スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンが動かないと言う

2016.01.05.Tue.14:41
PCが動かないので見て欲しいとの依頼が来た。
この修理代は技術力がないので無料です。
無料でないと私んちには持って来ないでしょ!
それでは 分からないなりに適当に行きますよ。

まず、これを見て下さい!
CPU冷却ファンです。
しばらく使用すれば、少しはゴミも溜まっていきまますが、これは強烈です。
0008_20160105151210fd9.jpg
ここはPC の前側から冷却風を吸い込む部分
これではダメですね~全く吸い込みません。
0017_20160105151211eab.jpg
電源トランスの冷却風吸い込み口、これではオーバーヒートです。
0011_20160105153747686.jpg
このファンはかろうじて回っていますが、
電源トランスの箱の中は強力暖房状態です。
0004_20160105151213634.jpg
掃除をすればこのようにキレイになります。
0010_20160105151215469.jpg
組み直して電源を投入、上手く動いてくれたが、
それも、そこまで!
スポンサーサイト

CPU換装

2015.02.18.Wed.23:44
古~いノートパソコンのアップグレードをしました。
と言っても 今回はCPUだけです。
何かの重しにでもなると思う程の重いノートパソコンです。
ボディーはアルミダイキャスト製でどっしりした構造です。
ディスプレイは17インチですから尚更重いです。
OSは古い古い古いVistaですからお分かりと思います。
そこで今回のアップグレードとなるCPUをネットで調査し
た結果、全て条件を満たしたCPUはインテルのT9500
という製品でした。このCPUは需要が多いらしく中古でも
結構高価なのです。購入する第一条件=貧乏ですから
ワンランク落ちのT9300と結論付けられました。これは
T9500の半額の4800円でした。私の心中はそれほど
性能の大差はないだろうとの判断で購入しました。
DPP_0027_20150219000344b15.jpg
キーボードを外します。 バールを突っ込んでこねると一発で外れます。(危険)
ディスプレーに妖怪が写っています(笑)
DPP_0005_20150219000348aa9.jpg
ディスプレーも分離します。  
ああ~っ バラバラになった! もう、元どうりならないかも?
DPP_0013_2015021900035000a.jpg
裏側(底面)も小さなボルトを20本以上外します。
DPP_0008_2015021900113634d.jpg
裏面を外すと表側も外れます。 ここまでの作業が大変です。
DPP_0014_2015021900035233f.jpg
赤↓の下側にCPUがあります。
このパソコンはソケット式ですからCPUの交換は簡単です。
DPP_0016_201502190007149c4.jpg
T7100→T9300に交換しました。 ピン数も形も全く同じです。
DPP_0019_20150219000717cf4.jpg
OCZ製品のSSD(ハードディスクに代わる物)です。
DPP_0012_20150219000719590.jpg
簡単にCPU交換終了です。
DPP_0023_201502190003468c3.jpg
このノートパソコンはハードディスクからSSDには、すでに換装済みで、
起動も結構速いのですが、今回は思い切って、もう一段上のCPUの
アップグレードを行いました。
以前のCPU→ T7100:1.8GHz、2メガcache、800FSB、TDP35w
交換後のCPU→ T9300:2.5GHz、6メガcache、800FSB、TDP35w
もう一段上CPU→ T9500:2.6GHz、6メガcache、800FSB、TDP35w
CPU交換後の実感としては見た目の大差はありませんが、
自己満足の領域です。最初にSSDに交換した時は”うわ~早い”と
言う気持ちでしたが、CPUの交換では起動時間は目立つような差は
ありません。重いアプリの起動はやや速くなったかなあ~なんて思い
ます。6コアー持つメインのディスクトップは起動してインターネットが
接続出来るまで21秒ですが、このノートパソコンは起動からネットが
接続出来るまで45秒、終了は25秒です。ハードディスクでの起動は
2分~3分かかっていましたが、SSDに交換するとCPUの性能が多
少悪くても1分以内起動が出来ますから、イライラはしないです。
そしてCPUもスピードが速くなった分、起動や操作上において快感!
何事も自己満足なり・・・
このノートパソコンはDELL Inspiron1720 です。

フリーズして動かなくなったデスクトップ

2014.06.16.Mon.07:55

分からない人は分からない! 分かる人は分かる。面白くない話です。



次から次へとアプリを入れ放題で満タン近くになったSSD。



SSDとは、SUきなSOフトクリームとDAイエットの略語です。(完全なウソ)



ノートもデスクトップも全てSSDなのですが、、今回はデスクトップがフリーズ



するようになり、マニアの間ではこれで良しとするマーベル製コンローラーの



PLEXTOR・PX-256M6Sを購入しました。



このSSDの価格で軽油を購入すると、香川県から鹿児島県までジル520は



走行できます。マイクロバスでも同じ距離を走行出来ます。フィアットアドリア



(イタリア車)は同じ排気量のディーゼルエンジンであるがほぼ往復出来るの



です。 このことは、分かる人にも理解出来ないのであります。すでに日本は



世界に追従出来なくなって来ているのであろうか。



Dpp_0001



↓ ローカルディスクドライブ=一個のSSDなのですが、青い部分がOSとかアプリが



インストールされている容量を示しています。 ここまで詰め込むと固まって動かなく



なる時があります。







Dpp_0003



↓ そこで、2倍の容量のSSDに交換すると下記の写真のように使用領域と空き領域が



ほぼ半々のようにも見えます。







Dpp_0009



全てのアプリをクリーンインストールで行うと、ほぼ一日はかかってしまい、後で



マイクロソフトに照合手続きがありややこしいことになりますので、HDDやSSD





交換の際は下記のフリーアプリ(日本語)イージス トゥードゥー バックアップ



EaseUS Todo Backup Windows上で簡単に丸ごとコピーが出来ます。



パソコンにもよりますが、10~20分で完全コピーが完成します。 上の写真は



コピーしたSSDを装着して起動した後の写真です。





Dpp_0008





このSSDの大きさは面積ではHDDの半分、体積では1/4です。内部はメモリ



ですからかなり軽いです。左:新 Plextor M6S/256GB 右:旧 Inntel 510/120GB



Dpp_0006



私のパソコンはスイッチONから約40秒でWindowsが開きます。48秒後には



インターネットが開き検索出来るようになります。アプリや接続機器が少ないと



もっと早いです。 ハードディスクでは、こうは行きませんね。



******************************



Inntelの箱入り娘が、とうとう箱に入ったままになりました。



バツイチですが嫁にやっても良いと考えております。顔やスタイルは若い時と



同じです。乗り心地は快速です。音は出しません。 親の言うことは良く理解



してくれます。







SSD:solid state diskの略語





ノートパソコンのハードディスクから異音。

2013.01.12.Sat.13:12

いつも車と一緒に旅をしているノートパソコンDELL  INSPIRON 15R なんです。



2年も振動と悪い環境の中で使用してきたのでそろそろ寿命かな。



これは大変ですよ。



メーカーに修理依頼したら何万円?



いっその事、自分で!



データーが安全に取り出せる時に早めにハードディスクを交換です。



それで思いついたのが、ハードディスクのSSD化です。



買いました!



ハードディスクより、かなり高価ですが、起動時間は1/4程度です。



SSDとは、フレッシュメモリドライブのことでSolid State Driveの略のことです。



20459円、送料、代引き無料で通販のPC DEPOTで購入しました。



ハードディスクなら500GBで5000円前後ですが、思い切りましたね・・・



Dpp_0005_2



ハードディスクと全く同じ大きさですが、早い、軽い、消費電力は少ない価格は高い!



Dpp_0001



まず、最初にシステムやデーターをSSDにWINDOWS上でフルコピーします。



道具が必要です。USBの外付けハードディスク用の機器です。



Dpp_0002_2



フリーソフトで良いのがあります。下の写真のEaseus Todo Backup 日本語です。



Dpp_0015_3



クローンのディスククローンをクリックすれば、あとは説明通りにやって行くだけです。



データーの大きさにもよりますが。2コアーCPU(INSPIRON15R)で1時間半かかります。



Dpp_0014



ほとんど全バラ状態 ここまでバラバラにするのが大変なんですよ。



Dpp_0007_7



この機種はハードディスクが、かなり内部に設置してあり簡単には交換出来ません。



Dpp_0009_3



クローン化したSSDをハードディスクと交換しました。この時点では動作するかは不明です。



Dpp_0010_8



左下の凹みのところがハードディスクの場所です。これはケースにマザーボードと



付属品が付いているだけの状態です。



Dpp_0008_2



全長が5mmくらいのネジが下側に20本、キーボードの下側に5本あります。



Dpp_0011



パソコンの裏側(下)小窓から見えるのはメモリ、向こうに見えるのがバッテリーです。



Dpp_0012_5



パソコンをバラバラにする時間は慣れれば20分もあれば行けそうな感じなんですが、



私は素人!そうは行きません。まず、何処が一番最初なんだろうと考えるのに一日。



壊れてよいのであればそれ相当ですが、それでも分からなかった。結局ネットで探し



当てて「なんや~簡単やんか~」でした。



ちょっと参考:一番最初はキーボードの上側に4カ所の小さいロックピン(見えにくい)



を押さえ込んで解除すればキーボードが持ち上がります。それが出来れば後はネジ



と言うネジを全部取り除けば上の写真のようにバラバラになります。その後の注意は



配線接続が薄膜のプラスティックに配線を印刷したものをコネクターに差し込んでおり



それを解除するのにドライバーなどでは絶対に行わず爪を入れて「パチッ」と持ち上げ



ることです。



もう一つの問題は、DELLの場合、最初から付属のハードディスク500GBから小さい



容量256GBのSSDにはクリーンインストールが出来ません。(調査済みでした。)



そこで、このディスククローンを使用してパソコンを騙した訳です。



結果発表



起動 Windows7のロゴ画面まで8秒 Windows7の画面が出るまで23秒



    InternetExplorerが開けるまで40秒です。 約1/4の時間です。



    シャットダウンも40秒から10秒になりました。



簡単も書いていますが、要した時間は何時間どころの問題ではなく3日間かかりました。



クローンディスクで完璧なはずのですが、無線LANの設定が異常になり分からないまま



頭を抱えていましたが、何とかなるさで、あ・・やって、こ・・やっているうちに解決しました。



do素人の無謀なチャレンジが成功しました。 バンザ~イ(笑)







SSDに交換

2011.03.31.Thu.09:36

RAID0 ちょっと難しいぞ~



DO素人の挑戦!



知ってる方は沈黙!



WindpwsXP Vista Windows7と言う順で世に登場して来ていますが



振り返ってみればXPが一番扱いやすくて軽く動作します。



我が輩も新物好きでOSの新バージョンが出たときは飛びついて購入して



来ました。ところがこの Windows7が曲者なんです。Vistaに厚化粧して



いるだけですね。使っていたら油が切れて回らなくなってしまう癖がありま



して感じが非常に悪いです。



そこで Windows7に気合いを入れてやることにしました。



RAID0(レイドゼロ)です。



知らない方はなんのことやらサッパリ分からないでしょう。説明も難しいの



で「我が輩では無理」「簡単に言えば早くなる」と言う方法らしいです。



以前は Link Staition 増設をブログアップしましたが、今回はネット検索



しながら勉強をしてRAID構築を行いました。老体の記憶領域にむち打



て1週間!何とか動作しましたぞ!・・・です。



早い! 電源ONからインターネットが動作出来るまでに30秒です。



RAID0の新兵器SSD(silid state drive=フラッシュメモリドライブ)使用



ハードディスクと言う名前をよく聞くと思いますが、そのハードディスクの



換わりとなる物です。 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  価格は5000円以上で高価です。



Img_7560t



東芝製品の64G×2のSSD(SATA2)



Img_7566t_6



自己満足の領域でメモリは8G搭載しました(写真下、中央右、茶色の部分)



メモリの積み過ぎはかえって動作が遅くなる要因になるそうですが、自己満足が膨張!



Img_7570t_6



バックアップ用のハードディスク×2、グラフィックボード等が箱の中にインストール



されていましたが、LinkStationにデーター保存を任せてありますので、今は予備



のハードディスクが1個とノースブリッジの冷却ファンを1個増設してある程度です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。