは古いよ~ 50年くらい前のかな~ もっと古いかも。
DPP_0025_20141216211522fe2.jpg
こう言う感じの建物でっす。
DPP_0032_20141216211523358.jpg
山口県から、一般道路をヒョコヒョコと走り、
関門トンネルを通り日田市までやって来ました。
目的は”たかむらうどん”でした。
たかむらうどん店
大分県日田市丸山1丁目7-8
電話 0973-22-2316